Calendar
<< July 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

5回目

20050731.jpg

海の家のおばちゃんに顔を覚えられたらしい。
| comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

キングダム・オブ・ヘブン

映画の日だったのでなんとなく見に行った映画。
十字軍がパレスチナに建国したエルサレム王国に使えるナイトが、アイユーブ王朝のスルタン、サラディンの猛攻に耐えて無事、エルサレム市民を安全に退却させることに成功させた実話に基づく話。
サラディンは今でもアラブ世界の英雄。狂信的な中世キリスト教徒の姿はかいまみられる。

このあたりのお話は背景は、日本人にはあまりなじみがないのでパンフレット買って事前予習しておいたほうがいいかと思う。

個人的には「トロイ」よりは面白かった。
映画・映像 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

阿部定事件―愛と性の果てに

阿部定、といえば男を殺してチンコをちょんぎった変態女、というのが世間的な評価だと思う。
その事件を予審調書(戦前の裁判制度の一つで、現在はない)から再構築したノンフィクション本。

彼女は神田の裕福な畳屋の末っ子に生まれた。かなりかわいがられたようで、職人がひっきりになしに出入りする環境から10歳ですでにセックスとはどういうことかを知った。兄が妻を追い出して水商売の愛人を家に入れたことから家庭はゴタゴタしており、それを目に入れさせないために親はしきり外出ばかりさせるようになった。
そして15歳で友人の知り合いである慶応大生に強姦された。
そのころは今とは違って貞操観念の非常に強い時代だから、自分の人生を悲観しグレて、町の不良とつるむようになり不特定多数とセックスするようになり、家の金を持ち出してばらまく生活を送るようになる。父親がそれにキレて「そんなにセックスが好きなら芸者にする」と遠縁の業者に売り飛ばした。これが18のとき。
ここから東京・横浜・名古屋・大阪・富山・長野と各地の遊郭で売春生活をする悲惨な人生が始まる。

名古屋で知り合った市会議員は、そんな彼女を更正させようと、「店を出すための金は出すから、料理修行でもしておいで」と入った店の主人が、被害者だ。犯行当時は30歳だった。

調書ではこの主人はマゾヒストで、セックスは達者であり、3日の間も寝ずにずっとセックスし続けたとの記述もある。

天性のセックスマシーンだった彼女とマゾヒストで精力絶倫だった被害者はやがて、店から出奔した。そして、「やがて妻のもとへ戻ってしもうくらいなら、殺して永遠に自分のものにしたい」と思って絞殺した。

調書から見えてくる姿は、「わがままで奔放ではあるが、馬鹿ではなく、一途な女」というイメージだ。時代もあるが、最初に強姦されてやけくそになったときに、周りが世間体を過度に気にせず、適切なアドバイスをしてあげていたら、こんなことにはならなかったんだろうと思う。

彼女は美しく妖艶で声も凛としていたという。セックスは激しく、朝まで寝ずにし続けることは普通であり、あまりのハードさに逃げ出した愛人もいたほどだ。天性の身体を持ってしまった悲しさもあるかもしれない。

取調べの文章をそのまま採録しているので、肉声がそのまま聞こえてくるような、生々しい感じだ。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

日露戦争史 - 20世紀最初の大国間戦争

日露戦争から100年ということで関係書籍がたくさん出てますが、これもそのうちの一つ。
戦史ものはどちらかというと戦いの経過に重点を置きがちなんですが、この本はそのあたりはかなりあっさりとしてます。
それよりも日清戦争後、急速に悪化する日露関係の状況や交渉の中身、両国の為政者がどう思っていたのかについての解説が非常に詳しく、「どうなったら戦争になってしまうのか」という部分がわかるような気がしました。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

朝早く出かけた奥さんからの起床コールのあと、二度寝してしまったけんたです。
もしやと思った奥さんからのコールで起床・・・しようとしたら腰に激痛が!
ちょっとシャレにならない痛みなので、一時間かけて床をはい、携帯電話確保。
社に連絡したあと、今に至る。ぎっくり腰のような痛みなので、とりあえず安静にしております。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

10時間

10時間寝た(´∀`)

帰宅してご飯食べて「義経」の録画見終わったら20:30

ごめん、そのまま寝ると宣言して着替えようとしたら
「あ〜むかせて」と日焼けあとようやくむけてきた皮膚を奥さんがむき始める。
「これはじめると止まらないんだよね〜」と嬉々として向く奥さん。私はなすがまま。
たぶん1時間くらいやられてそのまま撃沈。推定21:30

起床7:30


台風か…
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

眠くて

死にそう……

昼間けっこう歩いてゲームで裏世界に行き、F1を最後まで。
(この時点で25:40)

これまでなら「義経」の録画を見るところなんだけど、翌朝は
7:30起き。6時間も眠れないのは辛いということで「今日はもう見ない」とお布団に。

なんとか起きたけれどねむい〜。

混み込みの通勤電車で体力使うと覚醒するのはいい影響なんだろうかと思う今日このごろ。

今夜は「義経」見て撃沈するかも。しないかも。



琢磨は不運続きだなあ。8位のまま走ってればライコネンがつぶれてアゴマシン不調とくれば相当上も行けたかもしれないんだが。
去年が良すぎたんだろーか。

久しぶりにモントーヤの爆走が見れてよかった。
この人、前はアメリカのCARTチャンピオン取ってるんだけど、以前周回遅れの最下位から爆走して優勝しちゃったこともあるんだよね〜。当時NHK-BSで中継やってたんで見てたんだけど、すんげーおもしろかった。
場所忘れたけど空港の滑走路でのレースで、幅が広いからマシンが6台くらい並んで抜きつ抜かれつやってたレースで。
次回はハンガロリンク。あそこはうねうねしたコースで面白みがあまりないんだけど、マシンスペック(とくにエンジン)の優劣が出にくいから接近戦になるんじゃないかなあ。

(゜△゜;)

また来週月曜も眠いのか……
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

4回め

4回めの海。前回の帰りにホームセンターで購入したボディボードで遊んでみる。

まだコツがわからなくて戯れているかんじ。
| comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

地震

20050723.jpg


電車とバスの博物館にいたら、震度4の地震。閉館時間が近かったので、そのまま宮崎台駅へ。ところがやはり地震のため、電車は完全にストップしております。
時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

大正天皇

明治と昭和にはさまれて印象の薄い大正天皇の実像にせまる。逸話の多い父と子に比べて、大正天皇のエピソードで世の中に広まった話といえば「頭が少し・・・」。

少年時代に病気ばかりで学問が進まず、そのために詰め込み教育をされたせいで、またまた病気がちに。有栖川宮が実地教育を口実にした全国行脚の旅で、健康を回復し、また各地の国民と気さくに話をして人気が高かったという。

しかし、大正天皇の病弱さは、周りの者を心配させていた。ちょうど革命によってロシア、ドイツ、オーストリアなどの王室が消滅しており、強力な肉体と精神を持つ天皇が必要とされていた。
即位したあとの大正天皇はどんどん衰弱していき、皇太子に摂政をまかせて静養することに。

あまり形にとらわれることなく、言いたいことはズバスバものを言うあたりも「君主は謹厳で物静かなほうがいい」という帝王学からは外れており、大正天皇は周りから「実質上の譲位」を強要されたという見方もある。

しかし頭が悪いとか精神障害であったというのは当たらず、皇太子時代に保護国であった韓国に行ったときに韓国語に興味を持ち、自ら話せるくらいにまでなっていたとのこと。

昭和の大礼や全国行幸も大正天皇が皇太子のときに行った行事が雛形となっている。

偉大な父のあとを受け継ぐのは辛かったのでしょう・・・
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

内務省―名門官庁はなぜ解体されたか

戦前の日本国内行政を一括して担当した内務省。
現在の総務省、国土交通省、厚生労働省、警察庁を合わせた巨大な官庁だったこの役所の実態を描く。

実はそれほど強い役所ではなかったということを事実を元にして描いている。
それよりも解体されたことで逆に各省庁が巨大化し、さらに行政組織が肥大化したことを憂慮している。

現在役人の天下りが批判されているが、戦前はそういう役人のために貴族院議員や枢密院顧問官といった名誉職が与えられ、民間への天下りを防いでいたという。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

バルチック艦隊―日本海海戦までの航跡

バルチック艦隊とその母港リバウが創設・建設されたいきさつをロシア宮廷内部の動きから説き起こしてつづっている。
元々、リバウではなくムルマンスク(現ロシア海軍の重要拠点)に港を作る予定だった。メキシコ湾流のおかげでここは北極圏内でも凍らない港であったのだが、リバウはデンマークとスウェーデン間の海峡が封鎖されると大西洋に出られないからである。
しかし、時の皇帝が死去しいつのまにかリバウ母港のバルト艦隊が作られていくこととなる。

バルティック艦隊は戦艦の数は多いが速度が遅く、大航海をしてきたため船底にふじつぼなどが付着してさらに速度低下を招いていた。日英同盟のせいで各地で石炭の補給ができず時間が無駄にかかり船員の疲労を招いた。一度の補給で大量の石炭を積み込んだので喫水が下がり、主砲が撃ちにくかった。訓練をする時間さえなかった。

という状態だったので、日本の連合艦隊に壊滅させられた。

しかし日本は史上最大の国難、日露戦争に勝ったことで増長し、第二次大戦への破滅を転がり落ちていくことになる。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

スパムTB

嫌がらせのように大量のエロトラックバックがヽ(`д´)ノ

なにがマ○コだ、援助だ、汁がじゅるじゅるだ〜ヽ(´―`)ノ

あ、顔文字まちがえた


ヽ(`д´)ノ


最近ツールでこういう新手のスパムがはやってるそうで。
俺みたいな零細なところにまでくるとはなんともはや。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

生命の星・エウロパ

土星の衛星・エウロパに存在する可能性のある生命。その根拠を地球の過去や現在の状況証拠、直接証拠によって論じた本。

エウロパはアーサー・C・クラークの「2010年宇宙の旅」でも生命が存在するとして描かれている星。

本書では生命の定義とは「自己複製する」「代謝する(モノを食べる)」「細胞膜がある(自己と他者を区別している)」として、その可能性を論じる。

広大な海があり、地熱があり、炭素があれば有機物は生成される。それが上記の三つを兼ね備えれば生命と思ってよい。そのすべてがエウロパにはある。

深海底に噴出する熱水でしか生きられない生命、酸素があると死んでしまう生命など生命にはさまざまな形があるところから、エウロパにもその存在が有望視されている。

本書で知った一番驚きの部分は潮汐力の意外な強さ。地球も月の影響で潮汐力を受けているので、潮の干満があるのだけど、地面も20センチほど動いてるという。ところが木星のイオは、木星の強大な潮汐力で100メートルも地面が上下するという。エウロパも土星の潮汐力で20メートルは上下している。こんなに星自体がぐにゃぐにゃされると中身が熱くなって熱を持つらしい。

所変われば生きてるモノの形態も変わる。
問題は人間が「それ」を命と認識できるかにかかっている。
読書 | comments (1) | trackbacks (0)
忍者AdMax

3回目

20050718-1.jpg

晴れたーー。
泳ぐぞー

20050718-2.jpg

波が高くて面白い〜。
さんざん遊んでやっとご飯。
テラス席で、水着のままで。

3連休海三昧を終えて……。

シャワーを浴びに海の家へ戻り、ロッカーへ。

嫁「あれーない、ないよ」
俺「なにが?」
嫁「着替えのパンツとブラ入れた袋……」
俺「全部探した?」
嫁「うん……」

というわけで、奥さんはノーブラ・ノーパンで自宅へ戻ることになりましたヽ(´―`)ノ

----------------------------------------------
今日の波も激しくて、ゴーグルもっていかれました_| ̄|○

秘密基地に置いておいたサンダルの片方も流されたんだけど、探索の結果発見されました。

来週もいこう。
| comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

2回目

20050717-1.jpg20050717-2.jpg20050717-3.jpg


またまた戻ってきました。
昨日より雲厚め。
人は多め。
台風のせいか、波が高くてゴミが海中に巻き込まれてコンディションは良くないけど、日差しが弱いので、あまり疲れない。
今日はまったり過ごせそう。
やっぱ、海の生ビールはいいね。
おいしい。
しっかりした丼かと思ったら、発泡スチロールだったけど。
| comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

岡村靖幸覚醒剤で逮捕

http://www.sankei.co.jp/news/050717/bun001.htm
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050716i416.htm

まじかー。

いろいろ調べたら再犯。実刑になるだろうな・・・

才能はあるんだけど、不摂生がたたって活動できなくなってたんだが……こういうことだったのか。

残念。
時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

1回め

20050716-1.jpg20050716-2.jpg

今年初めての海。
去年お世話になった海の家に今年も。
他は新しいところが多いかな。
なんでんかんでんの海の家があった。
久しぶりに秘密基地を設営。人出はそれほどでもない。
暑くなってきたー
| comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

探検

今まで通ってたビルの録音スタジオに全員集合。
新しく赴任した副社長の挨拶だそうな。


5分で終わった_| ̄|○


しかし。


「7月1日づけで我々の仲間になった船橋くんです」

……聞いてないよ〜ヽ(;´д`)ノ

普通に挨拶。


前の職場の残務がすべて終わって、今日から新しい職場にベタ付き。ここはもともと本社ビルだったところで、私が入社したころ……音楽雑誌の編集者でした……月に一度通ってた場所です。ぺーぺーの仕事で読者プレゼントをあさりにいくという仕事でした(´Д`;)

そのころは「なんだかコワイ場所」としか思えなかったのですが、すっかり改装されてました。入ってる部署もまったく違います。なので探検に行ってきました。


……まあオフィスっていうのはあんまかわらんね。

しかし……

エレベーターが3つあるのですがそのうちの一つだけが地下3Fまで行ってます。いったいなにがあるのだろう……。

行ってみました。


ただの倉庫と変電室でした(●´―`●)
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

バレーボール(´Д`;)

おかげで電車男後ろ半分録画できなかった_| ̄|○
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

エルボ

昨夜、夢を見た。
実弟と喧嘩してる夢だった。

夢の中の二人は中学生と小学生なのだが。

んで、夢の中の私は弟にエルボをかました。


いたいぃぃぃ

隣に寝てた奥さんにエルボしていたようです(´Д`;)
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

御家騒動―大名家を揺るがした権力闘争

江戸時代、大名家内部で権力闘争が表面化したとき、それは「御家騒動」と呼ばれ、ケースによるが改易されることもあるということで、庶民の格好の話のネタにされていたのだけれど、その中身について解説した本。

改易されるのは「公儀への謀反」があった場合だとか、実は外様よりも譜代大名のほうが改易が多かったとか、新事実が明らかとなっております。
まあしかし、こういう歴史ネタの場合、通字(名前の一字を同じ名前にする場合が多く、その文字のこと。徳川将軍家だったら「家」の字)が邪魔をして話がすっと頭に入ってこない。どっちが親だっけ? とか思ってしまったり。まあ、この本の作者のせいではないのですが。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

鉄理論=地球と生命の奇跡

地球上でもっともありふれた元素である鉄。
しかし鉄がほどよくなかったら生物が生まれなかったであろうというところから、昨今の地球温暖化対策に鉄を使うという最新研究までがかかれている。

中ほどで生物内での酵素反応に鉄がどのように使われているのかの記述があったが、専門的すぎてよくわからなかったのが残念。
鉄がほどよくあったために固体核と液体核が出来、液体核の流動によって地磁気が発生して太陽風や宇宙線から地上を守る形になったというのは初めて知った。目からウロコ。

鉄でどうやって地球温暖化対策になるかというと、沖合いから遠く離れた海には鉄分が少ないので、せっかく栄養分が豊富でもプランクトンが育たない。そこでその地域に鉄を散布するとプランクトンが活性化して光合成によって海中の二酸化炭素を消費していく。するとそれを補うように大気中の二酸化炭素が海中に溶け込むので、結果的に大気中の二酸化炭素濃度が下がるというもの。

プランクトンに消費された二酸化炭素は光合成によって炭素固定され、海底へ沈んでいくらしい。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

橋本真也急死

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050711i305.htm

まだ若かったのになあ。

プロレスの脳へのダメージなんだろうか。
時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

新しい職場

実に8年ぶりの9時半出社。昨日はF1見てて(さらに野球延長で後ろに30分ずれた)夜更かししてたのでつれぇぇぇぇ。

これまでゆったりと座って出勤してたのに、混みこみ電車でずっと立ってるのもつれぇぇぇぇ。(朝刊読めないのがきついね)

勤務先がちょっと遠くなったのもつれぇぇぇぇ。

グループ会社とはいえ、しきたりみたいなのはけっこう違ってたりするので、新入社員気分。

喫煙場所、椅子なしですか・・・今まで座って新聞読みながらタバコふかしてたのですがつれぇぇぇぇ。

旧勤務先から新勤務先へ荷物送ったのが遅れててなんにもすることなし。PCもまだセッティングされてないのでメールも見れない。

ってことを部長に言ったら

「じゃ、まったりサボっててください」

おいおいおいおい( ̄ー ̄)

ほどなく荷物が着いたので荷捌きだけして旧職場へ。

いろいろ積み残した案件を一つずつつぶしていく。

また私が尻拭いですか……。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

基地外との死闘(5)

9月はいつものように過ぎていきました。
奴はそれまでのような激しい敵対行動は取りませんが、あいかわらず必要最低限のことしか言いませんし、それでかまわないと思っていました。

ブログにはFFのことしか書かないようにしていましたが、念のため忍者ツール(アクセス解析)を実装しました。

うちの会社は退職発令は毎15日か月末日、異動・入社の発令は1日か16日と決まっています。それ以外での発令だと定年退職か育児休職ですがほとんどありません。あと懲戒発令でしょうか。

んで。
2004年10月1日、私は偶然有給を取っていました。
そして、翌日出社すると……
奴が異動になっていたのです。

ああ、これで悪夢から解放される。
しかし露骨に喜ぶわけにもいかないので、表情には出さず仕事に専念していました。

奴の異動先は詳しくはわかりませんが、二人でこじんまりとやっているところのようです。以前書いた「会社でも有名なイタい人」も異動になったことがあるので、もしかしたらそういう部署なのかもしれません。

異動になるので当然引き継ぎしないといけません。そしてむろん受けるのは私です。仕事に関しては私情は挟まない両者なので淡々とそれは進みました。
そして、奴は去りました。

しかしまだここで終わりません。

12月3日に自分のブログの中で「FFブロガーへの25の質問」に答えた(ブログ上では12/1になっている)のですが、その中の設問、

仕事とFFとどっちが大事?

というのに「仕事に決まってるやん」と私は答えました。
ところが、名無しでそれに対する否定的なコメントが書かれたのです。(どういう文面かは忘れた)

FFブログを読む人の中でこういう書き方をする人はいないと思い、浮かんだのは奴でした。

奴はまだ見ている。

私は会社の串IPを制限しました。コメントのIPはdionだったのでdionも制限をかけました。dionはピンポイント制限ができないので全域制限にせざるを得ませんでした。

翌日、9時30分から数分すぎたあたりに10個もの拒否ログが残っていました。奴の部署の出社時間は9時30分、私のそれは11時。会社には他にFFをやっている人はいますが、私がどこの鯖でどういうキャラ名かはみんな知りません。そしてブログを書いてることも。

つまり、ひっかかったIPは間違いなく奴なのです。

dionのほうも怪しいIPが出てきました。
実は異動して2週間ほどたったころ、奴の異動先から連絡が入りました。

「2日も無断欠勤している」と。

その日付を集中的に調べるとdionで拒否されたログが山ほどでてきました。すべて同一クッキーです。
うちのブログのアクセスはそれほど多くはないのでこういうことが出来たのでした。

奴の自宅のプロバはやはりdionだ。

こうしてdion+会社串のアクセス制限が続きます。

半年後。

6/30の発令に奴の名前が載っていました。

依願退職。

私は会社串の制限を外しました。

そしてその日、上司と人事に呼ばれ異動を告げられました。現在の部署が発展解消して業務移管されるため、現在の仕事を新しい部署で行うためです。
そのときの人事の人はあのときの本部長でした。

「彼は新しい勤め先が見つかったそうだよ」と言っていました。

ということは。

どういうところに勤めたのかは知りませんが、奴は新しい勤務先からまだ私のブログを見ているのかもしれませんし、もう忘れたいから見ていないかもしれません。

しかし、なんとなく嫌な気持ちがべっとりと背中にくっつきます。
なによりまだ自宅から見ている可能性もあります。

基地外との死闘はまだまだ続くのです。

(完)
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

基地外との死闘(4)

翌週に上司に呼ばれました。
会議室に行くとそこには人事本部長がいて、ことの子細を説明するように言われました。

・必要最低限のことしか話さない。
・人を見下したような態度
・カギを投げつけるなど明らかにおかしい行動
・今の業務には関係ない昔の仕事でのトラブル(しかも解決済)をくどくど言う
・上司に対して私が過去やった仕事を「雑だ」と言う(これは上司が「今の話と関係ないだろ」とたしなめた。しかもその仕事は別に雑でもなんでもなく、奴がCDジャケットの限定版と通常版では色が違うことに気づかなくて勝手に勘違いをし、私のミスだと思いこんでいた)
・私のことを「基地外」と罵る(前回書いてませんでしたが、奴は私のことを「基地外」と言ったのです。基地外に基地外と呼ばれてしまいました(・ω・)
・私の背後に立って、私へのメール内容をのぞき見ていたり、webでなにを見ているのか監視している(これはさすがに上司がその場で怒りました)

これらを総合するに奴は「俺のほうが優れている。俺を認めろ」といういらだちを私に対してぶつけていたようなのです。
私の仕事が雑でミスが多く無能であると言いつけて、その代わりに自分を使えとアピールしているようなのです。

この半年、上司は奴に何度かサシで態度を改めるよう言っていました。しかし直そうとはしません。普段はとても温厚な上司がかなりキレているところからして、相当ひどいやりとりがあったことと思います。

また、上司は医者に行くよういいました。むろんメンタル系です。しかし、奴はそれを拒否しました。そういうところにかかると自分の経歴に傷がつくと思っているのかもしれません。

私への事情聴取が終わり、今度は奴が呼ばれたようでした。

そしてそのあと、再び私は上司に呼ばれました。
そして怒られました(´・ω・`)

「お前、この件をネットに書いただろう」

そう、私のFF日記にこの件を確かに書いていたのです。
しかし、なんで奴が知っているのだ??

あ。
作業の合間にたまに私はFFブログめぐりをしていました。
それで自分が使っていたマシンにブックマークしていたのです。それを見つけたとしか思えません。

人事からは「この件についてはペナルティになるかもしれないが、とりあえず該当日記を削除することと、当人に謝罪しろ」という指示が来ました。

私は該当日記をすぐに削除しました。
思わぬ奴からの逆襲でした。

当人に謝罪するのはむろんシャクですが、大事の前の小事と割り切って頭を下げました。
奴は「確認しました」とだけ言いました。

どちらかといえばコトが人事レベルにまで上がってしまったことに対してショックを受けていたように見えましたが、今となってはわかりません。


それから私がFFブログ巡りをしているのもチクったようです。
厳密に言えばそれは就業違反でしょうが、奴とて株のサイトを見たり、ネット放送で株の実況を聞いてたりしたそうです。(奴のお父さんは3年前に亡くなっており、その遺産で投資していたそうで、1年で300万ほど儲けたと自分で言ってました。まだおかしくなる前の話です)

つまり「人のコト言えるか」ってことなんですが、まあそれはいいとして。

奴は完全におかしくなっており、態度を改めたとしても現状のチームで仕事を進めることは不可能だと上司に進言しました。
上司もそれに同意しました。

チームの別の一人にも「こういう状況になっている」と説明したところ、彼も上司に同じような件で相談していたそうで、わざわざ夜遅く携帯に「もうすぐケリがつくので我慢してくれ」と言われたそうです。

ああ、私に夜明けはやってくるのでしょうか。

(次回最終回)
雑記 | comments (1) | trackbacks (0)
忍者AdMax

電車男

録画して見ました。
やや作りすぎで見てて辛い……

ただしこれからの展開できっと電車男がシャキッとしていく課程が描かれていくことを願って……

個人的には楽しめました。
映画・映像 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

基地外との死闘(3)

それは8月ももう終わる日のことでした。
いつものように作業ルームにこもって作業中。
8畳ほどの部屋で私と奴が黙々と作業をしていたのでした。
部のほかの人間も奴と二人きりで作業するのは避けていたのですが、仕事は仕事なので私は「巨大な石がいる」と思いこんで仕事をしていました。

奴はまた意味不明なことをぶつぶつと言っていました。
これまでも

「こんな仕事やってられるかー」
などと言ったコトバを聞いていましたが、次に耳に聞いたのは私への非難でした。とても理不尽な。

ここまで半年ほど我慢してきたものがブチッと切れて、私は言いました。

「なにこそこそ言ってるんじゃ」

ここからは非難合戦です。
そしてそのすべてがとても些細な事柄でした。
たとえばミーティングのさい、私がメモ用具を持ってきていなかったこととか。一般的には持ってくるものとは思いますが、うちの部はミーティングでそれほど細かいことはしないし、第一私以外にもメモ用具を持ってきていない人もいたのに。

まあ、そういうことは一般の人は忘れるものですが、4か月も前のことを根に持ってる精神構造を感じて、「こいつは本格的に狂ってる」と思うにいたりました。

評価の件にしても、とくに私がいい評価をもらってるわけではないのですがチームとしては私が率いている形です。それが気に入らないようでした。つまり「俺はお前らより優れているのにどうして下っ端なのだ」といういらだちから出ていたようでした。
客観的に見ると奴はそれなりに仕事はしています。しかし、なぜか評価されない。それは他者への見下した態度や言動が周りに不快感を与えている影響だと思います。
そして、その原因をわかっていない。

奴は直接手は出さないですが私の座っている席までやってきて、その見事に肥大化した腹をぐりぐりしつつ罵ってきます。

「もういい。仕事しろ」

そう切り捨てました。

その日の作業後、上司にはじめて「時間ありますか?」と誘いました。私は定時が終わったら即帰宅する主義なので、上司もやや驚いた様子でうなづきました。

ビルの地下の打ち合わせブース。
ここにはなかなか人がやってきません。
ここで私はさきほど起こったことを告げ、「そろそろ私も限界です」と言いました。上司も同じ気持ちだったようです。

舞台は人事に移ることになりました。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

ことばの由来

「どっこいしょ」ってどういう意味?
など、日本語に残る不可思議な言葉の由来を3ページ1コラムの形式で書いてある本。
言葉の意外なつながりや古い意味が失われ、今の意味になったいきさつなども書かれている。
本の企画としては非常に面白いのだが、著者が「学者の表現の域」を出ない程度の筆力なのでやや退屈感が残る。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

基地外との死闘(2)

さて、1年がたち、新しい部署が立ち上がりました。
このオープニングメンバーに私と奴、さらに2人に上司と計5人が着任することになりました。

第一に課せられた課題は3ヶ月以内に結果を出さなければいけないもの。毎日終電が続き、無事この課題は達成しました。

しかし、このあと、奴がおかしくなってきたのです。

つまりなにかと私に対してつっかかるような態度を取るようになったのでした。

奴は非常に几帳面で細かい仕事が得意であり、その点では信用できたのですが、対人コミュニケーションに難があるというか……。

私などはある程度仕事に精通してきたら、要領よくやるようになりますし、それはほとんどの人がそうだと思うのですが、奴にはそれが「手抜き」「だらしない」と目に映ったらしいのです。

あとから聞いた話ですが、私以外にもターゲットになっていた人がいて、その人が外出すると上司に「あれは外出ではなくてサボりだ」とメールで告げ口するというような有様。

しかも、それで自分はあまり評価されていないのに(実際評価されていなかったが)、なんであいつらのほうが評価されるのだというひずんだ思いが攻撃性鬱病を発症させたようなのでした(上司はそういう病名を言っていた)

昨年春ころには「あきらかにおかしい」ということになり、上司と話をしました。まあとりあえず様子を見ようということになり、私も「病人だから」と知らぬふりをしていたのですが、仕事で最低限の話をするだけです。

作業ルームのカギを貸してくれと言うと投げてよこす(放物線を描いて受け取れるようにするんじゃなくてものすごいスピードで。しかも至近距離だし)わ、PCを前にして意味不明なことをブツブツ言ってるわ。

しかも上司とも衝突してるし(こういう場合、私は巻き込まれないように離席するので、どういう話なのかは知りません)

しかし新しい課題がふってきて作業は進行せざるを得ない。

ものすごく細かいミスや、修正の必要もない件に関してクドクドとクレームをつけてうんざりさせたりで、週一のミーティングさえ停止されてしまいました(上司判断)

そして、あの日がくるのです。


(つづく)
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

ガンダムbaton

嫁から回ってきたので(゜〜゜)

ガンダムBaton

■Q1.脳に入ってるモビルスーツの容量は?

1st,ポケットの中の戦争、0083,Z,逆シャア
(ZZは10話くらいで途絶)
単行本を入れると「閃光のハサウェイ」も。

■Q2.今進行中のモビルスーツは?

現在は作成していない。

■Q3.最後に買ったモビルスーツは?

1/144 ガンキャノン

■Q4.特別な思い入れのある5つのモビルスーツは?

1.ガンダムRX-78-2
まあ主役だし。

2.百式MSN-100
キンキラキンに百の文字がかっこいい。なにげに顔もガンダムっぽい

3.νガンダム
実はけっこう好き。フィンファンネルがカッコイイ。


4.キュベレイ
実はあまりジオン系MSは好きではないというガヲタの根本を揺さぶるようなコト言いますが、これは好き。

5.ボール
典型的なやられメカなんだけど、バンダイミュージアムで上映されてた「MSイグルー」のヅダの回に出てきたボールはめっちゃ怖かった。ボールを軽んじてる人は見たほうがいいと思う。
(オデッサ作戦敗北のあと、MSVで宇宙の衛星軌道上に撤退したジオンの避難カプセルをボールが襲撃するシーン)
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

おいおいおいおい

異動先に挨拶に。業務関係の話をすると……
なんか人事から聞いてた話と全然違うんですが。

とにかく上で話つけてください(´・ω・`)


私、なにをすればいいんでしょう


というかんじです。朝9時30分出社に体を慣らさないとなー。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

びっくり

20050702.jpg

倒産というわけではないらしい。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

基地外との死闘(1)

当時私がいた部署に転属になってきたのが奴だった。

スペック

30代前半
極度のガノタ
極度の格闘技好き
体型は小太り
実は小心者
非常に几帳面
一人息子
当時私がいた部署で使うテクニックは皆無

んで。

なんでか私とペアになってグループ会社某部署の担当になったわけです。

なんだかんだでその担当は2年続きました。相手先に会社でも有名なイタい人がいて、そいつと奴が衝突。私は業務に差し支えが出ることを恐れて中立を保っていましたが、奴が相手先の他のスタッフにも喧嘩を売り始めてしまい、こちらは尻ぬぐいの方向へ……。

結局、業務分担で相手先に業務を譲り、こちらは「二人も担当がいらない」ということになり、奴が外れることに。
私はその後も1年担当を続け、奴は別の担当になったのですが、相手先からのクレームが非常に多かったらしいです。

部会のみんなの前で「お前はいろんなところでトラブル起こして担当変わってるんだからもうちょっと考えろ」と当時の係長に言われたりしてました。
(人事の鉄則から言えば、これは係長のほうが悪いですが)

※人事の鉄則……ほめるときはみんなの前で。叱るときは一対一で。

つづく
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax