Calendar
<< December 2003 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

母校が優勝

我が母校が甲子園ボウルで2連覇。

私が在学中のころから、「まあ、そこそこ」強かったんですが、ここ最近は妙に強いですねえ。アメフトは未だにルールがはっきりわからないんですけど、深夜に放送されてた録画を最後まで見てしまいました。

一応、関関同立の一つとはいえ、イマイチ地味な印象(じっさい、地味だけど)しかなかった我が母校がこんな形で取り上げられるのはやはりうれしいですね。

とはいえ、私が卒業したあとから、いろいろな改革やってて、新学部やら法科大学院も作ったみたいだし、いろんなところでいい意味で名前がよく出てきてくれてるのは嬉しいなあ。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

14年ぶり

誕生日だ、クリスマスだ、なんていうイベントにはほとんど関心がなくなっている今日このごろ。学生時代はそういうのにもマメだったんですけど、仕事が土日祝日関係ない仕事だったんで、いつしかそういう関心も薄れてしまいました。

だけども、やはり世の中の盛り上がりには影響されてしまいます。

昨日の夕方の渋谷はものすごい人だったし。

考えてみると。

一人のクリスマスイブは14年ぶりかな。

社会人になったばかりの一年目は、恋人を作るだとかそういう余裕もなくて。

翌年からは前妻とつきあい始めたので一人ではなかったけれど、仕事で会社にて徹夜したりしてたので、きちんと二人でイベントみたいなのをしたのはそれから3年後だったかな。横浜に飯食いにいったくらいだけど。

自宅の子だったからイヴに外泊なんていかにもアレなので。

離婚してからも、この時期には必ず誰かがいたんだけど、今年は正真正銘の一人のイヴとあいなりました。そうなると、やっぱりちょっと寂しいものがありますね。

まあ、焦らずいきましようか……。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

FF11で不正アクセス事件〜祭り中

FF11は現在26のサーバで稼働しているのですが、そのうちのひとつ、ケツァクアトルサーバで不正アクセス事件が発覚して大騒ぎとなっています。

しかもやったことがあくどく、犯人は開き直り、動機が子供じみていて、ユーザーの怒りがものすごいことになっております。

Iさんがゲームで知り合ったある人(E)の家に遊びにいって、その人の家でゲームをしました。家には二台PS2があったそうです。FF11は自分のアカウントナンバーとパスワードさえあれば、他の人のPSやPCでもプレイできるのです。

Iさんは帰宅時にアカウントとパスワードの消去をEに依頼していったのですが、Eはそれをせず、それから半月後にIさんのキャラクター(Lv70カンストしていた)を初期化。持っていた所持金や金目のものになるアイテムを売却してその金を盗んでいたのです。

さまざまな証拠からEの犯行と発覚、立会人を含めた当事者同士の話し合いでEは犯行を認めました。

動機は「嫉妬」。EはIさんに好意を持っていたのですが、Iさんは別に気になる人がおり、あまりべたべたしないでほしいと苦情を言った翌日にキャラを初期化されてしまったのです。

そのときの話し合いで盗んだ所持金は返却されたのですが、Iさんは謝罪の意味もふくめてEのキャラの初期化と引退を示談条件としましたが、Eは拒否。

物別れに終わりましたが、そのあとも悠々とプレイを続けるEを見て怒りが爆発した他のサーバ住民もどんどんケツァルクアトルに集結し、示威行動を展開するという騒ぎに。

そのふてぶてしい態度にはまさに、「こいつおかしい」と思わせるものがあります。


さて。

たかがゲームのことぢゃんと言ってはいけません。これは立派な犯罪です。「不正アクセス禁止法」に明確に抵触しています。その証拠に同じような事件で過去に中学生が逮捕されています。(リネージュで) さらには不正アクセスで他人の家を売却した(ウルティマで)ヤツも逮捕されています。

「他人の家でパスワードをそのままにしていったのも悪いのでは?」という意見もあると思いますが、「不正アクセス禁止法」ではパスワード入手の適法性は問われていません。つまり、他人のアカウントとパスワードでログインした時点で罪状は成立するのです。

しかも親告罪でもないので、Eの跳梁跋扈に業を煮やした他のユーザーは各地の警察にメールでの告発をはじめました。運営会社のスクウェアは「一企業の裁量範囲を超える」として静観している、とされています。

まともに見たら、Eの逮捕(起訴されるかは微妙)で、アカバン(アカウント剥奪)は確定的だと思うのですが、余裕のあるEの態度に「なんか裏があるのでは?」と勘ぐるむきもあります。

ここではイニシャルトークにしていますが、下記URLには証拠のスクリーンショットやログを含めて実名(キャラだけど)が公開されていますので、興味のある方はどうぞ。

http://www.geocities.jp/nyaaaaal/
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

ポーランド在住の人と会話

仕事が一段落したので、FFにログイン。

飛空艇に乗ってたどりついたカザムという村で「誰かノーグ(海賊の本拠地)にいく人いない?」と叫んでいる外国の人が。

ill go to Norgと答えて、一緒にいくことになりました。

なかなかおもしろい珍道中でしたよ。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

仕事で聞くとは

昔、大ファンだった大江千里の曲を「仕事」で聞くことになるとは思わなかった。

詳細はぶくけど、「2000JOE」っていうベストアルバムを聞いて歌詞を読んで。

自分の青春時代がものすごいスピードで再生されてく。

「プールサイド」は大学時代のあの娘。

今、どうしてるのかな? 結婚したって風の噂で聞いたきり。


そして「GLORY DAYS」。

あーごめんなさい、ごめんなさいと思わず言ってしまう。

元妻との思いでの曲だったりするんだよね〜。もうすっかり乾いた傷口だと思ってたけれど、心のどこかがずきずき傷む。季節の変わり目で古傷が痛むって感じ。

アレンジが違ったのがわずかな救いかも。

最近の曲はよく知らないんだけど、ベストに入ってるってだけあってなかなかいい曲ぞろい。

精神的にキツイ仕事を終わらせると、隣で作業していたパンク好き後輩が一言。

「船橋さん、俺、一生分で聞くであろう大江千里をこの一時間で聞きましたよ(笑)」


……いつか、きみの人生において糧となる日もくるであろう。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)

肌フェチ

自覚してなかったのだけれど、どうも僕は肌フェチらしい。

よーく考えてみたらこれまで好きになった人はみんなきれいな肌をしていた。化粧なんて必要のないくらいに。いわゆるモチ肌というやつかな。

歳をとってしわが出てくるのは仕方がないけれど、デフォルトの肌がきれいな人がいいなあ〜。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

荷物が返却されてきた

出社したら小荷物が届いてた。差し出し人は前カノ。

俺が荷物を送ったので送り返してきたよう。

えらく時間がかかったのは多忙だからなのでしょう。

送られてきたのを見て、「あー、これはあっちにあったのか」などと30秒ほど(笑)感慨にひたる。

別れた直後はこういう出来事があるとかなりキツいかもしれないと予測していたのだけれど、実際はそうでもなかった。

なにごとも前に進んでく。
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)