Calendar
<< March 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

この1年。

この街に引っ越してきて、1年が経つわけですが。



ほんとにいろんな意味で大変な1年でした。



当初はまだ、恋人と呼べるほどではなくて、でもお互い惹かれるものがあって、けれど受け入れられない部分もあって。



回り道をしながら生きてきたお互いなので、あまり時間を無駄にすることも躊躇われ、しかもわたしは飛行機でなければ会えない距離にいて。



当時の恋人とのダラダラともがきながら暮らした約5年近い日々に決別する決心が大きなきっかけとなって、彼が言い出した「新しい土地で自分を立て直す気があるなら、協力するよ」と言う言葉に頷いての引越し。



引越しを決断するまでには、やはり多くの話し合いがあって。それはかつての恋人。田舎にひとり残る母。そして彼。



引越しの日取り、退職の日をおおよそ決めた頃に、彼が「桃香の時間を無駄にする同居にはならないだろうか。だとしたら考え直さなくてはいけないのではないだろうか」と言う言葉に、戸惑った夜。



それでも来たかった、あなたの側に。きっと何かが終わって始まる。そう思った。

それまでの数年のあいだ、遠くからあなたを見ていて、どこかしらとてつもない郷愁を覚えるのはなぜだろう・・・といつも思っていた。



一緒に暮らし始めて、それがありふれた表現だけれど、とても良く似たものを心の底に抱えているからだと思った。1ヶ月がたち、互いを恋人として認め合えるようになって、それでもたくさんのセックスとケンカを繰り返して。



でも今思うと、その繰り返しでふたりの絆がどんどんと深くなって。

何者にも切り離せない感情になって。







いまもそんな日々は続いているけれど、そうすることで、わたしにはあなたの存在がどんどんと明確になっていく。そして自分の愚かさや、無力さを知る。同時に、自分の可能性やもって行くべきベクトルの方向を知る。



わたしは、去年より上手く愛せていますか?
想い。 | comments (0) | trackbacks (0)

【ゲーム】嬉しい。

12634696_107.jpgFFのお話。


長い時間、ありがと。
一緒に行ってくれた人たち、応援してくれた人たち。

みんなみんな、ありがと。

わたし、ずっといるからね(´v`)

日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

カレッタ汐留。

20050328-1.jpg20050328-2.jpg20050328-3.jpg週末に連れて行ってもらったカレッタ汐留。

一番の目的は、ADミュージアムだったのですが、かなり楽しかったです。

物心ついたときから、広告が好きな変な子供だったのもあり、時間が経つのを忘れそうでした。

あのあたりは、可愛いGoodsが多く売られていて、ソニプラの品揃えもちょこっと他と違ったり。いろいろ撮ってきました。

アルバムに、可愛いGoodsのコーナー作ろうかしら。


以前は、ちまちまこういうチープなものを見ると、実用的じゃなくても、つい買ってしまうことも多かったのですが、どうやらそれを持って使うことより、眺めることが好きな自分に気がついたり。

最近は、撮って満足することも覚えました(´∇`)

ソラシオという46階かな?にあるレストランは、ランチタイムはお手頃らしいのですが、行った時間がお昼食べたあとで、ちょうどディナータイムの前。クローズしてました。

夜には、たくさんのカップルが愛を語らったり、プロポーズ受けたりドラマがあるのでしょうか(´∇`)

そうそう、亀の噴水というのがあって毎時きっかりにイベントが起きると言うので、18時からの待ちました。

でもね、壊れてたのかなぁ…プシュープシューいうだけでしたよ(´・ω・`)
デイト。 | comments (0) | trackbacks (0)

&増殖罅

20050326-1.jpg20050326-2.jpg20050326-3.jpg【緊急報告】





汐留に『&』増殖中です。ぬいぐるみ、キーチェーン、ファイル…数えきれません!



しかも各色取り揃え!

みんな揃いのブルゾンを着込み、一種の新興宗教の勢いです!





現場から、モモピがお伝えしました〜!
日々。 | - | -

【DVD】バンビ スペシャル・エディション。

51AYMK94XZL._AA240_.jpgわたしの生後3日目に、今は亡き父が、1m以上もあるビニール製の(空気を入れて膨らませるやつです)バンビを、買ってくれてからのバンビ好きです。

ただ残念なことに今まで、ちゃんと全編を通して見る機会がありませんでした。

で、感想。

この映画を筆頭に、ディズニー映画のすばらしいところは、ストーリーもさながらに、全ての場面で全ての画像がしなやかな動きを持っていることです。登場するキャラクターだけではなく、木の葉や花々、雨の雫さえもが豊かな動きを持ち、その動線は実物のそれ以上にやさしく、うねるようにわたしたちの視線を捉えてはなしません。

ストーリー的には、バンビの誕生から逞しい若鹿に成長する過程を描いたもので、お母さんとの別れ、鹿狩りから逃れるさまを、実に巧妙に描いています。

わたしはバンビが好きすぎて、冒頭の誕生シーンで既に泣いてしまいました。

いつまでも大切にしたい、そして時折取り出して観たい大切な作品となりました。
映画。 | comments (0) | trackbacks (0)

大人様。

晩御飯のリクエストを聞いたら、

※キャベツの千切り
※スパゲッティイタリアン
※ハンバーグ

上記3つ盛り希望〜ヽ(´ー`)ノ

とのこと。

朝、お見送りのあと、はたと考えてみました。

なるほど!(´∇`)これは『お子様ランチ』のことですか?あぁ、そうですね。そうですとも。大人が食べたら『大人様ランチ』ですか。そうです。そのとおり。


銀河流星号で買い出しだ〜(`・ω・´)=3


付け合わせのトマトとキュウリを買い忘れ凹んだのもつかのま、旗を作って盛り上がって参りました。


帰宅にあわせ、分刻みで完成しつつある皿2枚。ダンナさん帰還。

すぐに出来たプレートを運ぶのを手伝おうとするダンナさんに
「ダメェ〜!まだ来ないで〜ヽ(`Д´)ノ」

それぞれの似顔絵書いた旗を、こんもり丸く盛った鮭ワカメご飯に立てて、出来上がり♪


もともとハンバーグは得意なんだけど、今日は人生で一番上手く出来た気が。肉汁がジュワァ〜ときました。



どうやらお子様ランチ仕立ての必要はなかったらしいのですが、大人様ご満足。
日々。 | - | -

繋がる。

20050324-2.jpg20050324-1.jpg大親友の奏ちゃんの日記に、いつも持ち歩いてるメモ帳と緑のボールペンの画像が…。





見た途端、「うひょひょ(´∇`)」と嬉しくって、わたしのバンビのメモ帳と青のボールペンを、同じように撮ってみました。





離れてても、こうしてリンクしてるのかなぁと思うと嬉しかったり。
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

DVDのオマケ。

20050323-1.jpg20050323-2.jpg20050323-3.jpg雨のなか、サンクスに煙草を買いに行くと言うので、ついていってみました(´∇`)



店内に入ってすぐ、先週発売された『バンビ』のDVDに目を奪われ石になっていたら「欲しいの?どうなの?素直に言いなさい〜」と、まるでおとーしゃんのような口調の声がしました≧∇≦





で、そのオマケ。



プチマペット、要は指人形ですが、バンビが平面すぎて、ちょっと怖い。耳は良くできてると思うんですけど(´・ω・`)
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

つばめグリル。

遅く起きた休日最終日。



またも、ダンナさん主催『行き先内緒サプライズ』プチ版。



お腹がペコペコで到着したのは『つばめグリル』。



PA0_0017.jpgPA0_0018.jpg少し前に、古びた洋食屋さんとか行きたいなぁ〜(´▽`)なんて、呟いた効果なのでしょか。彼自身も約7年振りに来たそうです。



わたしはオーソドックスな、創業から30年変えていないハンブルグステーキ。





いつも自分が作るものや、これまで外で食べてきたのと比べると、スパイス控えめの優しい味でした。お肉の甘味を感じることが出来ました(´∇`)



PA0_0038.jpg付け合わせのジャガ丸ごとはホクホクで濃く深く、頑張って食べきりました。





店内のエッジング硝子の燕の絵柄が、あんまり素敵でパチリ。





童話『幸福な王子』を想い出しました。
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

記念日。

1年前の昨日、いろんなもの捨てて、田舎の母上に納得してもらい、知り合いも、仕事もない、ただ現ダンナさんがいるというだけのこの街に越してきました。



で、昨日のデートdayとなったわけですが、ダンナさんは長年のゲーム漬けで体力がすっかり低下し、少し歩き回ってお疲れの模様。



帰って何か美味しいご飯にしよっか(´・ω・`)と言うと、記念日だからと、

わたしの好きなパスタ屋さんで夕食となりました。



好きなものをチョイスして、グラスワイン白で乾杯して良い気分。



記念日の言葉を何か伝えなくっちゃ…(`・ω・´)



夜のスペイン坂は人も少なく、握った手をギュッなんてして、意を決して言ってみました。



「この1年、ホントにありがとね。

誰よりも一杯ケンカしたけど…あたしたち…

誰よりもわかりあえたよね(ハァト」



「ん〜わかんないヽ(´ー`)ノ

みんなあんまりケンカしなかったから、

何考えてたか、わかんな〜いヽ(´ー`)ノ」







「…」









(´・ω・`)





なんだよ。

乙女すんの辞めるよヽ(`Д´)ノ
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

アイザックdiary。

20050319-izack1.jpg■15:38



いい大人が

ぬいぐるみ

ふたつ取り出し

カメラ構えて



…不審ですか?








日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

ローレライ。

渋谷で見てきました。



http://www.507.jp/index.html



20050319-movie1.jpg最近、「大黒屋で安売りのチケット購入→劇場」というアビをようやく取得しました。



で、今回は株主優待券にて入場。

金額はわかりません。今日は一応、某記念日デートなのです。



感想を語る前にお話しておきましょう。

わたしは、

  ・戦争物があまり得意じゃない。

  ・長いのが苦手。

  ・メカニカルな用語、覚えられない。

  ・歴史背景。【覚えてません。】



で、この『ローレライ』がなんの映画かも知らず、ダンナさんについていきました。劇場の待合席に腰かけてパンフを読むダンナさんに「これ戦争の映画?」「これ潜水艦?」などと、場違いな質問をしてしまいましたが、何かw



【総評】

面白かった。2時間10分という長さが気にならない感じで、テンポもよかったです。



ただし、ストーリー的には、何の知識もない(わたしのようなもの)には、要所「なんで?」という部分多々。たぶん、各キャラクターの背景が見えてこないので、人物への愛情が沸く前に、ストーリ進行のせいか。

例えば主要人物1人につき2分、フラッシュバック的にでかまわないので、戦前戦中の日常を見せても良かった気がする。テクニック的に2時間10分の中に、その時間を確保することは充分可能だったと思います。例えば、それはオープニングでもかまわないし、劇中の本人のクローズアップの瞬間でも構わないわけです。



そうすることで、各人が『ローレライ』に集うことになった背景、心情がよりリアルに描き出せたのではないかと。



それを一番感じたのは、後半部分の「ほんとうにいい子だったな・・・」とい台詞。観てるこちらには、その場面がないから、それが浅くしか伝わらない。



演技では、

■ピエール瀧・・・光ってました。もともと演技者という感じでしたが、ここで開花した感じ。

■役所さん・・・あまり好きなタイプじゃなかったけど、とても自然に演技してたのが好印象。

■ギバちゃん・・・卒なく。ただ死ななくても良かったんじゃないかと。余った木で簡単な橋とか作れないのかと。

■KLEVA(Ex.KickTheCanCrew)・・・もう少し観たかった。でも初めてだからこの程度で。次回に期待。きっと成長する。スキ。

■妻夫木くん・・・これでいいんじゃないかな。あまり知らない。でも、モテそう。

■石黒ケン・・・変態役が板についてきた。坊っちゃん系でいくのかと思ったら、こっちにきていいことだと思う。このまま進んで良。

■堤真一・・・うまい役者だけに、この役柄に少し残念な気が。もう少し練りこんだ設定が欲しかった。

■上川隆也・・・せっかく来たのに、これだけですか・・・と文句言ってそう。一応重要な締めなんだけど、イマイチ。あまり知らない人なんで技量も不明。

■香椎由宇・・・たぶん持っているであろう魅力を発揮できないで終わっていた。次が楽しみ。完成された美。



てことで、素人なわたしにはとても楽しめました。突っ込む場所はいろいろあるけれど、邦画でこのテンポを作り上げられたのは、やはり最近上調子のスタッフ陣によるものだと思いました。



原作は4巻と長いものだそうです。ちょっとだけ読んでみようかな・・・軍事的に難しいとこ飛ばしてもいいし、映画観たからきっとわかりやすくなってるよね・・・そう思わせてくれました。
映画。 | comments (0) | trackbacks (0)

こみぱ。

20050319-1.jpg20050319-2.jpg20050319-3.jpg映画まで時間があったので、買い物したりゲーセン寄ったり。



それでもまだ時間があったので、Loftのステーショナリーフロア回ったり。



大好きなバンビがめちゃくちゃ笑ってるノート、使わないのに買いそうでした。



そうそう、友達の奏ちゃんの好きな『NANA』の大きなイラストに惹かれ入ったそこは、こんなとこでした。



http://www.shueisha.co.jp/comicparty/



『りぼん』って、まだあるんだね^-^

Tシャツとか、可愛かった。あといろんな漫画家さんの原画と書かれたものが、1枚500円くらいだったんだけど、原画というのは完全オリジナル1枚物なのかしら。モノクロの何かのマンガの途中の1ページきりのものだし、印刷物なら高い気がするんだけど、どうなんだろう。



なんとなく、場違いな大人ふたり組のわたしたちだったので、すぐ出てきちゃったんだけど、みんないっぱい選んでたみたい。





今の子たち、お金持ちだね(´・ω・`)
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

いちねん。

去年のこの日





わたしは





全て投げ出して





ゆうぱっくとともにここにきた





あれから1年





たくさん変わった





たくさん変えた





良くないところを変えなくちゃと





ひたすら走ってきた





そしてこんなに変わり





目標があれば





結果と目標があるのなら





人はどうにでもなれると信じた











帆走者もそうであったと信じたい
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

芽。

20050316-1.jpgティッシュと一緒に配られていた種を蒔いて4日目。



小さなふたばが、ニョキニョキ。





何の種か、忘れちゃったけど、食べられるものだったはず(´∇`)
日々。 | comments (0) | -

尊敬。

尊敬できるのは『創意工夫』できる人。

与えられた仕事を期日までにきっちり仕上げるだけじゃなくて

自分の考えをもち、提案し、そして確実に進む意欲のある人。



現状に憂いてばかりいるだけで

脳ミソにつまった文字だけで御託を並べるだけの人は

尊敬には値しない。



尊敬できるのは『細やかな気配り』のできる人。

洒落たプレゼントをするとか

素敵なレストランにつれていくだとか

そういうのじゃなくて。



一緒にいたいのは『バランス感覚に』優れている人。

そつなく、トラブルなく、ただ平穏に擦り抜けるんじゃなくて

いろな方面にアンテナをはって

それぞれのピンポイントにうまくのっかって

平衡感覚を保っている人。



そう・・・まるで蜘蛛の糸の上の蜘蛛のように。





考えてみたらどれも、学校の教科書には書いていないものばかり。

考えてみたらどれも、うまく歩くだけじゃ出来ないことばかり。



でも、そういう人を尊敬して生きていく。





きっと、それがわたしの中の理想であって目標なんだと

いろんなことを今考える立場になって思う。





高校を卒業してアウトローな生き方をしてばかりいた。



最初の長い結婚生活まで、ほんとにいろいろあった。

いろんな人を見た。

いろんな場面にいた。

晴れやかな場所で、多くの人に大切にされたときもあった。

このまま人知れず埋もれるのかな・・・なんてマイナス志向のときもあった。

こんなことして、わたしいったい何?ってときもあった。





わたしは進んでいく。

漕ぎ出した船は、朝陽を目指して進んでいく。

乗り合わせた人をともにつれて。
戯言。 | comments (0) | trackbacks (0)

恋人。

20050314-1.jpg20050314-2.jpg

名前は、







…まだ聞いてないなの(´・ω・`)





ダンナさんがホワイトディの奥さんへのお返しに買ってきたよ^^


日々。 | comments (0) | -

アイザックdiary。

20050313-1.jpg20050313-2.jpgこの家に来てからの、ボク。



コントローラって

もうちょっと小さくなるといいのにね。



化粧品はね、

帯状毛穴に効果があるよ。

とってもイイらしいよ!


日々。 | comments (0) | -

Hard Rock。

20050312-5hard.jpgずっと、東京で行ってみたかったところがありました。



それは・・・『Hard Rock cafe』



わたしの音楽遍歴は、なんとも様々で、小学生のアイドル大好きから始まって

小学4年生の頃から、従弟の影響というか強制によって、ハードロックを聴き続けていた時代もありました。



この頃はまだ英語がわからなくって、それでも5年生になって、英和辞典を買って来て。ライナーノーツに訳詞が載っているにもかかわらず、自分なりに訳して、歌ってみたりしていました。



その後、高校生になってパンクに移行したり、就職してからは、ノイズやダンスミュージック系(これは遊び場がそういうところだったから)に移行したり。



落ち着いてからは、どちらかというと邦楽で自分的にピッタリするものを

ジャンルを問わず聴いています。



で・・・



今日、連れて行ってもらいました。



六本木店の一番奥まった禁煙席だったのですが、オジーオズボーンとKISSのコーナーで、なんだか、ン十年ぶりにハードロック魂に火がつきましたよ。



脳内では、



♪ミィスタァ〜クロゥリ〜(ダンダンダーン!)

 ワッチュウェ〜ンニュアヘェェ〜(ドゥルルゥドゥドゥーン)♪



エンドレスですよ、奥さん。



それにしても、六本木というところは外国人率が高いですね・・・日本人より多いのじゃないかしら。

子供のときに初めて遭遇した『ガイジン』さんは、小学1年に家族で海水浴に行ったとき、電車で向かいの席に乗った大きな大きな黒人さんでした。



ずっと緊張して『グー』を握って座っていたら、子供だと思って、話しかけ(やがる)んですよ。

両親だって、田舎からほとんど出たことのない人ですから、どうリアクションしていいやら・・・

父がせいぜい虚勢を張ってひきつった笑顔を見せるぐらいです。





下車駅に着いてすぐ、鼻血でましたよ。



あ〜いろいろと懐かしいことを思い出す、そんな土曜日。




日々。 | comments (0) | -

よろり。

20050312-4.jpgボク、アイザック♪



今日から、仲間になりました。







ヨロシクね。


日々。 | comments (0) | -

お気に入りBest3。

20050312-1.jpg20050312-2.jpg20050312-3.jpgこの間、ヨウたんの日記が『靴バナ』で盛り上がってから、靴のことが頭から離れません(●´-`●)



わたしの靴は、あまりお高いプライスのものはないのですが、気に入ったのって、やはり何年も履き続けてしまいます。



今までで一番高かったのは、よくわかんない5万円くらいのブーツ。

その頃バイトしてた不動産会社の会長が「桃ちゃん、バイトでボーナスないのは可哀想だなぁ」と、ベンツで百貨店に拉致られ、好きなの選びなさいと言われたときの。



変に緊張して、ろくに選べませんでした。なので、会社に数回履いていっただけで、去年の引越しのときに捨てちゃいました。





それと比べると、セールで買ったこの右端のは、笑っちゃうようなお買い得品なんだけど、履きやすくて今年で3年目。



こんなことなら、2足買っておくんだった。


日々。 | comments (0) | -

拉致られて。

20050310-1.jpg20050310-2.jpg20050310-3.jpg着いた先には、このような。





のんびり癒されております。





ビールは帰るまでガマン。

だって、銀河流星号を駅前に路上格納して来ちゃったから。





ヒーリングドライサウナ、やっぱり好き。

ここのはラベンダー。



帰ったら、ローズウッド焚いて、キューッと一杯(^O^)


日々。 | comments (0) | -

いい処。

今日は、ダンナさんに拉致られるです。

いい処に連れて行ってくれるんだそうです。



≪今朝の船橋家≫



「きゃーきゃー!どこ、どこ〜o(>v<)o」

「どこでしょね〜(¬v¬)」

「言わないで!お楽しみだから、言わないで〜」

「内緒だよ〜(¬v¬)」

「あ!○○かも!!!!!」

「・・・なんでわかったの・・・orz」





お出掛けサプライズの日は、いつも彼は

行き先を内緒にするんだけれど、

何故かわたしはピタリとあててしまうのです(ショボン



ゆんゆん電波をつい発信しちゃうです。





  だって地球を救うために、

  この星にやってきたのだから!

       (某合宿所スレより引用)


日々。 | comments (0) | -

脅しかも。

20050307-2.jpg20050307-3.jpg「暴露!ヨコヤマ!」

横山さん、ビビリます。はっきり言って、強迫されてます。





全国に「ばくろやまだ」、「ばくろすずき」とかあるから。





みんな、気を付けないと!


日々。 | comments (0) | -

初アキバ。

20050307-1.jpgただし、乗り換えのみ(-.-)







でもなんだかちょっとドギドキ・・・。
日々。 | comments (0) | -

デンドロロ。

20050306-1.jpg20050306-2.jpg20050306-3.jpgダンナさんのところで話題になっている『デンドロビウム』。

なにやら、ガン○ム系のものらしいのです。



が、あえてgoogleマニアのわたしが

今回はググッておりません。



だってね。何か知っちゃうと、機嫌の良いときにうっかり

「買ってもいいよ〜ヽ(´▽`)ノ」なんて

言っちゃいそうなんですもん。



で・・・

何が言いたかったかというと

プラスチック物はもうこれだけあるから

いいでしょwということだったりします。
日々。 | comments (0) | -

この顔ですかな。

20050304-3.jpgよくみるサイトの方が、LEGOの(・v・)な顔を捜す旅に出られたと書かれていました。



んで、5年程前(だったかな)、札幌のLEGOショップで買った

キーホルダーがそんな顔だったので

撮ってみました。



実際に探されているのは、こんなミニマムサイズのじゃないと思うんですが^^;



ちなみに、ヒップバッグでいつもユラユラ揺れさせています^^
日々。 | comments (0) | -

雪。

20050304-1.jpg20050304-2.jpgわぁ〜い。





雪だ、雪だぁ(^O^)。



春が来る前に、会いにきたね。





実はね。

もう一度くらい、会っておきたかったんだよ。
日々。 | comments (0) | -

歯医者ending。

やっと去年の暮れから通っていた歯医者さんが

今日で終わりました。



でも最後の最後に、「ちょっとだけ虫歯なのでやっときましょう〜」の場所が痛かった。

わたしの担当は30歳ちょぃ前ぐらいの、

カンジのいい女医さんなんだけど、

何かするたびに「○○さん、椅子倒しますね〜」

「○○さん、ちょっと麻酔、チクッとしますよ〜」

と苗字で呼びかけてくれるので、安心します。



 実はまだこの苗字になって3ヶ月なんで

 病院と宅配の受け取りぐらいでしか

 実感できないから、嬉しい場だったりします。



で、「い゛たぁ・・・」という顔をしたら

すぐ麻酔を追加してくれました。



麻酔は最初の一刺しが勝負ですね。

これが、いい場所に手加減して打ってくれると

2針目は麻酔が効きはじめてあんまり痛くない。

そのあともちまちま刺してくれると、とっても助かります。



で、このあとはクリーニングと検診かねて

3ヶ月後に、半年したら年に一度の検診のときに

クリーニングなんかのメンテナンスでいいそうです。



雪の中、「このくらい平気さ!だって道産子だもん!」

と、愛車銀河流星号で行ったのですが

途中の坂でリタイアしてしまい、

そのへんのマンションの駐輪場・・・じゃなかったパドックに

何食わぬ顔で自転車・・・じゃなかった

流星号を格納して行きました。
日々。 | comments (0) | -

ドデカまぐ。

20050303-1.jpg横浜駅近くのファッションビルが大改装とかで、ちょこっと寄ってキッチン雑貨を見てきましたよ。



半額近くなってたマグカップ、シチューも食べられそうなぐらい、大きいです。ミニ丼ぶりや小うどんもいけそうです。



実は昨日、自宅お仕事耆僂砲錣燭靴里鯒磴辰董∋箸ぞー蠅良さそうと、今日はもう一個買ってきました。





容量を計ったら、350ccは入ります。



マグカップって、なんか増えちゃうんだよね(●´-`●)
日々。 | comments (0) | -