Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ローレライ。

渋谷で見てきました。



http://www.507.jp/index.html



20050319-movie1.jpg最近、「大黒屋で安売りのチケット購入→劇場」というアビをようやく取得しました。



で、今回は株主優待券にて入場。

金額はわかりません。今日は一応、某記念日デートなのです。



感想を語る前にお話しておきましょう。

わたしは、

  ・戦争物があまり得意じゃない。

  ・長いのが苦手。

  ・メカニカルな用語、覚えられない。

  ・歴史背景。【覚えてません。】



で、この『ローレライ』がなんの映画かも知らず、ダンナさんについていきました。劇場の待合席に腰かけてパンフを読むダンナさんに「これ戦争の映画?」「これ潜水艦?」などと、場違いな質問をしてしまいましたが、何かw



【総評】

面白かった。2時間10分という長さが気にならない感じで、テンポもよかったです。



ただし、ストーリー的には、何の知識もない(わたしのようなもの)には、要所「なんで?」という部分多々。たぶん、各キャラクターの背景が見えてこないので、人物への愛情が沸く前に、ストーリ進行のせいか。

例えば主要人物1人につき2分、フラッシュバック的にでかまわないので、戦前戦中の日常を見せても良かった気がする。テクニック的に2時間10分の中に、その時間を確保することは充分可能だったと思います。例えば、それはオープニングでもかまわないし、劇中の本人のクローズアップの瞬間でも構わないわけです。



そうすることで、各人が『ローレライ』に集うことになった背景、心情がよりリアルに描き出せたのではないかと。



それを一番感じたのは、後半部分の「ほんとうにいい子だったな・・・」とい台詞。観てるこちらには、その場面がないから、それが浅くしか伝わらない。



演技では、

■ピエール瀧・・・光ってました。もともと演技者という感じでしたが、ここで開花した感じ。

■役所さん・・・あまり好きなタイプじゃなかったけど、とても自然に演技してたのが好印象。

■ギバちゃん・・・卒なく。ただ死ななくても良かったんじゃないかと。余った木で簡単な橋とか作れないのかと。

■KLEVA(Ex.KickTheCanCrew)・・・もう少し観たかった。でも初めてだからこの程度で。次回に期待。きっと成長する。スキ。

■妻夫木くん・・・これでいいんじゃないかな。あまり知らない。でも、モテそう。

■石黒ケン・・・変態役が板についてきた。坊っちゃん系でいくのかと思ったら、こっちにきていいことだと思う。このまま進んで良。

■堤真一・・・うまい役者だけに、この役柄に少し残念な気が。もう少し練りこんだ設定が欲しかった。

■上川隆也・・・せっかく来たのに、これだけですか・・・と文句言ってそう。一応重要な締めなんだけど、イマイチ。あまり知らない人なんで技量も不明。

■香椎由宇・・・たぶん持っているであろう魅力を発揮できないで終わっていた。次が楽しみ。完成された美。



てことで、素人なわたしにはとても楽しめました。突っ込む場所はいろいろあるけれど、邦画でこのテンポを作り上げられたのは、やはり最近上調子のスタッフ陣によるものだと思いました。



原作は4巻と長いものだそうです。ちょっとだけ読んでみようかな・・・軍事的に難しいとこ飛ばしてもいいし、映画観たからきっとわかりやすくなってるよね・・・そう思わせてくれました。
映画。 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks