Calendar
<< March 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

この1年。

この街に引っ越してきて、1年が経つわけですが。



ほんとにいろんな意味で大変な1年でした。



当初はまだ、恋人と呼べるほどではなくて、でもお互い惹かれるものがあって、けれど受け入れられない部分もあって。



回り道をしながら生きてきたお互いなので、あまり時間を無駄にすることも躊躇われ、しかもわたしは飛行機でなければ会えない距離にいて。



当時の恋人とのダラダラともがきながら暮らした約5年近い日々に決別する決心が大きなきっかけとなって、彼が言い出した「新しい土地で自分を立て直す気があるなら、協力するよ」と言う言葉に頷いての引越し。



引越しを決断するまでには、やはり多くの話し合いがあって。それはかつての恋人。田舎にひとり残る母。そして彼。



引越しの日取り、退職の日をおおよそ決めた頃に、彼が「桃香の時間を無駄にする同居にはならないだろうか。だとしたら考え直さなくてはいけないのではないだろうか」と言う言葉に、戸惑った夜。



それでも来たかった、あなたの側に。きっと何かが終わって始まる。そう思った。

それまでの数年のあいだ、遠くからあなたを見ていて、どこかしらとてつもない郷愁を覚えるのはなぜだろう・・・といつも思っていた。



一緒に暮らし始めて、それがありふれた表現だけれど、とても良く似たものを心の底に抱えているからだと思った。1ヶ月がたち、互いを恋人として認め合えるようになって、それでもたくさんのセックスとケンカを繰り返して。



でも今思うと、その繰り返しでふたりの絆がどんどんと深くなって。

何者にも切り離せない感情になって。







いまもそんな日々は続いているけれど、そうすることで、わたしにはあなたの存在がどんどんと明確になっていく。そして自分の愚かさや、無力さを知る。同時に、自分の可能性やもって行くべきベクトルの方向を知る。



わたしは、去年より上手く愛せていますか?
想い。 | comments (0) | trackbacks (0)