<< May 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

串かつ&お稲荷さん。

今回は取り合わせ無視の組み合わせ、食べたいもの作っちゃおうdayにしちゃいました(。→∀←。)

まずは、先週末に理香ちゃんとこでグッときた、串揚げ。大阪産の我がダンナさんに敬意を表して、我が家では『串かつ』と呼ぶことにします(笑)

目指すは、去年のお正月に初めて行った大阪は新世界の超人気店『天狗』の串かつ。鶏の玉子1個丸ごとが嬉しかったなぁ…と。
その他には、豚ヒレ・鶏むね梅じそ巻き・ちくわ・粗挽きウィンナー・海老・アスパラベーコンなど。衣は薄く付くよう&楽につけられるように玉子+水+小麦粉を混ぜたものをつけてから、フードプロセッサーで細かくひきなおしたパン粉をつけて、軽く揚げました。

20060531-1all.jpg20060531-3kushi.jpg(新入りの木の葉のお皿に盛りつけました)

海老はわたしのは尻尾つきで、フェイントで尻尾をのぞいたのをダンナさんのお皿にコッソリ。海老の下処理のときに脚と身のつなぎの部分・背わた&腹のわたなんかを丁寧に取り除き、海老特有の臭み(風味ともいう)の残る部分を排除。(尻尾の中の水分もくせ者なので、尻尾付きで揚げるときはここを、包丁の背でこそげて先を斜めにカットするといい)

いい作戦と思ったのですが、見ただけでバレました。それでも勧めると一口。二口目で
「ダメだ、このプリプリした食感(→へ←) 」
「一度挑戦してダメなら永遠にもう食べなくていいからね」
と言って食べて貰ったので、海老はもう封印してあげましょう(笑)よく頑張った!!!!

アスパラベーコンは、ススキノにある友達のお兄さんのお店が1本丸ごと揚げていた(揚げるとき、根もとを持ったまま揚げていた)のを思い出しました。が、これはちょっと失敗。我が家の天ぷら用のお鍋が小さすぎて、曲げて全部入れることになったため。

鶏ももの梅じそ巻きは、種から育てた我が家の紫蘇を、初めて収穫して使いました(嬉)。


20060531-4tare.jpgソース2種と抹茶塩。

ソースはいつものケチャップ+マヨ+ソースを混ぜたもの。
とんかつソース+おたふくソース+ケチャップ少々で甘くフルーティにしたもの。(『天狗』のソースがそんな感じだったので)
抹茶塩は、梅しそ巻きと玉子によく合いました。

20060531-2oinarisan.jpgそしてもう一品、やはりお友達のaiさんところで、食欲刺激されまくりのお稲荷さん。偶然我が家も、前日ひじき煮を作ったので、それを混ぜ込んで。揚げさんは黒糖とキビ砂糖(いつものデフォ砂糖はこっち)を使い、ひじきが入るのでいつもより少しだけ薄味に仕上げました。ただし胡麻を入れるのを忘れたので盛りつけてからパラパラふりました(笑)


残った分は今朝のわたしの朝ご飯に。



・串かつ。
・お稲荷さん。
・ワカメと葱のお味噌汁。


ごちそうさまでした。


おしっ!
今夜はコンニャク麺食べるとしよう…orz

お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

ほっけ焼&ひじき煮。

魚強化週間の2日目。
(実は、指折り数え出すと長続きしないの法則^^;)

ホッケの干したのを買ってきました。
それから、柔らかそうなホウレン草があったので、生でサラダにすることに。ベーコンをカリカリに炒ったものと、クリームチーズをトッピングにしました。市販の香味野菜の胡麻ドレでいただきました。

20060530-1all.jpg20060530-2.jpgあと、生ヒジキが1パック100円だったので、揚げさんと人参と一緒に炊きました。
最近、胡瓜の浅漬けが食べたいなぁ…なんて思っていたので、液体の浅漬けの素と一緒にジップロックに入れてモミモミ。冷蔵庫に1時間放って出来上がり。それと昨日のきんぴらゴボウ。

20060530-3.jpgわたしはご飯の代わりに、冷たいお蕎麦を1/3人前くらい食べました。ダンナさんにも小鉢でお裾分け。(←一番最初にこれを食べていたので、ちょっとだけ蕎麦は意外と気に入って貰えてる模様^^)


・ホッケ焼き。
・ひじき煮(+揚げ&人参)。
・ポパイサラダ(クリームチーズ+かりかりベーコン)
・胡瓜の浅漬け。
・きんぴらゴボウ。
・わかめと絹豆腐のお味噌汁。
・冷たいお蕎麦。
・ご飯。(ダンナさんだけ)
・エクレア。(お土産)←写真撮らずに食べちゃった




ごちそうさまでした。



お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

豚キム&焼鮭。@お魚強化週間

20060529-4.jpg20060529-5.jpgお米を食べないようにして10日弱。
メニューに大きな制限は付けていないものの、一応自分が食べるものは量を減らしたり、ローカロリーを心がけるようにしています。

で体重は、ちょっと(-0.5kg単位ぐらいで)落ちたり、維持したりという感じなので、ウエットフルをオーダーした今、最低限の目標を現状維持におくことにしました。願わくば、水着オンリーの季節の前に、あと2kg落ちたらベストかなぁ…という感じ。

ただしこの2kgの壁が大きいんだよね(´・ω・`)

で、それとは別に脳の活性化を図るべく(←TVの影響すぐ受けるバカw)、今週は魚メニューを強化しようと思い立ちました。

20060529-2.jpg20060529-3.jpgとりあえず、焼き鮭+焼きたらこ。


豚キムは平日なのでキムチは少なめ、味付けは焼肉のタレ少しと塩。キャベツと新玉ねぎ・人参など入れたのですが、味が染みないと食べて貰えないと思い、食べる30分前に作って、直前に温め直し。糸とうがらしと、自家製ネギ・白胡麻をトッピング。


他につけあわせは、キンピラ(思い切り柔らかく作ると美味しいって言って食べてくれるようになった)、茄子の味噌炒め、もずく酢。もずく酢は塩抜きした塩もみ胡瓜&ワカメ&白胡麻もプラス。






20060529-1all.jpg・豚キムチのキャベツ炒め。
・焼き鮭。
・焼きタラコ。
・きんぴらゴボウ。
・茄子の味噌炒め。
・もずく酢。
・ワカメと絹豆腐のお味噌汁。
・ご飯。(ダンナさんだけ)
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。



お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

サイゼリアご飯。

20060528-1.jpg20060528-2.jpg鵠沼の帰りはたいてい、乗換駅のサイゼリヤか中華屋さんで、簡単に食事をすませて帰宅します。帰ってから、ウェットスーツや水着・タオル、その他のギアを全て洗う作業があるので、そのパワーを温存するために(笑)

今年もその季節になりました。


サイゼリヤといえばミラノ風ドリア。その他にパスタとワインで。ここのワインは安いけど美味しいので好き。あとお水も。


美味しいお水と言えば、海に行く朝に必ず立ち寄る同じ駅にある箱根そば。ここもお水が美味しいです。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

神田一六堂で美味しいラーメン。

神田にボディボード用の3mmフルスーツをオーダーしに行きました。
無事、ダンナさんとわたしのスーツを買い、一日の任務完了。

20060527-1.jpg20060527-2.jpg安心するとお腹がすくもので、神田の駅に割と近いところでなんとなく看板見て「美味しいかも」と入ったのが『一六堂』というラーメン屋さん。地下のジャズバーみたいな内装ですが、れっきとしたこだわりのラーメン屋さんです。

豚骨ベースですが、まったく臭くなくてあっさり。背脂もはいってるのに、このあっさり感はなんだろう…というぐらい。とりあえず初めてのお店なので、塩を。
20060527-3.jpgチャーシューにしろ、使ってる海苔にしろ、とても美味しいお店でした。麺がコシのある太縮れ麺で、お店を出たあとにお店の外にあった製麺所の木箱を思わず撮って帰ってきました(笑)




【早めの晩ご飯】

・『一六堂』塩こってり+ネギ別盛り。

ごちそうさまでした。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

鶏の黄金焼き。

今週の土井善晴本(注:ディアゴスティーニ『わが家で和食』)にあったメニューを。

鶏むね肉1枚で2人分。皮をはいで厚さを半分にしてから、筋切りを。お酒とお塩をふって30分。
粉チーズとすり胡麻(各たっぷり)と塩で卵液に味付け。鶏むね肉に小麦粉はたいて、卵液をくぐらせます。
フライパンをかしげて、残りの卵液半量近くを流し、そこに鶏むね肉を。いい焼き色がついたらひっくり返してフタをして、じっくり6分程焼きます。

20060526-2main.jpg20060526-3.jpg「お!これ、旨いねぇ〜(≧∀≦)」
と、ダンナさんも大絶賛。お肉はむね肉なのに、みずみずしいままで外側の卵がふんわり。ピカタ風オムレツみたいな感じ。蒸し焼きにしてるので、ふんわり仕上がっているようです。

ケチャマヨソースも添えましたが、そのままで充分美味しいです。ごまはかなり入れても平気。


20060526-4.jpg野菜料理を1品。マイミクよっしーさんとこで見た茄子の肉味噌炒めが美味しそうだったので。みじんのニンニク&生姜・豆板醤・味噌・胡麻油などで味付け。しっかり味が染みないと、食べたときの感じが嫌だというダンナさんのため、食べる1時間前に作って、味が染みたところを温めて出しました。

で、貰った感想はコチラ(*'-')
「(色合いとかゴチャッとした)見た目がこういうのダメなんだけど、これはいいね。うん美味しい」

茄子好きなわたしとしては、もっと茄子食べて欲しいなぁ…といつも思うので、嬉しかった。

その他に、朝炊きしらす干しの賞味期限が今日一杯なので…と思って、大根おろしを作りました。いざ盛りつけようとしたら、しらすがなんとなく嫌な感じ。痛んではいないけどちょっと生臭かったので、この時期から食中毒とか怖いので、ポイ。

わたしの場合、賞味期限って決して過信してなくて、期限前でも風味が少しでも変わっている気がしたら食べません。でもその点、実家の母は「1日くらい平気よ〜(´∀`)」なんて言って食べちゃって、腹痛ひとつ起こさないんだから、つくづく丈夫なんだなぁと変なところで感心したりします(笑)


大根おろしをさてどうしよう…ということで油抜きした揚げさんをさっとコンロで炙ったものに和えてみました。糸唐辛子のせて、お醤油かけるだけ。ほとんどお酒のつまみですが^^;




20060526-1all.jpg・鶏の黄金焼き。
・茄子の肉味噌炒め。
・キツネおろし。
・大根と揚げさんのお味噌汁。
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。



お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

洋食屋さんのナポリタン。

何にしようか悩んで、まず今日出す予定のある副菜を思い浮かべる。

昨日作った、お総菜屋さん風のポテサラを出さなくちゃ…お総菜屋さん…あ!



洋食屋さんのナポリタンにしよう〜(=´∇`=)


いつも常備しているパスタはディチェコのスパゲッティーニ兇覆里任垢、『洋食屋さんの〜』を作るときだけは、オーマイと決めています。なのに買い忘れてきてしまったので、ディチェコで作ることにしました。

ずっと以前に、グッチ裕三さんがTVで「洋食屋さん風に仕上げるには、仕上げに牛乳を入れてマイルドにすること」と言っていたので、それからはずっとそのとおりに。

20060525-2.jpg20060525-3.jpgベーコン・玉ねぎ・パプリカ(今日は入れてみたっ!)・マッシュルームをスライスして軽くバターで炒め、ケチャップを。ある程度ここで煮詰めると、ベチョベチョしません。味付けは他に、塩胡椒と隠し砂糖。
茹で時間-30秒であげたパスタを入れて、よく混ぜます。仕上げに牛乳を入れて、水分を飛ばして出来上がり。

ナポリタンのときのパスタは柔らかめが好きなので、炒め時間を考慮してこのぐらいの茹で時間で。

スープは適当でいいかと、ベーコン・マッシュルーム・玉ねぎ・コーンなどをコンソメ+バター・塩胡椒で味付け。
ダンナさんによると
「すうぷ屋のオニオングラタンスープに似た感じ〜」
と言ってました。


今日はデザートにプリンと思っていたのに、ダンナさんが駅前でHIROTAのシューを買ってきてくれたため、これを食べることに。またも「小さいからいいよね^^」と甘いものを食べるときは、どこまでも自分に甘いわたし。
(写真を撮るのを忘れました)

こんなに甘いの食べさせて、太ったらどうする気なのでしょうか。
ドナドナをBGMに荷馬車に乗せられ、売られてゆくのでしょうか、わたし(汗)

*:..。o○☆ 以下、わたしの脳内劇場 ☆○o。..:*

「コロコロと太った子豚いかがっすかぁ〜(´∀`)」
「料理もできますよ〜(´∀`)」


「・・・(´・ω・`)」

*:..。o○☆ 脳内劇場 おわり ☆○o。..:*


20060525-1all.jpg

・ナポリタン。
・ポテトサラダ。
・コンソメオニオンスープ。


ごちそうさまでした。

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

鯖の味噌煮。

今日は、お魚と決めていました。

で、昼から行政サービスセンターに書類を取りに行ったり、郵便局行ったり。
スーパーに寄って、どの魚がいいかなぁ…と見ていると、張りのある太った鯖が。
鯖の味噌煮に決定。一匹380円なり。帰宅してすぐに、いつもの儀式です。

20060524-0.jpg頭と尻尾と内臓を取り除くと、そうでもないんだけど、それまではやっぱりダメ。
過呼吸になるよ?というぐらい、スーハースーハーしながらの作業。
お鍋に入れる生姜は、仕上げの針生姜をつくる為の皮の部分を厚めに切れば充分。
中に火が通ったら、いったん鯖をあげて、煮汁を煮詰めてからまた入れてて、あとは食べる時にさっと温めて。紫蘇も乗せました。


20060524-2main.jpg20060524-3side.jpg新じゃがでポテサラ。下町のお総菜屋さん風を目指して、ハムではなく魚肉ソーセージ。ポテサラは実はこれが一番好き。子供の頃によく食べていたのが、こうだったから。


ダンナさんが独身時代からこよなく愛する、しらす干し+大根おろし。そしてもちろん昨日の切り干し大根も。
ここまで出来上がったところで時計を見ると、ダンナさん帰宅まであと10分だったので、つけあわせにもう一品。冷たいかけ蕎麦。ほんの少しだけど、ちょっと嬉しいかなって。


20060524-4side.jpg20060524-5side.jpgお味噌汁といきたいところだけど、昨日のシチューがまだ少し残っているので、温めて出しました。
お魚の味付けが味噌煮だったから、かえってこっちのほうが良かったかな(笑)


20060524-6a.jpg20060524-6b.jpg帰宅したダンナさんは、なにやらまた後ろ手に。ケーキのお土産でした。
ここ数日、頭痛なんかでわたしがちょっと体調崩し気味だったので、買ってきてくれたたみたいなのですが
「わぁ〜いケーキ!でもどうして?」と聞いてみたら
「ん〜明日給料日だから〜」
って。だったら本当は、今日が一番お小遣いの寂しい日なのにね。




20060524-6desert.jpg20060524-1all.jpg・鯖の味噌煮。
・ポテトサラダ。
・しらす干し+大根おろし。
・切り干し大根。
・冷たいお蕎麦。
・クリームシチュー。
・ご飯(ダンナさんだけ)。
・冷たい煮出しウーロン茶。

・あのお店のケーキ。
・牛乳。



ごちそうさまでした。




ちなみにケーキは、ダンナさんがティラミス。わたしがチョコケーキ。

とっても小さいのだから、いいよね(≧∇≦;)

甘いものを食べるときは自分にも甘く(*´∀`)

お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

オーダー!くり〜むしちゅ〜。

「明日あたり、クリームシチューだったりしない?クリームシチューな気分なんだよなぁ〜(´ー`)y-〜」
なんてリクエストがあったので、作ってみました。

この質問スタイルをダンナさんがとる理由には
 1.既に食材の使い回しの関係で、わたしがメニューを決めている
 2.もう明日の下ごしらえをし始めている
この場合の回避として、こんなふうに言い出すのだと思われ。以前はよく「明日、○○作って〜」「え〜もう△△の仕込みしてるのに(´;ω;`)」なんてことがよくありましたから(笑)

ご用は朝から午後までかかり、帰宅すると3時くらいだったかな。遅いお昼を少なめに食べて、一休みしてちょっと調べ物をして、作り始めたのは6時になろうかというころ。

20060523-0.jpgベシャメルソースはもうすっかり作り慣れて、目分量で小麦粉とバターをポイポイ入れて、ぐるぐるぐるぐる…牛乳いれて、ぐるぐるぐるぐる…出来上がりです。半分は冷凍しておきたかったので、ちょっと固めに沢山作りました。

20060523-2main.jpgチキン・人参・おじゃが・玉ねぎ。あとダンナさんが冷やしてあった白ワインもちょっと拝借して少し(笑)
塩胡椒とわずかなお砂糖で味を調えただけです。水はほんのわずかしか入っていないので、濃厚で優しい味。
お好みでコンソメキューブを入れても美味しいですが、今日は思い切りミルク仕立てで仕上げたかった。


20060523-3kiri.jpg20060523-4salad.jpgつけあわせにサラダは必須として、あと1品。まあ、和食ライクでも良いかと切り干し大根を久しぶりに。


サラダにはダンナさんの好きな生ハムと、大嫌いなピーマンの親戚パプリカが同居。何も言わず出しました。


「食べてる食べてる…」と思いながらも食べ終わるまで、パプリカには触れず(笑)
食べ終わってから
「パプリカ食べてくれたぁ〜わぁ〜い(*≧∇≦)」と言うと
「ピーマンに似た嫌な味がしたけど頑張った( >ω<)=3 」
と顔をしかめてました。あはははは(笑)


ご飯がダンナさんの1千にはちょっと足りなさそうだったので、トーストも出したのですが
「足りない分はシチューお代わりするからいいよ(=´∇`=)」
ということで、わたしが1枚分だけ食べることに。残り1枚はトーストしてないので、わたしの朝ご飯となりました。


20060523-5desert.jpgお風呂上がりのデザートはコレ。



『ナチュキチ』で今月の新作のアイスクリーム皿を買いました。もちろん1つ100円。
合羽橋で小降りのパフェグラスを買おうと思ってもいたけれど、どうせなら使い勝手のいいこっちがいいなぁ…とアンティークなデザインのものをずっと探してました。そしたら、なんと。まだ入荷してまもないはずなので、欲しい人は急げっ(笑)

以前は、ダンナさんとのデートは渋谷が多かったので、渋谷店ばかり行ってましたが、最近はご用ついでに横浜ジョイナス店に行くことが多いです。

プリンはプリンMIXの『牛乳と卵で作るなめらかプリン』で作りました。バニラアイス添えて。
パステルの空き容器をいっぱい取ってあるので、それを使っているのですが、『なめらか〜』なのでお皿に移すとき大変でした。ちょっとだけ傾いてしまいましたが、美味しいので○。




20060523-1all.jpg・チキンクリームシチュー。
・生ハムサラダ。
・切り干し大根。
・ご飯。(ダンナさん)
・トースト。(わたし)
・なめらかプリン+バニラアイス・


ごちそうさまでした。

乳製品。 : comments (0) : trackbacks (0)

チキンのハーブ焼き。

昨日は、ピリピリと痛かった頭が、夕方くらいから辛くなってきて晩ご飯の準備をパスしようかなぁ…と思ったのですが、週末に買った鶏むね肉の賞味期限が、今日までだったので使ってしまわないと…と料理始めました。

何も思い浮かばないので、ついこのあいだ理香ちゃんが作っていたメニューを真似っこさせてもらいましたm(v_v)m

20060522-2main.jpg20060522-3.jpg(作り方自己流なので、ちょいアレンジ入ってます↓)
鶏むね肉の皮をハズして真ん中の包丁を入れてポケットを作ります。両面と内側にしっかりめにクレイジーソルトをふって、真ん中のポケットにチーズを。普通の箱チーズをカットして使いました。ポケット口は楊枝でとめて。

小麦粉を薄くはたいて、溶き卵にくぐらせパン粉を。あとはフライパンに1cmぐらいの厚さに油を流し、フタをしながら低温で焼き上げました。途中で、ベランダから千切ってきたローズマリーもポイ。

仕上げは蓋を取って火力を強め、両面をカリッと。

20060522-4.jpg20060522-5.jpg食べやすくカットしてから盛りつけたら、外側がカリッとしすぎて、衣がちょっとだけ外れてしまいましたが、中は柔らかくジューシーで、外はカリカリ。元・チキン苦手党のダンナさんがももりもり食べながら
「あれ?これって何肉?鶏?」
って言ってたので、かなりの大成功。ローズマリーって偉いなぁと思った次第。ソースは面倒になってしまって、ケチャップを使いましたが、普通に合ってて美味しかった(*≧∇≦)

スープはベーコンをバターで軽くいためたものと、大根・人参・いんげんを1cmぐらいにカットしたものをコンソメキューブ1/2個で柔らかく煮てみました。仕上げにコーンを入れて、塩胡椒で味を調えて出来上がり。


わたしはお米の代わりに、刺身コンニャクを。
でもお腹が一杯で、サラダを残してしまいました(汗)




20060522-1all.jpg・チキンのハーブ焼き。
・野菜とベーコンのコンソメスープ。
・野菜サラダ。
・刺身コンニャク+酢みそ。(わたしだけ)
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。



お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

パスタ2種。

実はつい先日、軽く宣言したプチ(?!)ダイエットは、フェードアウトしてました(笑)

何しろ女子のカラダは、1ヶ月のサイクルの中で水分をカラダに溜め込む時期と、そうでない時期があって、今回のデブ期にはなんと2kgもプラスしていて、ビビリング(汗)

「ウェットスーツのフルオーダーの前になんとか!」
と思ったものの、
「溜める時期を過ぎたほうが、落としやすいんだよねヽ(*´∀`)ノ」
なんて言い訳してました。

で…ヤセ期に入った昨日の朝、久しぶりに体重を計ったら、別に増えてなかった。それでも昨今のベスト体重よりは2kg程多い。

「今のうちに、あと-2kg痩せておこう!」

なので、ちょっと気をつけてみたいと思います。例によって、ルールはなし(笑)

-----------------


20060519-2.pasta1.jpg20060519-2pasta2.jpgダンナさんが『パスタカモン状態』
だったのでミートソース作りました。


でもわたし用には、明太パスタを。明太子はたっぷりめですが、バター少なめです。2種作るということで、わたしのは簡単な作り方です。

解した明太子をボウルに入れ、バター少々+マヨ少々+醤油+胡椒。これに茹で上げたパスタとゆで汁少し入れて混ぜ混ぜして完成。

たっぷりミートよりは、かなりカロリー低いと思うけれど、一応1/2人前の量で。


20060519-2pasta3.jpg20060519-3.jpgお腹の足しに刺身コンニャクの規格外の詰め合わせが、たっぷりサイズ1袋が98円とセール中だったので、お買いあげ。酢味噌を作って添えてみました。サッパリしてて美味しい。ゆずがあれば、もっと良かったのになぁ(´∀`)


20060519-5yu.jpg20060519-1all.jpgその他にはサラダ。新玉ねぎとキャベツの千切り。チーズ、アスパラなど。ノンオイルドレッシングで食べました。


・ミートソース(ダンナさん)。
・明太パスタ(わたし)。
・酢味噌コンニャク(わたし)。
・サラダ。

ごちそうさまでした。

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

鮪漬け丼&角煮。

豚の角煮を今日も食べようと多めに作っていたので、メインは決まっているとして、他なににしよう…ダンナさんに前日聞くと
「今日の取り合わせと同じでいいよ〜あれベスト」
みたいなことを言うし…ふむ〜(´・ω・`)。

「今日はゲームの集合時間がちょっと早いから、すぐ食べやすいものね〜」
と夕方さらにメッセージが来たので、急いで冷凍の鮪のお刺身を使った漬け丼にしました。

20060518-2.jpg20060518-3.jpg手抜きで市販の麺つゆに、解凍して切った鮪を漬け込むこと30分。炊きたてご飯に寿司酢をふり、うちわでパタパタ。お味噌汁は時間がなくて作れませんでした。

漬けにすると、安い冷凍鮪もトロンとして美味しくなります。
紫蘇を多めに盛りつけて正解。


20060518-1.jpg20060518-2.jpg角煮は昨日の夜から半熟卵を漬け込んでおきました。今日再度煮込むときには卵だけとり出して。あら熱さめてから軽く温めて盛りつけ。よく味が染みて、美味しかったです。
昨日、針生姜をトッピングするの忘れちゃったのですが、今日は忘れずに乗せました^^

・鮪の漬け丼。
・3日煮込んだ豚の角煮と半熟味玉。
・冷たい煮出しウーロン茶。
・冷たい煮出しルイボスティー。

ごちそうさまでした。



お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

八丁味噌風味の豚の角煮。

昨日の夕方から、湯河原で食べた角煮を再現すべく、下ごしらえを進めていました。

豚バラ肉を大きめにカットして、軽くフライパンで両面焼き、いつもならここで2〜3度茹でこぼすのですが、今回はその工程を1回に短縮。秘密は【ウーロンティーBAG】。生姜をポイ。ニンニクをまるごとポイと入れたあと、これをポイと入れて、決して沸騰させることなく弱火でコトコト。灰汁と溜まってきた脂はキッチンペーパで4回程吸わせて捨てました。柔らかい角煮の作り方を検索して見つけたこの方法、初めてですがなかなか良さそう。

いい加減お茶が出たところでBAGは取り出して捨てます。そのあと昨日は2時間くらいお鍋を火にかけてました。

今日になって、味付けを。まだ若干の脂が浮いているので、それを除きます。脂は普段よりずっと少なかったです。いつもなら冷蔵庫に一晩入れて脂を固めて取ったりするほどだったから。

この時点で既に、ウーロン茶の味やニオイは気になりません。

今回は、前回マイミクさんに指摘してもらった(この指摘がなければ、子供のとき母がそうしてたのを思い出すことはなかったかも)、黒糖を入れてみました。あとは湯河原のつる家のおばあちゃんの真似で八丁味噌(赤味噌)、それに醤油。お味噌は風味が付く程度に少なめにしてみました。軽く湯がいたコンニャクもここで投入。

そのあと弱火で1時間半ぐらいコトコトしたかな…。

20060517-4.jpg無事、やわらか角煮が出来ました。こんなに短時間の煮込みでこんなに柔らかいのはやっぱりウーロン茶効果なのかしら。八丁味噌の香りがいい感じ。ちなみにつる家さんのは、もっとお味噌が入っててこっくりした感じになっています。それも釜飯待ちの空腹には美味(。→∀←。)

(↑盛りつけたときはもっと照りがあったんだけどなぁ…(´・ω・`))


20060517-5.jpg20060517-6.jpgその他は、たたきキュウリに軽く塩をして梅肉で和えたもの。白胡麻をふり、仕上げに胡麻油を少しふりました。


わたしはご飯なしでお蕎麦メイン。たっぷりの大根おろしで、市販の山菜の水煮を乗せてみました。そば好きのダンナさんにも小さめのお椀で出してあげました。


20060517-1all.jpg20060517-2yo.jpg【ダンナさんメニュ。】
・八丁味噌風味の豚の角煮。
・キュウリの梅肉和え。
・冷山菜おろしそば。
・ご飯。
・お味噌汁。


20060517-3yu.jpg【わたしメニュ。】
・八丁味噌風味の豚の角煮。
・キュウリの梅肉和え。
・冷山菜おろしそば。


ごちそうさまでした。

お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

大人様ランチ。

昼近くになんだか嫌な寒気がするので、本を持ち込んで1時間以上、お風呂に浸かってみました。そのあと髪を洗ったりお風呂掃除をしたので、結局2時間近くバスルームにいたことになります。

雨上がり待ちしながら、1年ぐらい前のまだ携帯で撮った写真を載せていた頃の日記を読み返したりしてたら、この日の日記に目がとまりました(=´∇`=)

(この時のハンバーグ、最高にいい出来だったなぁ…ジュワワッとなかからスープが溢れてたんだよねぇ…)
なんて思い出したり。


なので今日は『大人様ランチ・リターンズ』でございます。

20060516-1all.jpg20060516-2.jpgハンバーグはいつもどおり、オールスパイス・塩胡椒・ニンニク少し・生姜少し・お醤油少しなどで味付け。デミグラスソースの気分ではなかったので、今日はマヨ+ケチャップ+ソースを合わせました。スタッフドピーマンを作ると必ずこのソースかけるのですが、今はピーマンNGなので久々の登場です。

唐揚げもいつものとおり。生姜とニンニクと玉ねぎすりおろして+醤油+酒で漬け込み、小麦粉+片栗粉をあわせた粉つけて2度揚げ。


20060516-3.jpg20060516-4.jpg大人様ランチなので、ナポリタンはオリーブオイルとバジルを少し使ってみました。フレッシュトマトとベーコン入り。

今日使い切りたかったものに、よく熟したトマトが2個。1個はパスタに、そしてもう1個はマイミクのちーちゃんに以前習った、トマチー焼きにしました。乱切りにしたトマト(熟しすぎてたのでザルで水分を少し切って)に塩胡椒して、とけるチーズ乗せてオーブンへ。


ご飯は、角切りにしたチーズ、ガリ(生姜の甘酢漬け)、貝割れをまぜてみました。

以前あまり得意じゃないとダンナさんが言ってたアスパラも、ハカマをとり根本の部分だけ皮をむき、軽く茹でたあと、焼きあがる寸前のハンバーグのフライパンに一緒に入れて軽く焼きました。

スープはガラスープの素を少しと、コンソメキュープ半分+塩胡椒し、水菜と溶き卵で仕上げました。


本屋さんに寄ったダンナさんの帰宅がいつもより15分程遅くなり、出来たてを出せなかったのが残念でしたが、どれもまぁ温かいうちだったので、美味しく。(もし出来たてなら、またあのハンバーグのジュワワッを体験できたはずなのに!)

料理しながら、あわてて旗を作ったので、何も思い浮かばなくて『大人様ランチ』と書いておきました(笑)




・大人様ランチ。
 (ハンバーグ・唐揚げ・フレッシュトマトとベーコンのパスタ・春らしいチーズライス・アスパラソテー)
・水菜と溶き卵のスープ。
・トマチー焼き。
・冷たい煮出しルイボスティー。


ごちそうさまでした。


20060516-5.jpg奏ちゃんが送ってくれたバナナシフォンをデザートにしようとしたらお腹がいっぱい。お風呂上がって、お腹を空かせてから食べようと思います(*'¬')
お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

2人前170円で中華粥。

昨日の夜はふたり揃ってなんだか寝付けなくて、睡眠時間はたぶん4時間程度。朝はとりあえずいつもの時間に起きましたが
「ごめんな…さい…ベンベン‥パスです…」
「…ん…いいよ…zzzzzz」
朝ご飯の仕度だけして、ダンナさんが食べてるあいだ、お風呂に入ってるあいだ、ボーッとした頭で生ゴミまとめたり、ベランダに水やりしたり。

お見送りのときもふたり揃ってボーッとした顔でした(汗)

日中は洗濯機を3回してベランダに干したり、掃除したり植物の手入れしたり。

たぶんもうすぐ電池切れます。ダンナさんは食後すぐに電池がきれて、
「じゃぁ先に寝るよ…早く寝‥るんd…グーグーグーzzzzz」
撃沈されました(笑)

で、本日の晩ご飯。
夕方届いたリクエストは【何か軽いもの】。

20060515-2.jpgなので、朝炊いて残っているご飯を使って中華粥にしました。
いつもは土鍋でお米から炊くのだけれど、今日は楽々ぽん。

チキンスープで鶏もも肉スライスをゆっくり茹でて、アクを取ったところにご飯を。我が家はトロトロンとしたのが好きなので、ご飯は洗っていません。(サラサラがお好みの方は、軽く水洗いしてヌメリを取ってくださいな)

塩で軽く味を調えて、ひたすらコトコト…15分くらい。あいだで水を加えながら、焦がさないように。仕上げにちょっぴり胡麻油を。


別鍋でお湯を煮立せ、酢をちょっぴり垂らして、生卵を割り入れたらポーチドエッグできあがり。半熟にしてお粥に。

横浜中華街の大好きなお粥専門店謝甜記(しゃんてんき)に習って、器の底に針生姜を。
プレーンな味で食べ始め、生姜に出会ってまた風味が変わるという感じです。
松の実の素揚げかクコの実(杏仁豆腐にのってる赤い実)を乗せようかと思ったけれど、揚げるのやもどすのが面倒で梅肉を。
(せっかく消費のチャンスだったのに^^;)


20060515-3.jpgこちらは、マイミクのyukiさんがおからのポテサラ風を作っていて、ちょうど我が家も先日注文していた粉末ドライおからが届いていたので作ってみました。粉末のおからに牛乳混ぜてちょっとしっとりさせ、レンジで1分強加熱。あら熱が冷めたところで、マヨ・すり胡麻・胡麻油・酢・塩・隠し砂糖・胡椒で味付け。茹でた人参とインゲン・缶詰のコーンを入れてみました。なかなか美味しくて、これからたまに作ることにになりそう。yukiさんありがとぅ♪


20060515-4.jpg20060515-1.jpgつけあわせは、もずく酢・焼きタラコ・おつけものなど。
なぜか「今日の焼きたらこウメー!」と叫んでいました。安売りの冷凍してあったのを解凍して焼いただけなのに(笑)


・中華粥。
・ポテサラ風おから。
・焼きタラコ。
・もずく酢。
・お漬け物2種。

ごちそうさまでした。

-*-

あ…本日の日記のタイトル、ご飯食べながらダンナさんが
「毎日ステキなご飯ありがとね」
と言うので
「ん〜でもね、今日は原価ふたりで100円ちょっとだよ〜」
と言ったあとちょっと気になって計算してみました。

卵が2個入ってるので、お米と調味料代もすべて入れて、2人前で170円くらい。ガス代含まず(笑)



お米メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

ソース味が欠乏してるの。

日曜の夜はゲームの日です(笑)

GWにいろいろお出掛けしたので、今週は土日続けて、お家でのんびり。今日は珍しく昼間も一緒にゲーム。

夕方にお風呂に入って、のんびぃ〜りししてから『うどん』を食べようという話に。ダンナさんはたぶん『うどん』と言うと卵とじうどんを食べたいと言うハズなのですが、わたしは焼きうどんの気分。

なので、開口一番こう言ってみました。

「わたしの中のソース味が欠乏してるから、焼きうどんにしようと思うの(*'-')」





I won!!!!!


想定の範囲内で、若干の抵抗はあったものの、結果はわたしの勝利でした(笑)

20060514-1.jpg20060514-2.jpg味付けは、おろし生姜・おろしニンニク・ガラスープの素・トンカツソース・オイスターソース・たこ焼きソース・おたふくソース・塩胡椒・醤油と、ソースのオンパレードです(*≧∇≦)

このソースの配分が、料理人の技の見せ処なわけです(適当とも言う^^;)


半熟の目玉焼きと大きめの花鰹をたっぷり、かいわれと青海苔・生姜をトッピングして。



・焼きうどん+目玉焼き。
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。


-*-

母の日は、1ヶ月くらい前からWEBで蘭の専門店を調べて、大阪の義母と、北海道のMy母ともに、2本立ての胡蝶蘭(アイビーなど観葉植物との寄せ植え)を贈りました。

20060514-ran2.jpg現物を見てないので心配があったのですが、昨日の夜に大阪から、今日は北海道から(北海道は配送に1日多くかかるので)と、ふたりの母から電話をもらいました。


(↑このスタイルで白い花弁の中央がピンクのものを注文しました)

北海道に届いたのは花びらの1枚が箱の底に落ちてしまっていたとのことで、グラスに水を張ってその花びらも飾ってくれたみたい^^

育てるのがちょっと難しいらしいのですが、フリーダイアルでいつでも相談を受け付けてくれるとのことで
「がんばって来年も、花咲かせてね(*'-')」と伝えました。

暫く華やいだ雰囲気を楽しんでくれればと思います^^
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

キュートでビッグなスイーツのサプライズ。

ゆうパックのピンポーンで目が覚めました。
寝ぼけ眼で
「あ〜!!!フジワラからお荷物届いたんだよ〜出て〜」
と訴えると
「俺、髪の毛爆発してるんだけどな・・・(汗)」
とか言いつつ、印鑑持って玄関へ。




20060514-sweets1.jpgそのあいだにわたしも起きて、ワクワクと荷物を待ちました。
で、届いたのはコチラ♪



札幌市北区のシホンハウスのバナナシフォンがなんと1ホール(๑→‿ฺ←๑)♡

一昨日、「荷物送るから住所もう一度教えて〜」と大親友でマイミクにもいる奏ちゃん(藤原嬢)から携帯にメールが。
このあいだの彼女の日記に書いてあったこのシフォンを送ってくれたとは気づかずに「おけおけ〜」なんて知らせたのですが^^

すぐにホイップクリーム立てて(料理に使った残りが運良くあった!)、ベランダからミントちぎってきて、即。

20060514-sweets2.jpg20060514-sweets3.jpgお茶は新宿高野のティーサロンで買ってきた特選ダージリンを、奮発して出してきました(笑)


このバナナシフォン、とってもしっとりしててふわっふわで、でバターの風味かな?程よい塩気があって、もうたまんない。
今までけっこうシフォンは好きでいろいろ食べたけど、甘さも控えすぎることなくしっかりしてて、スイーツ好きの奏ちゃんが絶賛するだけのことありました。


20060514-sweets4.jpg嬉しい&美味しいで感動したので、アップもう1枚(笑)



>奏ちゃん
こんな素敵な美味しいサプライズ、ありがとうね。
このお礼は必ずする。


覚悟しやがれヽ(๑→‿ฺ←๑)ノ

スィーツ・パン。 : comments (0) : trackbacks (0)

パスタとかビシソワーズとか。

某所に「これでわたしは彼のハートを射止めちゃいました♡ 」と紹介している鮭を使ったレシピを見つけ、ちょっとアレンジして作ってみました。

20060513-2.jpg生鮭に強めにクレイジーソルト→小麦粉をふり、オリーブオイルで両面を焼きます。天板に新玉ねぎのスライスをならべ、そこに鮭を。とけるチーズ、プチトマをのせてオーブンへ。


結果&感想:
わざわざ鮭はこうしなくても美味しいような(汗)
チーズと鮭の風味がケンカして、マイナスになっちゃってるかんじ。もしもこのスタイルで作るなら白身のお魚にベシャメルソース→チーズで焼くのがオススメ。あ!今度そうしてみよう(=´∇`=)


20060513-3.jpgスープは脳内レシピで適当に作ったビシソワーズ。
茹でたオジャガと玉ねぎ・牛乳とチキンスープの素・塩胡椒・お砂糖少し・バターをミキサーにかけて滑らかに。そのあと湯煎でよく加熱して、出来上がり。新玉ねぎだからあまり辛くないと思い、生でミキサーかけましたが、軽くソテーしたらもっと美味しかったかも。うん、これ採用。また作ります(*'-')


20060513-4.jpgパスタソースは、セールになっていた市販のものを週末用に買っておいたので、それを。パスタは、いつものディ・チェコスパゲティーニIIを取ったつもりが、間違ってフェデリーニを買ってしまってました。茹で時間が短いから、腹ぺこの今日にはぴったりと早速それを使いました(笑)

ベランダのイタリアンパセリがどんどん増えてきたので、たっぷりめにまぶしてみました。


20060513-1.jpg・トマトソースのパスタ。
・鮭のチーズグリル。
・ジャガイモのビシソワーズ。
・冷たい煮出しウーロンオ茶。
・冷たい煮出しルイボスティー。


ごちそうさまでした。


※ 今日はビシソワーズの白さが嬉しくて、
   全部白い食器でサーブしてみましたよ(*'-')

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

メニュー変更「そうめん!」。

今日は、生鮭を使って、作りたいメニューがあったのです。

が・・・


冷凍の鮭を朝から冷蔵庫に移動して、夕方レシピを確認していると、ダンナさんからこんなメッセージが。


「そうめん希望(=´∇`=)」


ついこのあいだ、そうめん作ってあげたばかりなのに…orz
でもはるばる、バリ島まで行ってそうめん食べる人なので、仕方ないんですよね(笑)

でも、我が家は朝のうちに一日のご飯を炊いてしまうので、晩ご飯分のダンナさんの白飯がある…さて、どうしよう。

20060512-2.jpgということで、再加熱してお酢を合わせて海苔巻きにしちゃいました。急いで、かんびょうと椎茸をもどして煮付け、厚焼き玉子焼いて…あとは桜でんぶ・キュウリ・紅ショウガ。ご飯が1本分ぎりぎりの量で、しかもちょっと巻きが緩かったのですが、味は美味しく。

20060512-3.jpg20060512-4.jpgいつも、そうめんはおろし生姜で食べるのですが、今日はチャレンジで千切りにしたり、ベランダから種で育てた青紫蘇の間引きした小さい葉っぱを刻んだり。あとは青ネギもベランダから。他にはみょうがも千切りにして、薬味いっぱいのおそうめんにしました。


このあいだの残りのみかん缶を添えたら、いっぱいすぎてよけながら食べたのは内緒。

20060512-1.jpg・太巻き。
・薬味いっぱいそうめん。
・冷たい煮出しウーロン茶。
・冷たい煮出しルイボスティー。


ごちそうさまでした。



パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

トローリトロトロ蟹玉。

20060511-1all.jpg昨日のNHKの番組で陳健一さんが「蟹玉&蟹玉に合うスープ」というのを作っていました。
「蟹は缶詰でも蟹カマでも美味しいよ〜」
と言っていたのですが、冷凍室に少し塩加減が強すぎて、使い道に困ってたタラバがあるのを思い出したので、さっそく使ってみることに。冷蔵庫で昨日の夜からまる1日かけて解凍したタラバをキッチンバサミでバラして身を細かく解しました。
塩気がきついので軽くキッチンペーパーで水分を取りました。

筍の細切り、千切り生姜、もどし椎茸の細切りをフライパンで炒めます。我が家の椎茸、ダンナさんが苦手&美味しい干し椎茸はけっこう高いので、生のどんこ椎茸が安いとき(1山100円とか)買ってきて、半分をスライスして干し、半分をそのまま干した自家製です。カラカラに乾いてからジップロックに入れて、冷蔵庫で保存しています。

野菜に火が通ったら、カニ肉も加え、軽く塩・胡椒・ごま油で味付けて、さっと水分を飛ばし別皿に。

玉子を解きほぐし(白身のトロンとしたのは箸でくずしたりしないほうがいいそうです。そのほうがふんわり仕上がるとか)、フライパンに少し多めの油を熱してから素早く流し入れ、ついでさっき炒めた野菜とカニ肉、細切りの葱も投入。木べらで形を整えながら軽く混ぜ、鍋を揺すって中の半熟感が残っているうちにお皿へ。

20060511-2.jpg20060511-4.jpg
フライパンを拭き取り、ガラスープ+砂糖+酒+塩+胡椒+酢+醤油少しだけをあわせてトロリとしたアンを作ってお皿に張ります。青葱散らして出来上がり。


20060511-5.jpgスープもその番組で陳さんが「蟹玉に合うんだよね」と紹介してたもの。

大根・人参・アスパラをさいの目に切ってガラスープ+塩胡椒で仕立ててナメコを入れてさらに水溶き片栗粉でトロミを増してあります。溶き卵を入れてすぐに火を切り、おたまでひと混ぜ。仕上げに葱油、少し。今日はアスパラが売り切れていたので(いつものドッキリセールをしてた)冷凍のインゲンで代用しました。


20060511-3.jpg最後の一品は、豚バラ肉の切り落としの長さとカタチのそろってるものに塩胡椒して、エリンギに巻き付けました。片栗粉をまぶし軽く握って中に火が通るまで揚げてから、チリソースに。チリソースはタイ製のスゥイートチリソース(これがまた辛い)にトマトピューレをあわせたものを片栗粉でトロミをつけて。ラストにサラダを作ろうとしたときに思いついて作ったのですが、結構美味しかったです(*≧∇≦)

テーブルに並べてから、今日は3品とも片栗粉を使っていることに気が付きました(笑)


蟹玉は実はこうして蟹肉使ってレシピ通り作るのって初めて。今までこんなもんだろうと、想像で作ったことは2回ぐらいあるけど(笑)あんにお酢がちょっぴり入ってることや、生姜のみじん切りがこんなに味を引き立たせることに感動。

ダンナさんも椎茸以外は美味しいと言ってモリモリ食べてくれました。


20060511---6.jpg・蟹玉。
・エリンギの豚ロールのチリソースがけ。
・大根とナメコのトロトロ玉子スープ。
・芝漬けとつぼ漬け。
・冷たい煮出しウーロン茶。

わたしはご飯を食べずに、つけあわせのキャベツ千切りをたっぷり。


ごちそうさまでした。
卵メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

鰹のタタキとDietメニュー。

昨日、GW中のとあわせて今週分の週刊『我が家で和食』をダンナさんが買ってきてくれました。今回のメインは『鰹のタタキ』。

「いいなぁ〜鰹のタタキ。食べる?」
と聞くと
「うん!いいねタタキ(´∀`)」
我がオット、ここ最近さらに好き嫌い番長を返上しつつあります。

生の鰹を買ってきて自分でタタキにしてみたかったんだけど、あいにくイイのがなくて、「ん〜(´・ω・`)」と思いつつ、既に炭火でタタキにしてあるものを1サク買ってきました。

20060510-2.jpg20060510-3.jpgミョウガ・生姜・新玉ねぎ・ニンニク・青ネギ・青紫蘇などなど、スライスしたり千切りしたものを、食べやすく切って軽く塩をした鰹をバットに広げ、まんべんなく乗せて。三杯酢を作って、手でパッパッパと振りかけ、全体を手のひらでタタキます。で、冷蔵庫で30分程。切り身を1枚づつ返し薬味を今度はそちらに。そしてまた三杯酢を軽く、パッパッパ&手のひらでタタキ、冷蔵庫へ。

食べる直前でお皿に盛りつけ、薬味を新たにまた少し散らして、出来上がり。生姜醤油で頂きました。


20060510-4.jpg20060510-5.jpgお家で、こんなに沢山の薬味を乗せて食べるのは初めてでしたが、ダンナさんもモリモリとよく食べてくれました。紫蘇はたっぷりめが美味しかったです。


水菜と千切りの人参をさっと茹でて、胡麻和えに。ダンナさんはお腹が一杯になってしまい、一口しか食べませんでした。

20060510-6.jpg茄子のお味噌汁、絶対にNGだと思っていたら、このあいだふと
「よく味が染みてたら茄子の味噌汁、食べられるよ、俺(´∀`)」
と言っていたので、作ってみました。あまり嬉しくはなさそうだったけど、大好きな油揚げと一緒にしてちょっといつもより麹味噌を多めにして濃いめの味付けにしたらので、なんとかイケたようでした^^


20060510-1all.jpg【ダンナさんメニュ。】
・鰹のたたき。
・昨日の大根の煮物。
・水菜と人参の胡麻和え。
・茄子と油揚げのお味噌汁。
・白飯。
・芝漬けとつぼ漬け。
・冷たい煮出しウーロン茶。


【わたしメニュ。】
・鰹のたたき。
・昨日の大根の煮物。
・水菜と人参の胡麻和え。
・茄子と油揚げのお味噌汁。
・木綿豆腐の冷や奴。
・芝漬けとつぼ漬け。
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。


ダイエットメニュー。 : comments (0) : trackbacks (0)

【 】バトン。

頂いたお題は【お弁当】。
では、参りますわよ(=´∇`=)


◆最近思う【お弁当】

マンネリ化してきてるので、もっと華やかで美味しいお弁当を作りたい。
お弁当箱をもう1つ買ったら詰め合わせのバリエーションにも変化が出るのかなぁ…とか。


◆この【お弁当】には感動!!!!

札幌の『はちわか』のお弁当。サイトを検索したら、支店が出来ててびっくり!!
まだハタチくらいの頃、ここの近くに友達が住んでいたので、遊びに行くとたまに買っていました。
働いている人はおばーちゃんばかりだったけど(笑)、味はどれもおかーさんの手作りって感じで美味しかったです。
値段の割にボリュームが凄かった記憶が。すぐに売り切れてしまうお稲荷さんが絶品!照りも良く、いい味付けで美味しかったぁ〜。
何種類かある600円弁当or日替わり弁当(600円)がコストバリュー高し!
就職してからもここのお弁当食べたさに、「たまにお弁当食べたくないですか?(訳:車を出せ)」と社長に言って、店にベンツ横付けしてもらったりしてました。


◆直感的【お弁当】

夜更かしした翌日の、寝ぼけ眼で作るお弁当。
パジャマのままキッチンへ向かい、本能のままに作っています。


◆好きな【お弁当】

・お稲荷さんや海苔巻き。寿司飯が使われていると嬉しい。
・オカズがちょっとずつ何種類もあるものも、女子にはたまりません。
・和食屋さんのランチにある、お刺身入りの洒落たお弁当も好き。
・富山名物のますのすし。

◆こんな【お弁当】は嫌だ!

・生の食材とコンロが入っているお弁当。←もはやお弁当ではないけど^^;
・飾りのパセリが料理の種類に関係なく、やたら使われているお弁当。
・完全に白飯と梅干しだけの日の丸弁当。

◆この世に【お弁当】がなかったら…

ダンナさんが、週に2回はテンイチに行ってしまい、来年の健康診断におびえるようになると思う。
間違いない!


◆次に回す人、5人(【指定】付きで)

うーんうーん(๑→‿ฺ←๑)
クッキンフレ方面に回してみます(*'-')v
あと、ダンナさん。これは職業人としてのなのか、趣味としてのなのか、妻としても興味深いので(笑)


○○ちゃんに【料理】
○○ちゃんに【One-Peace! 】
○○さんに【ダーリン】
○○○○さんに【家族】
ダンナさんに【音楽】



時間あって気が向いたときにでもよろしく〜。
でも忙しかったら、
ポイ(´∀`)つ⌒oしちゃってもいいからね〜。
その他。 : comments (0) : trackbacks (0)

カレーうどんとDietメニュー。

20060509-1.jpg20060509-2.jpg今日は、理香ちゃんの昨日の煮物を見てすっかり煮物モードに。午後から買い出しに行き、コンニャク2丁(1丁は後日)・厚揚げ・冷凍のインゲン・ゴボウ等々仕入れてきました(*'-')

一応、煮物はダンナさんにも食べて欲しいので椎茸は入れずに、鶏もも肉と鰹出汁+みりん+醤油などで味付け。


20060509-3.jpg20060509-4.jpg前回のようなリセットダイエットの完全版ではなくて、それを自分なりにアレンジして低カロリーな食事を続ける予定です。

木綿豆腐は新たまねぎ+青ネギ+梅肉を添えて味ぽんで。初めて買った梅干しが思ったより酸っぱいタイプだったので、これは普通のダシ醤油が良かったかも。


20060509-5.jpgヨーグルトはみかんの缶詰とベランダのミントを添えて。添付されているお砂糖は使いませんでした。


調理の途中でダンナさんに
「今日カレーうどんでいい?それても別のがいい?」
とメールすると
「カレーうどん超希望(´∀`)」
と返事が。帰宅してから聞いたらお昼に、カレーうどんか豚骨ラーメンか迷って、豚骨ラーメンを食べたそうです。(お弁当パスしちゃった)

これでやっとカレーが全て片づきました(=´∇`=)



【ダンナさんメニュ。】
・カレーうどん。
・大根の煮物。(大根・人参・インゲン・ゴボウ・鶏もも・厚揚げ・コンニャク)
・冷たい煮出しウーロン茶。
・ヨーグルト+みかん缶。
   …お豆腐は食べてくれなかった(´・ω・`)



【わたしメニュ。】
・大根の煮物。(大根・人参・インゲン・ゴボウ・鶏もも・厚揚げ・コンニャク)
・梅冷や奴の新玉ねぎ添え。
・もずく酢。
・インスタントのお味噌汁(葱だけ追加)。
・ヨーグルト+みかん缶。
・冷たい煮出しウーロン茶。

実はわたしお味噌汁がいつも最後に残り、お椀に半分で満足してしまうという…なのでインスタントにしました。
ほんとはなくてもいいぐらいなんだけど…(´・ω・`)



ごちそうさまでした。



ダイエットメニュー。 : comments (0) : trackbacks (0)

王様カレーとDietメニュー。

前回ダイエットしたのって1月の終わり〜2月前半にかけてだったのですが、ここにきて1〜1.5kgくらい戻ってしまいました。まぁ、もう数週間で毎週の海がよいが始まるので、この程度ならすぐになんとかなる…と思っては見たものの、大きな課題が!

うちはふたりとも、スプリングという半袖で太もも丈のウェットしかもっていなくて、それを着たらなんとか6月〜10月まで入れるかなぁ…という感じ。去年の秋に買ったばかりだし、今年の秋にでもフルスーツ3mm(4月〜11月まで入れるようになる)の買おうか…なんて話していたのですが、このたびシーズン前に買うことに決定。理由は秋買っても今買っても、出ていく金額に違いはないから(笑)

20060508-1.jpg20060508-2.jpgただし、ダンナさんは既製品(いわゆる吊るし)で充分だと思うのですが、わたしはフルオーダーしなくてはいけない。スプリングなんてウエストから腰回りがブカブカでしかも着丈が長すぎて、子供のタイツ状態。格好悪いし水も余計に入って来ちゃう(>ω<*)

で、ダイエット決行!!!!!GW入る前に決めていたのですが、最後の足掻きで
「GWはいっぱい美味しいもの、ガマンしないで食べよう」
なんてしてたんで、ハードル自分でちょっと高くしちゃった、あははははは(笑)

フルオーダーの注文から完成までどのくらいの期間が必要か判らないので、とりあえずは10日〜2週間で観念する予定。

ウェット買っちゃったら、たぶん数年は着るから、もう太れない!Mustで縛るというわけです(笑)


20060508-3.jpg効果的なダイエット方法を調べたら良かったんだけど、とりあえず前回のが慣れてるから、あれを基本にしようかな…と。本格的には明日の朝から始めるとして、今日の夜はご飯を食べないでみました。

ダンナさんは、2日目のいい味になった王様カレー(*'¬')


共通メニューのチキンの棒々鶏風のサラダ。
これは茹でた鶏もも肉を細かく割いて、味噌+酢+砂糖+すり胡麻+お醤油で和えただけ。
レタスとキュウリ千切りと一緒に。トッピングに糸唐辛子を。


20060508-diet1.jpg20060508-diet2.jpgわたしのメニューは、ダエットメニューでもなんでもないんだけど、カレーよりはいいかなぁ…ということで、この間何かの雑誌で見たお料理の真似。しっかりめにクレイジーソルトを振った鶏もも肉を、両面じっくり蓋をしながら焼きます。落ちた脂はこまめにキッチンペーパーで吸い取って。中まで火が通ったら、サルサソースをたっぷりととけるチーズを乗せて、蓋をして弱火に。(本ではオーブンで焼くとありました)チーズがとけたら出来上がり。脂がたくさん出たので、かなりカロリーダウンにはなっているかと。チーズは控えめにしました。

あとは冷や奴。珍しく木綿豆腐を選んだのはお腹持ちがいいように。


【ダンナさんメニュー】
・2日目王様カレー。
・チキンの棒々鶏風サラダ。

【わたしメニュー】
・鶏もも肉のサルサチーズ焼き。
・チキンの棒々鶏風サラダ。
・冷や奴。

ごちそうさまでした。

ダイエットメニュー。 : comments (0) : trackbacks (0)

王様メンチカツカレー。

GWラストということもあり(全然、理由になっていない)「晩ご飯は手抜きでご飯もの1品でいいっか…w」と昼ぐらいから思っていました。わたし的にはカツ丼な気分だったので、お弁当用のヒレカツを1人3個ぐらい使って、玉子でとじようかなぁ…と思って、ダンナさんに伝えたら
「えー今日はカレーって言ったやん!湯河原行く前に言ったヽ(`д´)ノ!」
とのこと(汗)

確かに言いました

でもわたしの中のモードがカツ丼になっていて、こちらとしても譲りたくないところ…

でも挽肉も使っちゃいたかったんだった…あ、明日のカレーを今から作ればいいのか。いやまてよ、わたしはカツ丼でダンナさんはカレーでもいいかな…

20060507-1.jpg20060507-2.jpg一旦、ダンナさんが
「じゃいいよ…おれもカツ丼で(´・ω・`)玉子トロトロにしてね」
と間で言っていたのですが、いろいろ思いながら、とりあえずカレーを作り始め、だんだんとキッチンにカレーの香りが漂い味見なんかすると、気が付いたらわたしもカレーモードに。

ちなみに今日は、リンゴを1個みじん切りにして入れてみました。


わたしはカツカレーにしてみました。


20060507-3.jpgダンナさんに
「メンチとカツどっちがいい?」
と聞いてメンチカレーにしてあげましたよ。といってもこれもお弁当用のストックなので楽なのですが。


・メンチカツカレー。
・カツカレー。
・冷たい煮出しウーロン茶。


サラダは、なしっ!(笑)
お米メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

煮玉子しょうゆラーメン。

20060506-3.jpg小旅行の前に東急に一緒に行ったときに、麺類のコーナーでダンナさんが「コレ、興味あるなぁぁぁ〜(≧∇≦)」
と選んだ2食入りラーメン。

「えー美味しいのかなぁ…しかも他のよかちょっと高いよ〜」
と渋るわたしに
「旭川しょうゆって書いてるよ!」
と故郷キーワードで挑んできます(笑)

20060506-1.jpgで、これは旅行から戻った日の晩ご飯にしようと、出かける日に半熟煮卵(変換したら『煮た孫』って出た!!!!)を仕込んでおきました。

が…湯河原に着いてから、冷蔵庫に入れ忘れたことに気が付き…(;´д⊂)帰宅したら、案の定ダメになってました4個。

なのでいつもの3倍くらいの濃い漬けダレで、急遽作り直し。
1時間程漬け込むと、側にはしっかり味が付いている模様。

ベランダのネギもどんどん成長しているので、多めにとってきていっぱい入れてみました。

20060506-2.jpg『旭川しょうゆ』と銘打ってるわりには、かつおダシが全てというような味付けになっていて「んんん?」という感じ。
『旭川醤油の特徴』はもっと豚骨で、もっとこってりラードしっかり(なんたって寒いから)って感じなんだけどなぁ…。

でも美味しいことには変わりないから(とくに麺はコシのある太麺で美味しい)、いいんだけど(笑)


で、今改めてパッケージ見たら、旭川の有名な製麺所ファミリー(?)の監修みたいで…納得。麺とスープは別物だから(笑)


・煮玉子しょうゆラーメン。


ごちそうさまでした。
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

つる家の釜飯。

お宿を12時にチェックアウト。

お昼を食べるのはまだちょっとお腹がこなれていなかったのですが、湯河原へ来たからには行かなくてはいけないお店が!

20060506-turuya1.jpg20060506-turuya2.jpg20060506-turuya3.jpg駅前からちょっと入ったところにある「つる家」という釜飯家さん。今年78歳になるお母さんが、34年間ひとりでのれんを守ってきました。去年のGWにネットでのクチコミを頼りに、初めて来たのですが、ことあるごとに「お元気だといいね」「また行きたいね」と我が家の話題にのぼっていました。

今回は前回やはりお腹がいっぱいで注文をあきらめた評判の豚の角煮を。お腹はけっしてペコペコではないけど、食べずに後悔するよりまし!と注文。

20060506-turuya4.jpg20060506-turuya5.jpg20060506-turuya6.jpgお母さんに伺うと丸2日コトコトと火にかけているそうです。
八丁味噌の風味がほんのりして、いつも角煮と言えばお醤油の味付けをイメージしていますが、これがほんとに美味しかったです。添えられた蒟蒻は手作り蒟蒻らしく、ものすごい弾力が。是非試して欲しい1品です。

注文を受けてからつくる釜飯。出来るまでに30分ちょっとかかりますが、そのあいまにもニコニコと笑顔の可愛いお母さんと会話したり。


お客さんが書きつづってくれたメッセージを読むのが何よりの楽しみだとか。去年のわたしたちの書き込みも見せて頂いて、おばぁちゃんの家に遊びに来たようなうれしいひとときを。

20060506-turuya7.jpg20060506-turuya8.jpg20060506-turuya9.jpgわたしはホタテ釜飯。ダンナさんは去年と一緒で鶏釜飯。
ぬか漬けも、お味噌汁(「ひとふりすると美味しいのよ」と七味を出してくれました)もとっても美味しく
「ごめんなさいね、ホタテすこし焦げ気味かも、ちょっと目を離すとね…」
なんておっしゃってましたが、このお焦げが食べたかったの!という感じ。自宅で飼っているという名古屋コーチンと南米産の鶏カロリーナのゆで卵をお土産にいただいてお店をあとに。

「お母さん、また来ますからね。お元気でね^^」
と言ってお店をあとに。

いつまでも健康でお店を続けて欲しい、大切な湯河原のお母さん、もといおばぁちゃまです。
お店ゴハン。 : comments (2) : trackbacks (0)

日本の朝食。

20060506-morning1.jpg20060506-morning2.jpg20060506-morning3.jpg




8時過ぎに内線で
「朝食のご用意ができましたので、広間にどうぞ」
と連絡が来ました。

20060506-morning4.jpg20060506-morning5.jpg湯豆腐・鯵の開き・温泉玉子など。お味噌汁は好きな具を入れられるようになっています。

平日の朝は、お味噌汁とご飯。お漬物か塩昆布程度で軽く食べる(わたしはほとんど食べない)のですが、今日はご飯をおかわりしてモリモリ食べました。
朝ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

温泉で上げ膳据え膳。

20060505-1.jpg20060505-2.jpg20060505-3.jpg


20060505-4.jpg20060505-5.jpg20060505-6.jpg




湯河原温泉にやってきました。

お料理は全部で12〜13品で食べきれないくらいでした。
ダンナさんが宿選びから予約までしてくれて、わたしの為に蟹盛りコースを選んでくれました。

日本酒ちびちびやりながら(´∇`)
蟹をむくのは、北海道育ちで慣れてるわたしの担当。

20060505-7.jpg20060505-8.jpgお料理はどれもいい味付けで、大満足。
しいていうなら多すぎた…。


ご飯はラストにお茶漬けにして、ちょっと食べただけ。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

お刺身とおそうめん。

20060504-1.jpg20060504-2.jpg20060504-3.jpg晩ご飯は、おそうめんとセールだった鮪のお刺身で。
お刺身のつけあわせの大根は、かつらむきが出来ないので、スライサーで縦に薄く切ったあとひたすら千切りに(=´∇`=)まぁ、理屈は一緒のハズ(笑)


缶詰のミカンを一緒に盛りつけるのは初めてだったけど、意外と箸休めになって良いですね。お店で食べるとよくミカン&さくらんぼ・キュウリが乗ってたりしますよね。

木の芽は、このあいだポットで買ってきてベランダの鉢に移植したもの。これが山椒の木だったこと、初めて知りました。
手のひらでパンッとたたくといい香りが。

あとネギもベランダから持ってきたものですね。
ネギの苦手なダンナさんですが、ベランダで取れたと知って
「お〜ベランダ産か〜(´∀`)」
と喜んで食べてくれました。これは今まで捨てていた根本の部分を差して育てたので、原価ははてしなくゼロ(´∀`)v


・鮪のお刺身。
・そうめん。(錦糸卵・千切り紫蘇・ミカン。おろし生姜・葱など添えて)


ごちそうさまでした。
お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

ブランチはフレンチトーストで。

20060504-lunch1.jpg20060504-lunch2.jpgお昼はフレンチトーストで。
休日は出来る限り目覚ましをかけないで自然に目覚めたい!
それも幸せのカタチのひとつと信じる我が家ですが、夜更かしいくらしても結局はお腹が空いて午前中には目覚めます。

といっても朝兼昼のブランチで、おまけに今日は午後からプールに行くのでしっかりとっておきたいところ。

「食パン、早く使っちゃいたい〜」
と言うと
「フレンチトーストとスクランブルエッグ希望〜」
とのこと。メニューを自分から指定してくれるなんて滅多にないので張り切って(*'-')


フレンチトーストの玉子液、甘さは少し控えめで、バニラエッセンスを2滴。入れすぎるとくどくなっちゃうので、けっこう慎重にポタポタ…と。

キャノーラ油とバターを半々で焼きました。ほんのり感じるバターの塩加減が美味しい。

パンを玉子液にひたしているあいだに。お手軽ナポリタンを作りました。麺を茹でて最後に火を切る直前に玉ねぎスライスを入れて、お湯を切ります。麺を茹でたお鍋にパスタ+油とケチャップ+調味料を戻して、火にかけるだけ。お手軽というより『グータラ』ですね。お弁当のときもこんな感じだったり(笑)

餃子の皮が余っているので、チーズを包んであげました。


・フレンチトースト。
・スクランブルエッグ。
・揚げチーズ。
・ナポリタン。
・スティックキュウリ。
・プチトマ。
・牛乳。(ダンナさん)
・オレンジジュース。(わたし)

・ごちそうさまでした。

朝ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

天ざる蕎麦

20060503-lunch0.jpg20060503-lunch1.jpg20060503-lunch2.jpg
お昼は日帰り温泉へ。詳しくはメインblogを参照下さい(*'-')

たっぷりお湯に浸かって、お風呂上がりはビールとフライドポテト。

帰り道で、ずっと食べたいと思っていたところのタコ焼き買って貰って大満足。


20060503-1.jpg20060503-2.jpg帰宅すると、ゲームのイベントまであと45分くらいで、あわてて晩ご飯の仕度。30分で作って、15分で食べました(笑)

で、作ったのは生蕎麦茹でてザルソバ、それに天ぷらを揚げました。


天ぷらといえば海老が筆頭素材ですが、海老NGの我が家では、とり肉を。(今日は鶏むね肉)薄く繊維に垂直にそぎ切りすると、白身魚の天ぷらのようにさっぱりしてて美味しいです。


20060503-3.jpg明日が賞味期限の竹輪があったのでダンナさんが「ベンベンに入ってると嬉しい」と言っていたカレー風味の天ぷらにしてみました。



【瀬田温泉】
・ビールジョッキ生…各1。
・スパイシーポテト。

【二子玉駅前】
・ジャンボたこ焼き+ウーロン茶S。

【バンバン】
・ざる蕎麦。
・天ぷら。(鶏むね・カボチャ・青紫蘇・茄子・カレー竹輪)
・3色ナムル(昨日の残り)。

ごちそうさまでした。
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

焼肉&スイーツ。

焼肉&スゥイーツなお土産。
昨日、寝る前だったかな?「明日なに食べたい?」なんて話をして、ゲームお休みdayだからイベントチックなものでもいいよねと、焼肉にしました。

午前から夕方までお出掛けのご用があったため、帰る途中で横浜CIALのフードプラザで対面売りのお肉を何種類か選んできました。ここのお肉はとても新鮮なのにお値段が近場のスーパー並みでお気に入り。

20060502-1.jpg20060502-2.jpgもやしのヒゲと根を1本ずつ取り除いたものを塩茹で。蓋をして茹でるともやし独特のくさみが消えるそうです。ほうれん草、千切りにした人参も同様にして、水を切ったあとごま油をまぶして簡単ナムル3種類。

わたしは最後、お茶碗のご飯にお肉と混ぜてビビンバ風にして食べたりしました。

20060502-3.jpg20060502-4.jpg焼肉のときはあまり野菜を食べてくれないので、ちょっとずつ。もやしだけさっと茹でてあります。茄子・新玉ねぎ・エリンギ・カボチャ・人参。

玉ねぎは、皮を剥いて丸い状態で、楊枝を5ミリ間隔ぐらいに深く差して、楊枝と楊枝のあいだに包丁を入れました。


20060502-5.jpgお肉は牛カルビ・薄切り牛ロース・豚タン葱塩・牛カルビニンニク塩の4種類。豚タンはレモンを絞っていただきました。


今日はわたしがとても心配する出来事をダンナさんが引き起こし(大切なモノをなくしたと勘違い)、ほんの5分程でそれは見つかって解決したのだけど「ゴメンネ」のお土産が(*≧∇≦)

20060502-sweet1.jpg駅前のケーキ屋さんに寄ってきてくれました。ダンナさんの帰宅は8時半近くになってしまうので、いつもケーキの種類が少ないと言ってました。おまけに今日はそれなのに結構お客さんがいて、並んで買ってきてくれたそうです^^

あんな可愛くてお洒落なパティスリーで、女性客に混じって並んでまで買ってきてくれた姿を想像すると、なんだか嬉しく。

20060502-sweet2.jpg苺ショートとミルフィーユ。
ミルフィーユは苺がたっぷりで、苺にのったカボチャの種がハート形でした。


・焼肉。
・ナムル3種。
・冷たいウーロン茶。

・苺ショート。(ダンナさん)
・苺ミルフィーユ。(わたし)
・牛乳。


ごちそうさまでした。
GW明けからダイエットします…(汗)
お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

タコライスと緑のスープ。

このあいだお友達の日記で、タコスな晩ご飯を見てから、近いうちに作ろうと決めてたのですが、とりあえずタコライスを作ることにしてサルサソース開けました。

20060501-1.jpg20060501-2.jpgあったかご飯に、とけるチーズ→レタス→サルサソース→炒めて味付けた挽肉という順にのせていきました。


あと数日前に、NHKの食彩浪漫という番組で、工藤夕貴が作っていたホウレン草のスープが美味しそうだったので作ってみました。

コンソメキューブを1個入れたお鍋で、玉ねぎスライスをことこと煮る(玉ねぎはMyアレンジで入れてみました)。お水の量はホウレン草がぎりぎり茹でられる量でいいかな。そこによく洗ったホウレン草を入れて火が通った頃に、裏ごし。わたしは手間省略でミルサーで一気にすりつぶしました。湯煎したお鍋に、ホウレン草ペーストとさっきのコンソメスープ+生クリームを入れて味を調える。出来上がり〜(=´∇`=)キレイな色でしょ。

タコライスと挽肉がかぶるなぁ…と思ったけど、前日の担々麺で残った豚挽肉が少しだけあったので、餃子にしちゃいました。GWとはいえ我が家にとっては平日なので、ニンニク控えめ。


20060501-3.jpg20060501-4.jpgいつも餃子を作るときは、皮の打ち粉が片栗なので、タネを包んだあと、おしりの部分に片栗粉をつけてバッドに並べているんですね。(餃子からもしも水分出てもくっつかないように)

20060501-5.jpgわたしが勝手に想像した方法なのですが、それを普通に焼いて、途中で差し水して蒸し焼くと、羽根つき餃子になります。が、最近どうやら焼くときに水溶きの小麦粉を少し加えるという方法が多いことに気が付き、今回試してみました。

綺麗な羽付きに。ちょっと焼きすぎたのはご愛敬^^

・タコライス。
・餃子。
・ほうれん草のポタージュ。
・マカロニサラダ。
・冷たい煮出しウーロン茶。(ダンナさん)
・冷たい煮出しルイボスティー。(わたし)

ごちそうさまでした。

数日前からルイボスティーを飲むようになりました。
お肌にとってもいいんですってよ、奥さん(*'-')

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other