<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

休みの日はこんな感じ。

朝:
十五夜さんの晩ご飯の残りの、海苔巻き+お稲荷さん+お団子を食べて鵠沼@湘南へ出撃。

昼:
鵠沼にお昼着。
とてもFunないい波がセットで来て、途中のファミマで買ったオヤツのシナモン林檎のポッキー1箱を分けて食べただけで、あとは夕方までずっと波乗り。
ふたりそろって、夢中になって遊びました。

20061007-dinner1.jpg20061007-dinner2.jpg20061007-dinner3.jpg夜:
腹ぺこにつき(笑)家まで持ちそうもなく、途中のサイゼリヤで晩ご飯。ワイン飲むとヘロヘロになりそうなぐらいに疲れてたので、グラスビールのみ。

ダンナさんはサイゼリヤで初挑戦のハンバーグ。一般的なハンバーグ+サラダとライスで、ちょっと味見したけど、お値段考えたら充分美味しかったです。

わたしはペンネアラビアータ+サラダとパンプキンスープ。ここペンネは割と美味しいです。ペンネの歯ごたえがちょっと苦手だけど、ここのは柔らかめでソースもいっぱいで好き。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

テンイチの新たな楽しみ方。

20060922-dinner1.jpg20060922-dinner2.jpg一緒に渋谷までお買い物に。

お腹が空いたので、渋谷といえばテンイチ(ぇ?

もう最近普通じゃ満足できなくて、唐辛子味噌とかニンニク味噌を局所的にたっぷり入れて、そこに麺をひたして食べたり、仕上げはスープに酢を入れてみたり(←これは天下一品系のコミュで紹介したら、けっこうファンが出来ました(笑)
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

この3連休の食べ記録。

一部はあとから個別日記で載せるとおもうけれど、ざっと。

■初日はIKEA港北行ったり、自宅でカレー食べてました。

あ…IKEAでのハプニング日記をダンナさんがアップしてますが…(>ω<*)みんな引かないでね(汗)

■2日目が始発で鵠沼。

海行く日の朝ご飯と決めてる乗換駅の箱根蕎麦も開店前なので、コンビニで調達。わたしがジャージャー麺でダンナさんがミートソース。電車待ちのホームで食べました。電車に乗ってから、ダンナさんが買ったタマゴサンドを1個ずつ。

20060917-0sweets.jpg20060917-1sweets.jpg着いてから休憩の合間に食べたのが、7-11で買って行ったレアチーズケーキ?というよりレアチーズクリーム。

クリームが絹仕様の紙で包んであって、美味しいんだけど食べづらい。スプーンで紙をこそげて食べるという所作はいかがなものかと思いました(汗)

20060917-2lunch.jpg20060917-3lunch.jpg帰りに乗換駅の中華屋でダンナさんの奢りでご飯(*≧∇≦)/

わたしはあんかけ麺でダンナさんが担々麺。ふたりで餃子1枚。ここのあんかけ麺、前に食べたときは量が多くて残したんだけど、海の帰りだとペロリと平らげました。しかも餃子も。

20060917-4lunch.jpgこんなの続けたら、あっちゅーまにまた体重が…気をつけます(´д`)

夜はクタクタで残りのカレーをうどんにして食べました、たしか。

■3日目も鵠沼。昼チョイ前着。

朝兼昼は乗換駅でお蕎麦。
帰りに乗換駅のサイゼリヤでまたまたダンナさんに奢ってもらいました。ここの乗換駅のご飯屋さん、ボードとリュックの大荷物で気軽に入れる(入り慣れてる)のは、前日の中華屋・サイゼリヤ・いつもの蕎麦屋さんぐらい。近くにお寿司屋とトンカツ屋さんもあるけれど、なぜか海の帰りに食べたいって気分にもならなくて。たぶん麺が食べたいんだろうなぁ…と今、日記書いてて思いました(笑)

20060918-1dinner.jpg20060918-2dinner.jpg腹ペコと疲れでボーッとしてて、わたしのスープとマイカのパプリカソースの写真しか撮らなかったけど(笑)

あとペペロンチーノWサイズとミラノ風ドリア&ワインを頼みました。

そんな食生活でした。どうしても海に行くとその日の食事が、ジャンクっぽく終わってしまうので、今週ダンナさんが早い日はちゃんと作れるといいな。野菜食べないとね。

お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

IKEA港北で食す。

20060916-ikea-food1.jpg20060916-ikea-food2.jpg波乗りお休みの今日は、昨日オープンしたIKEA港北へ行ってきました。

お買い物などは
http://onshore.x0.com/blog2/log/200609.html#eid615
のほうに書いておきます。

20060916-ikea-food3.jpg20060916-ikea-food4.jpg店内を歩いててちょっと疲れたし…ということで休憩。カフェと簡単なレストラン、それと出口にスタンドの3ヶ所飲食ブースがあるので、レストランにしました。

ショーケースからサンドイッチやお菓子を選んでラストにレジで清算。ふたりで2300円ぐらい。
ベルギー(だったかな?)のビールはふたりで1本。ワインはグラス300円なので、それぞれ。わたしはなみなみついじゃいました(汗)

20060916-ikea-food5.jpg20060916-ikea-food6.jpgここで美味しいと噂のミートボール。おジャガがほくほくでした。ラズベリーかなにかのジャムが添えられてるのにちょっと違和感。でもミートボールもそのソースもとても美味しかった。5個+ジャガ3個で480円くらい。

アップルパイは甘さもちょうど良くて美味しかったです。
ダンナさんのアーモンドガナッシュパイみたいなのはかなり甘くて大変そうでした(笑)
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

波乗りごはん。

20060903-1.jpg波乗りdayの今日。お昼はサーフビレッジで。

わたしがラーメン480円。ダンナさんがカレー500円。
値段も安いのでたぶんレトルトか何かだと思いますが、自分たちの基地からも近いので助かりました。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

誕生日ディナー【渋谷:シェパルメ】。

20060812-dinner-rest1.jpgわたしの誕生日。ダンナさんが連れていってくれたのは・・・

   シェ・パルメ

というお店。今はなきビストロ・サンノーにいたシェフのお店です。
場所は渋谷駅南口から徒歩10分くらい。閑静な住宅街にはいるあたりにこじんまりあるお店です。

20060812-dinner1.jpg20060812-dinner2.jpg以下、お料理をズラッと…。お料理はそのつど産地や、どんなソース(使われているハーブなども)とあわせて調理方法など説明して貰ったのですが、忘れちゃった(笑)

前菜2種

左がお肉のテリーヌ。
右がホタテのジュレ仕立て。一番底に(オレンジ風味の?)生クリーム、ベシャメルソースが層になっていて、その上にコンソメ系のジュレ、グリルしたホタテという感じ。ジュレを飾った料理を覚えたかったので、これはなんとか再現してみたいです。

じつは、ここは海老のお料理がコースに組まれていたようなのですが、事前にお願いしていたのでホタテにかわっていました(笑)

20060812-dinner3.jpg20060812-dinner4.jpgこれは赤ワインとトリュフのソースに、さらにトリュフ、フォアグラとプディングなど…めちゃくちゃ美味しいソースでした。

そして、冬瓜の冷製スープ。カレーの風味が新鮮。
グリルしたタコもいい焼き具合で柔らかかったです。

20060812-dinner5.jpg20060812-dinner6.jpg穴子を2種類のソースで。
わたしは、鰻同様に穴子は得意じゃないんですが、これは美味しいと素直に。ソースの美味しさに騙されたのかなぁ(笑)


メインの前にお口直し。シャンパンのシャーベット。
甘さをほとんど抑えた大人の味。


20060812-dinner7a.jpg20060812-dinner7b.jpgメインのお肉。

ダンナさんは牛肉のお料理を。ホロホロとほぐれる柔らかさ。

わたしは子羊をバジルで巻いたものをチキンで巻きグリルしたもの。皮がパリッとしていて美味しかったです。チキンの内側はレアですが、子羊部分は火が通っているので2段階調理なのかなぁ。


20060812-dinner8.jpg20060812-dinner9.jpgデザートのプレート。
お誕生日だとこんな文字が名前入りで(=´∇`=)ろうそくも。


紅茶で締めてごちそうさま。
実はあんまり素敵なティーセットに心奪われてしまい「ノリタケかなぁ…」と思いつつこっそりプレートの底見ちゃいました。(もちろんダレにも見つかってませんよ^^;)
ノリタケでした。いいなぁ…こういう柄のも。


お店を出るとすっかり夜の帳が…。
この辺りは猫ちゃんが多く、つれてかえりたいくらい可愛いヤツもいてちょっと動揺しちゃいました(笑)

大満足のほろ酔い気分でお店を後に。
今回6800円のMENU DE GOURMAND(パルメ・コース)というコース+ワインをフルボトル選んだのですが、わたしたちにはちょっと料理が多かったかも。次に行くときは、もうちょっと品数の少ないプリフィクス+単品がいいかなぁ…なんて話しながら、帰路につきました。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

草津温泉2日目。

20060805-lunch1.jpgホテルをチェックアウトしてから行った日帰り温泉でお昼を食べました。昆布麺のサラダ風冷やし中華。美味しかったです。

晩御飯は最寄り駅の焼き肉屋さんで。



20060805-dinner1.jpg20060805-dinner2.jpg
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

草津温泉〜朝ご飯。

朝目覚めてすぐに温泉に入り部屋に戻って、もう一度ゴロンしたりTV観ているうちに朝ご飯の時間に。8時でお願いしておきました。

20060805-morning1.jpg20060805-morning2.jpg別室に移動して出てきたのがこちら(=´∇`=)

温泉卵にちょこんとワサビ。ワサビで食べるのは初めてだったけど、なかなかイケました。今度家でもやってみよう。
山芋は本当はダンナさんは食べたがらないのだけど、食べてましたよ(笑)上の降りかかっているのは青海苔。
この梅干しは、蜂蜜漬け…だと思う。甘くてかすかに酸っぱくて美味しい。

20060805-morning3.jpg20060805-morning4.jpg4cmはあるんじゃないかっていうぐらい大きなお豆さん。ほっこりふっくら煮てありました。
干物はなんだろう…粕味噌の風味が。黒いのは最初何かタレがかかっているのかと思ったら、焼けてプックリふくれた皮でした(笑)

シャッキリ茹でたエンドウ豆には、甘い胡麻ダレが。
サラダは青ジソドレッシングで。

20060805-morning5.jpg20060805-morning6.jpg
自家製豆腐の豆乳鍋。
湯葉とふるふるのお豆腐が楽しめて美味しかったぁ〜。
ポン酢でいただきました。


大粒のトロロンとしたナメコのとお豆腐のお味噌汁。
いい香り。朝のご飯は普通の白米でした。


ごちそうさまでした。
朝ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

草津温泉〜晩ご飯。

ふたり揃って酷い夏風邪をひいたばかりだったので
「もう1週ボティボはお休みしようね」
「じゃあ、江の島の花火だけ行こうか?」
「え〜でも混むでしょ?新しく江の島に出来たスパで、贅沢しながら見るのならいいかも」
「じゃいっそ温泉まで脚伸ばしちゃう?」
と、急遽決まった今回の小旅行、予約を入れた数日後にお宿から電話が入りました。到着時間を一応17時と伝えてあったのですが、ずいぶんと「食事が18時からですのでくれぐれも、お遅れになりませんように」と言うようなことを言っていました。
なので、早めにチェックインすると伝えたのですが、食事の途中でその理由がよくわかりました。

20060804-dinner1.jpg食事の時に通された別室で用意されていたお膳はこれだけ。

「まぁ、ちょっと少なめの気がしないでもないけど、鍋敷きが1つあるし、汁椀とご飯が出てくるだろうし、こんなんもありかなぁ」
と思っていました。

20060804-dinner2.jpg20060804-dinner3.jpg・お刺身のサラダ仕立て。
サーモンにはかいわれ、ひらめにはみょうが巻き込んであり、大根のツマの上にはこんもりと玉ねぎスライスが。ちょっとした細工ですが、ただ切り身を盛りつけるよりずっとかわいらしいですよね。

・コンニャク豆腐のそうめん仕立て。
わたしの苦手な穴子がのってましたが、ちょこっとなので平気でした。あと甘辛く煮た椎茸など。
・汲み上げ湯葉の梅ソース。
ピンクの花びらに見立てた百合根が可愛らしい、さっぱりした一鉢。


20060804-dinner4.jpg20060804-dinner5.jpg・前菜6品。
いちじくのワイン煮。林檎と生クリームが牛皮で包まれたもの。う巻き卵。なんとかという名前の枝豆。小海老をさっと焼いたもの。コンニャクと山菜の炊いたもの。

牛皮がふわふわと柔らかくて幸せ。またまた苦手なう巻き、けれどひと切れだと難なくクリア。影になってるコンニャクは竹輪みたいになったものの真ん中に山菜が。とてもコシのあるコンニャクでした。

・上州豚(だったかな?)と湯葉のしゃぶしゃぶ。
出汁がどうやってとるんだろうというぐらいコックリといいお味。ポン酢も何も出てこなくて、これだけで頂いたんですが、充分美味しい。柔らかくて甘いお肉に、からむ味深い出汁だけで充分なお味でした。

20060804-dinner6.jpg料理を食べている途中、15分くらいしたころかな?
ジュウジュウと音を立てて運ばれてきたのが、コレ(*'-')

・上州牛とエリンギのステーキ。
バターとステーキソースの焦げる香りがとてもよくて、お肉は柔らかくて幸せ。ダンナさん、なんにも言わずパプリカ食べてました(笑)

20060804-dinner7.jpg美味しいお肉だね〜あんなに熱々って感激だね。なんて言って食べ終わった頃に、篭盛りの天ぷらも運ばれてきました。

・白身のチーズ天ぷら+えびすり身蓮根+えびすり身椎茸。
目の前で揚げて貰ったみたいに熱々で、白身もふっくら、エピのすり身も臭みが全くなく、ダンナさんもちょっと頑張って食べちゃってました。それぐらい美味しかったです。揚げたては、抹茶塩で食べるのに限ります。

個別の写真を撮るの忘れちゃったけれど、全体写真の左下にある小さな土瓶。これは薬膳土瓶蒸し。クコの実とか薬草が、地鶏や舞茸やキノコ類と一緒に。この出汁もどうやってとってるんだろう。薬草が入ってるせいもあるけど、しゃぶしゃぶのお出汁とは基本的に別物みたい。
薬草の香りにちゅっとびっくりしたのは最初の一口。気が付いたらどんどん飲んでました。まさにハマる味。身体の中からホカホカしてきました。

20060804-dinner8.jpgいやぁ〜お腹いっぱいになったね〜お献立書にご飯も出るってあるけど大丈夫かなぁ・・・なんて言ってると、またプツプツと音を立てたものが運ばれてきました。

・林檎のグラタン。

実はクチコミでこれの存在知っていたのですが、こうして一個まるごとくると思わなかったので、感激。
中にはサイの目にきった林檎や舞茸などが。え?と思うかもしれませんが、ちょっと酸味のある林檎にまだシャキシャキ感が残っていて、チーズ独特の風味のきいたこってりソースとよくあいます。

お腹がきついきついと言いつつ、全部食べちゃえるくらい美味しかったです(*≧∇≦)

もうほんとに無理だねぇ…炊き込みご飯なんて絶対入んない…デザートもあるみたいよ…どうしよう…。

20060804-dinner9.jpg20060804-dinner10.jpg
で、運ばれてきたのは
・古代米とキノコの炊き込みご飯。
・ナメコのお味噌汁。

古代米って初めて食べましたが、香ばしくて美味しい。玄米よりずっとずっと美味しいです。噛むと甘味も多くもっちりした感じ。キノコはほとんど食感を感じないぐらいにとても細かく刻まれていて、しっかり味が出ていました。
ナメコもトロンとコロンとしていて立派。三つ葉の香り、やっぱりいいね。

そして締めのデザートは、
・シューアイスとメロン。

ちょっと懐かしい濃い牛乳味のアイスがびっしり詰まっているのに、運ばれてきたときシューの外側はカリッとしてました。
ここで焼いてるのかな。ふってあったスプレーのデコレーションがまたなんとも懐かしくて可愛い。メロンもさっぱり甘かったです。

あとはお新香。

以上20品前後、1時間ぐらいかけて頂きました。
料理の運ばれるタイミング、熱々のものは熱々出来たてで、
女将さんが電話であんなに到着時間のことを言ってらっしゃったのは、これだったんだなぁ…と感激。

顔を見て、確実にその時間に熱々で出す準備のためだったんですね。

実は夏休みのこのシーズンで1泊15000円前後のお宿なんですが、これだけ気配りされたお料理に大満足。蟹も伊勢エビもアワビも出てきませんが(もっともそれは我が家的にはあまり喜べない^^;)、とっても美味しい時間を過ごしました。

どの仲居さんも終始にこやかで、「暑くありませんか?窓開けましょうか?エアコンどうしましょうか?」と空調にとても気配りして頂いたり気持ちの良い晩ご飯となりました。

ごちそうさまでした。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)

ラーメン初代一国堂。

午後から、ちょっとまとまった買い物をするのにふたりで出掛けました。

で、そのついでに足を伸ばして、札幌で何度か食べたことのある『ラーメン初代一国堂』へ。

20060729-1.jpg20060729-2.jpgここの味噌は紛れもなく、札幌の味というかんじで大好き。それがこっちでも食べられるなんて(。→∀←。)

わたしは思いっきり豚角入り味噌ラーメン。

トロントロンの豚バラが。お箸でつかむと砕けちゃうぐらい。
このぐらい煮込んであると、けっこうな量なのに少しも胃にもたれない。余分な脂は落ちて、コラーゲンたっぷりって感じです。

20060729-3.jpg
ダンナさんはプレーンな塩にしてました。たっぷりワカメと、半熟味玉が入っててこれも魅力的。でもちょっと札幌のより味が濃すぎるかな。でもどこまでも澄んだスープは、さすが。

隣の席の親子連れは「味噌が白っぽいから、何味かと思った」とか「モヤシが入ってる」というような会話をしてましたが、わかってないなぁ(=´∇`=)という感じ。これ、基本ですから(笑)

麺はここはどこの使ってるんだろうなぁ…この感じはたぶん西山か菊水だと思うんだけど。琴麺ではないはず。

大満足で帰宅しました。
お店ゴハン。 : comments (0) : trackbacks (0)
1/5 >>
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other