<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

洋食屋さんなナポリタン&アボカドのマヨチートースト。

節約マンスリー、依然決行中なので、ありあわせで。

20061011-1all.jpgちょっと前から、洋食屋さんにありがちな、ケチャップメインナなナポリタンが食べたくなっていました。
なので作ってみました。

エノキ茸が少し残ってたのでそれと、玉ねぎ、ベーコン、ピーマン。ピーマンNGの我が家なので、この2年でパプリカ(オレンジや赤いやつね)を3回ぐらい買っただけなんですが、実はわたしはピーマンも人参もよく食べるよい子なので(エッヘン!)、そろそろピーマン食べたい熱が(笑)

前は一緒に調理するのも遠慮していたのですが、今回は一緒に調理してピーマンだけわたしのお皿に入れることに。

20061011-2.jpg20061011-3.jpg作ってる途中で、ケチャップが少し足りなさそうだったので、作り置きのトマトとニンニクのソースも少し。

ちなみに洋食屋風のコツは、仕上げに牛乳少し。酸味がマイルドになります。 by グッチ裕三san。

昨日のアボカドが半分弱残ってたので、バゲットにスライスしてのせ、塩胡椒してマヨネーズを少し絞って溶けるチーズのせて焼きました。思いつきの割には美味しく(=´∇`=)


・洋食屋さんなナポリタン。
・アボカドのマヨチートースト。
・冷たい煮出しウーロン茶。


「ピーマンの味が出てる」って苦情が出るかと思いましたが、食べ終わってすぐに
「ごちそうさまぁ〜お腹一杯ぃ〜旨かったよ〜(=´∇`=)」
って言ってたので、大丈夫だったようです。
食べてる最中に、よけきれなかったピーマンが2切れほど、ダンナさんのお皿から出てきたときは

     (´・ω・`)

こんな顔してたけど。すぐに私のお皿に移してあげました(笑)



ごちそうさまでした。
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

ポトフとポークビーンズ。

20061005-2.jpg20061005-3.jpg昼から夕方までお出かけ。
あちこち寄って、ラストはスーパーに寄り帰宅したら18時半でした。もう、くたくた(>ω<*)

前日の夜に水に浸しておいた白いんげん豆は、出掛ける前のお風呂タイムで軽く茹でておきました。それを更に茹でて、水切りしたあと、少しだけ煮豆用によせておいて、ポークビーンズを。

ニンニクみじんをよく炒めて香りをたたせ、豚バラ肉とベーコンを炒めます。そこに玉ねぎ(ピーマン・セロリも合います)を入れてさらに炒めてから、水切りしたお豆さん。ケチャップとコンソメ+塩胡椒で味を調え出来上がり。

これ、ポークビーンズなんて勝手に呼んでるけど、実はポークビーンズのレシピは知らないのです、わたしったらお茶目(。→∀←。)

20061005-4.jpgでもまぁ、外で食べたのとか、大好きだった映画ベティブルーの中で、ゾルグが作ってたチリコンカンをイメージして作ってるんだけど、こんなんでいいのかな(笑)?

ダンナさんはご飯で、わたしは軽くトーストしたバゲットで。

のせて食べると美味しい〜(。→∀←。)


前日の残り(と言っても、出掛ける予定があったから2日間食べるつもりで4人前作ったんだけどw)のポトフ。

20061005-5.jpg20061005-6.jpg今日は普通の洋ガラシで食べました。このSBの洋ガラシ、容器可愛いよね?ホットドッグスタンドにあるやつみたいで。

サラダはベビーリーフとレタスをピエトロのドレッシングで和えて。クリームチーズを添えました。ピエトロのドレッシング大好き。試したことない人は是非に、チェキラ♪


20061005-1all.jpg・2日目のポトフ。
・ポークビーンズ。
・サラダ。
・バゲット(わたし/ダンナさんはご飯)
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。
野菜メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

ポトフ。

20061004-1all.jpg20061004-2.jpg特にリクエストを聞き出せずにお見送り。
数日前に、そろそろポトフの季節だなぁ〜と買っておいた、コロンと太った粗挽きウインナーの出番となりました。

少し大きめの乱切りにした大根と人参をコトコトと茹で、あらかた火が通ったところで、おジャガとセロリ・キャベツ・玉ねぎ・ベーコン・粗挽きを入れて、味付け。コンソメキューブ1個とチキンスープの素(これは業務用ので、市販のガラスープの素の塩気の少ないタイプ)、塩胡椒。

【追記】
そういえば具材に、ブロッコリーの芯も入れました(笑)
皮を剥いて斜めにスライスして茹でたのを。


火が通ったら、一度冷まして(味を染みさせて)出来上がり。超カンタン!大好き(笑)

薄味だけど、出汁がたっぷり染みてしっかりした味になっています。でも、このまま食べると飽きちゃうから、わたしはいつも粗挽きマスタードとマヨネーズを混ぜたソースを添えて出します。粗挽きマスタードがソース全体量の1/3くらい入ってるので、マヨネーズの味はかなり薄れます。

20061004-3.jpg20061004-4.jpg冷凍室に中途半端にあった豚バラ肉をオリーブオイルで割いたシメジと炒めました。水菜を入れてざっくり混ぜて、ワインビネガーと塩胡椒で味を付けて出来上がり。


野菜嫌いのダンナさん、水菜の苦みに反応してました(汗)サラダで食べると、何も言わないんだけど…あ!わかった!サラダのときは茎部分、ちょっともったいないと思いつつ、下から1/3ぐらいは切り落として葉先だけ使ってるからかも…苦みは茎部分にあったのかぁ…(´д`)学習した!

小さめに割って塩茹でしたブロッコリーでココット。
ココット皿にバター塗って、生クリーム小1→ブロッコリー→生卵→軽く塩胡椒→半割にしたミディトマト→生クリーム小1でオーブンで焼くのですが、間違って上段で焼いちゃった…(汗)ほんとはあともうちょっとだけ火が通る予定でした。でも、これはこれで超半熟で美味しいけど。



20061004-5.jpg
久しぶりにキンピラゴボウも作りました。
我が家のは、斜め切りにして、かなり柔らかく煮てあります。仕上げの胡麻油と一味唐辛子で食欲増進(笑)
ダンナさんは、キンピラはもともとは好きじゃなかった見たいなんですが、これは柔らかいから好きと言って普通に食べられるようになりました。わたしも、市販のお総菜のキンピラとか、固くて好きじゃなかったり。


「ごはん、プレートがいいかなぁ…」
って聞いたら、メニューを見渡して
「お茶碗でいいんじゃないかなぁ」
とのことでお茶碗で。
なるほど、こうやって日記にすると、キンピラもあるから確かにお茶碗でOKだったね(笑)>ダンナさん



・ポトフ。
・豚バラとしめじのバルサミコソテー。
・野菜のココット。
・キンピラゴボウ。
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。

一緒に暮らしてから、この時期になるとポトフを何度か作っています。そのたびハフハフ言いながら、一口食べては
「うまいねーおいしいねー(=´∇`=)」
とダンナさんは言います。わたしとしては、そんなに手がかかってるわけでも、複雑な味付けをしてるわけでもないので、とても照れくさくなるのですが、きっとこういう素材の味が優しく味わえるお料理ってのが、男の人の好きな家庭料理なのかなぁ…と、肉ジャガが何かとランキング1位をとることを思い出してみたり(笑)
野菜メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

牛丼とか小鉢いろいろ。

20061003-1all.jpg20061003-2.jpg 安いオージービーフのシャブシャブ用スライスで。
玉ねぎだけで最初、牛丼タレ作ります。味付けはお醤油と出汁、お砂糖。そして白ワインが柔らかくなる秘訣。これ吉野屋だったか松屋だったかの裏側みたいなTV番組で、知ったもの。以来、みりんは日本酒に比べお肉が少し固くなるので、日本酒or白ワインを入れて作っています。

玉ねぎがクタッとしたところで、お肉を。火が通ったらすぐに引き上げます。アクをとってから煮汁を少し煮詰めて火を切ってお肉を。冷めて味が染みたところで、食べるときに軽く温めあつあつご飯に(。→∀←。)

20061003-3.jpg20061003-4.jpgダンナさんのはうどんの丼で。わたしはそれだと食べきれないので、お茶漬けで使ってる小丼で。食べ終わったときにオカズを少し残したダンナさん。
「俺も牛丼でオカズいろいろのとき小丼にして(´Д`)」
とのことでした(笑)

りょーかい(*'-')ゝ


茄子の揚げ浸し。
素揚げした茄子をダイレクトで麺つゆに。粗熱とれたら、わたしは冷たくしたのが好きなので冷蔵庫に。

20061003-5.jpg
ホウレン草のコーンバター炒め。
塩胡椒で味を整えて、仕上げにお醤油をフライパンの縁から回しかけて香りつけ。

大根おろしに浅炊きのしらす。

ダンナさんの大好物です。大根がわたしには少し辛めだったので、ラスト一口食べてダンナさんに引き取ってもらいました(笑)

前日の残りの大根と鶏ももの煮物とお味噌汁つけて。


ごちそうさまでした。
お米メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

生鮭のバター照焼。

20061002-2.jpg20061002-3.jpg朝から夕方までお出掛けの日。

週末は、高カロリーな外食&手抜きご飯だったので和食にしてみました。

生鮭の切り身をフライパンで変わり照焼きに。普通の照り焼きと作り方は一緒ですが、仕上げにバターを。これがポイントです。紫蘇の葉の上に盛りつけ、レモンスライスを添えたのですが、意外にも紫蘇の香りが移ったところが美味しかったです。今度は千切りにしてのせてみます。


大きくて立派な大根を1本買ったので、鶏ももと竹輪と煮付けました。買って帰るとき重かったのですが、みずみずしい証拠ですね。味も良く染み美味しかったです。

20061002-4.jpg20061002-5.jpgおかめ絹豆腐の冷や奴。これジョニーよりお手頃価格で、しかも美味しいお豆腐です。小分けパックになっているので、使いやすいし。我が家の定番の白洲豆腐の次に好きです。

ホウレン草はお浸しだと、ダンナさんがあまり食べてくれないので、好きな胡麻和えで。コーンとバターソテーにしようと思ったのですが、鮭とバター味がかぶっちゃうので。

お味噌汁はアサリと絹豆腐にしました。いい出汁が出て美味しいっ(>ω<*)

20061002-6.jpg冷や奴はひとり1/4丁。これやると、いつもわたしはご飯が最後に残ってしまうので、最初からつけませんでした(笑)←おかずだけ食べる贅沢に浸り、大満足(*≧∇≦)



・鮭のバター照焼。
・大根と鶏ももの炊いたの。
・冷や奴。
・ホウレン草の胡麻和え。
・アサリと絹豆腐のお味噌汁。
・冷たいレモン水。←お茶を煮出したばかりで冷えてなかったので。

ごちそうさまでした。
お魚メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

お蕎麦と天ぷら。

20060928-1all.jpg20060928-2.jpg朝リクエストを聞くときに、
「天プラとお蕎麦が食べたいんだけど…」
と言うと、ダンナさんは温かいお蕎麦希望とのことでした。

なので、わたしは天ざるで。ダンナさんはシンプルに温かいわかめ蕎麦で。

20060928-3.jpg20060928-4.jpg天ぷらは、ありあわせの食材です。ゴボウと人参・玉ねぎのかき揚げ。キス。海老。

もちろん海老はわたしだけ(笑)そのぶん、ダンナさんにはキスを多めに。天つゆは、大根おろしいっぱいと生姜を入れて。

20060928-sweets1.jpg20060928-sweets2.jpg食後のデザート。厳選されたメープルシロップが使われているとのことで、買ってみました。

ダンナさんが出した途端に
「ルックさんって、ダレ(´∇`)?」
わたしもお店で見たときに、それすぐ思いました(笑)
ルックさんとはこの人です(*'-')

全体がメープル味なのですが、底のシロップもカラメルではなくメープル(*≧∇≦)程よくなめらかで美味しかったです。

これまた見つけたら、買おうっと(=´∇`=)


・ワカメ蕎麦。(ダンナさん)
・ザル蕎麦。(わたし)
・ゴボウと玉ねぎ・人参の天ぷら。
・キスの天ぷら。
・海老の天ぷら。(わたしだけ)

ごちそうさまでした。
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

オーダー!美味しいグラタン!。

朝、1Fエントランスまでお見送り(*'-')-chu☆のときに、
「今夜食べたいものなぁに?」
と聞くと、カレー→麻婆と出てきたものの「このあいだ作ったでしょw」
と却下すると、ひらめいたように
「グラタン!グラタン食べたい!」
「オッケ!グラタン!ソース手作りの美味しいのね!」
と元気にお見送りしました。

20060927-1all.jpg20060927-2.jpgグラタン、何気に節約メニューで嬉しいです。堂々のメインになるけど、中身って鶏肉入れても少しだし。
ベシャメルソースは作り慣れてるのでもう目分量です、小麦粉とバターを火にかけてから丁寧に混ぜ溶かして練っておくと、冷たい牛乳一気に注げばダマになることもありません。鶏もも肉と玉ねぎ・割いたしめじを炒めたものと・マカロニ少しが入ってます。

20060927-3.jpg20060927-4.jpgもちんソースは濃い状態のを多めに作って冷凍しておきました。

グラタンに何あわせよう…と、イタリアンの料理本をパラパラ。鮪のタルタルにしてみました。5mm角に刻んだ鮪のお刺身にマヨ+わさびで味付け。真ん中に黄身1つぽとりと落としたのだけど、これはうずらでいいかも。本にあるまま鶏卵だと多い気がしました。本ではセルクル使って中に隠し入れるって感じだけど、上に乗せてみました。

仕上げに、バルサミコ酢とお醤油を煮詰めたものを少しかけました。

なかなかの美味(*'-')

ふたりとも量を食べないので、これにスープだけでいいのですが、冷蔵庫によく熟した小さめのトマトが1個だけ。ご飯もお茶碗に1杯。思いつきでトマトライスにしてみました。
オリーブオイルでおろしニンニク炒めたところに、タネをとったトマトを小さめに切って入れ、ご飯入れて塩胡椒。

20060927-5.jpg
イタリアンな夜の付け合わせのライスに良さそうな感じで、思いつきで作ったにしては結構美味しかった(*'-')

スープは、セロリ・人参・玉ねぎ・じゃがいも・キャベツ・粗挽きウィンナーなんかを5mm角に切ってチキンベースの味付けで。仕上げにバータ少し。薄味で品良く仕上がりました。ズッキーニがあれば、彩りも一層可愛らしくなりそう。

・しめじとチキンのマカロニグラタン。
・マグロのワサビタルタル・バルサミコソース。
・トマトライス。
・コロコロ野菜のスープ。
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。
パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

麻婆豆腐ってことは中華だよね。

20060921-1all.jpg前日の晩ご飯のラーメン食べながら
「明日、お家で食べられる?何食べたぁ〜い〜?」
って聞くと
「麻婆豆腐丼(*≧ー≦)!」
と目をキラッキラさせて答えられました(笑)

「丼物はご飯いっぱい食べちゃうから嫌だよぅ。別皿で作るから、丼にしたい人だけ丼にするってのでもいい?」
と聞いたら、あえなくオッケィ♪やったー!!!

20060921-2.jpg20060921-3.jpg麻婆豆腐ということは、中華でまとめてOKということだよね?いいねいいね(*≧∇≦)と喜び勇んで献立考えました。
ただしダンナさんの嫌い食材にあるエビは絶対NGです(笑)

我が家の麻婆豆腐は絹ごしを使うのですが、しっかり水切りをしたあと、今回はこのあいだTVでチラリと見たように茹でてさらにザルで水を切ってみました。

ニンニクと生姜のみじんをしっかり炒め、充分に香りを出します。豆板醤と豚挽肉をいれさらに完全にお肉に火が通るまで炒めて、あらかじめ会わせておいた調味料(オイスターソース・甜麺醤・醤油・酒・塩胡椒・ガラスープの素など)を投入してひとまぜ、お豆腐をいれてお豆腐が温かくなったころに水溶き片栗粉。青ネギをチラして火を止めます。

お豆腐を調理前に茹でる作戦、絹ごし豆腐はいくら水切りしても麻婆にすると崩れやすいのですが、わりとしっかりした感じ。うん、これいい。これからの定番にしよう♪ちなみに木綿豆腐もこうするとプリプリとした食感で美味しくなるそうですよ(*≧∇≦)/

20060921-3b.jpg20060921-4.jpg豚挽肉を使ってもう一品、餃子を作りました。お肉100gと野菜(キャベツ・白ネギ・にんにく+生姜のみじん)で18個できました。味付けは塩胡椒+酒+胡麻油+ガラスープの素+醤油など。野菜のみじん切りに塩をしておくとかなり水が出ますが、お肉をマゼマゼすると、全部お肉がそれを吸ってくれます。胡麻油はよく混ぜた後に。そのほうが水分が染みたり吸ったりを邪魔しなさそうで。

市販の餃子の皮で包んだとき、わたしは3つヒダを作る人なんですが、閉じたあとおしりに片栗粉をちょっとつけて、バットにならべます。水分が手でしまってもくっつかないように&これを焼くと水溶き小麦粉や片栗粉なしで羽付になるんです(*゜ω゜*)

20060921-5.jpg20060921-6.jpg冷凍してあった鶏のササミ2本は熱湯の入ったボウルに放り込んで20分くらい放置。細かく割いて、キャベツ千切りと胡瓜で棒々鶏風にしました。タレは味噌+酒+お醤油少しを軽くチンしたものにお砂糖少し、冷めたらお酢と胡麻油・すり胡麻。


冷凍庫にこのあいだのしゃぶしゃぶの残りのお肉が少し。使っちゃいたい水菜が少し。玉ねぎとあわせて黒胡椒炒めにしました。お肉を食べやすく切って、醤油+酒+黒胡椒(粗挽きと中挽き)をけっこういっぱいのタレに漬けます。あとは野菜と炒めるだけ。


野菜不足の今日この頃、大根+人参+白ネギ+玉ねぎ+ワカメでチキンブイヨンを使って塩胡椒で味を調えたスープを。トロミをつけてから溶き卵を流し込みました。


一昨日の残り物のがんもの煮たのがまだ少しあって、一応出したけれど、これは売れ行きが悪かったです(笑)




・麻婆豆腐。
・羽付餃子。
・牛肉と水菜の黒胡椒焼き。
・棒々鶏風サラダ。
・野菜と玉子のトロトロスープ。
・がんもどきの煮つけ。(残り物)
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。

ちなみに今日のお買い物、豚挽肉と豆腐だけだったかも…(*゜ω゜*)
お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

寿司食いねェ!小鉢いろいろ。

20060919-1all.jpg昨日の海の帰り、晩ご飯を奢ってくれるというダンナさんが珍しく
「お寿司でも行く?」
「えー(>ω<*) 行きたいけど荷物いっぱいだし…高いよ?」
なんて答えて結局サイゼリヤにしてもらったのですが、彼が寿司発言をするなんて滅多にないチャンスなので今日はお寿司に(笑)

しかもこの週末、あちこちのお料理blogにけっこう酢飯メニューがあったので触発されて。

お刺身盛り合わせを買ってきて、身の厚いのは開いて大きな1枚にしたりして、ちょうど2人前。
寿司飯は前にみつけた寿司酢レシピで、500ml作っておいたのでそれを使いました。

20060919-2.jpg20060919-3.jpgダンナさんのはマグロやカンパチ・カツオ等々。

わたしのはダンナさんが食べない海老とイカ等もひとりじめで。

大きながんもを1つ買ってきたので、大根と簡単に炊きました。

冷しゃぶは水菜と胡瓜と。ゴマだれは、味噌+みりん+胡麻油+酢+すり胡麻+お砂糖少々とあわせて作りました。

20060919-4.jpg20060919-5.jpg食べたことがないのに、好奇心で初めて買た『つるむらさき』。アクが強いみたいなので、眺めに茹でて氷水にさらしてアク抜き。茹でた後少し堅めで太い茎を縦に割いたのですが、少しヌルヌルしています。ネットでレシピなど調べ、マヨ+オイスターソース+ラー油、千切りして茹でた人参と和えました。

20060919-6.jpg20060919-7.jpgソースは美味しかったけど、この野菜はふたりとも好きじゃなかった…(>ω<*) でも何事も学習だから(笑)

それと昨日の夜、今週ラーメンか丼を作ったときにでも…と思って久しぶりに仕込んどいたトロトロ煮玉子。寝るちょっと前に冷蔵庫で冷えてた玉子を使ったので、とりあえず水から8分茹でて冷水で冷ましとカラ剥き。
醤油+みりん+かつおだしを煮きって冷ましておいてた漬けダレをとりあえず空き瓶に。そこに玉子を3個いれると丁度瓶の口までタレがいっぱいになりました。

糸で半分に切って。
出汁のきいた漬けダレが良く染みて美味しい♪

少し大きめのジャムの空き瓶(イケてない印刷が蓋などについていないものに限るw)の紙ラベルなど剥がしたものが、我が家には保存容器としていくつもとってあります。ちょっとした常備菜やお漬け物を入れておくのに、タッパ類より場所もとらずとてもよろしいです(笑)

今日はテーブルランプをつけてみました。


※ 個々の写真はちょっと良くなった気がするんだけど、全体写真がイマイチ。ランプとグリーンの位置を考慮すること←自分用メモ。



・握り寿司。
・がんもと大根の炊いたの。
・冷しゃぶサラダ。
・つるむらさきのオイスターマヨ和え。
・トロトロ煮玉子。
・手鞠麩とワカメのお味噌汁。
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。
お米メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

豚の角煮とかいろいろ。

20060909-1all.jpg20060909-2.jpgジョイポリスで散々遊んできました。

クタクタになっちゃって帰ってからご飯炊くの面倒&時間もないしなぁ…とスーパーのお総菜コーナーへ。外食でも良かったんだけれど、前日仕込んだ角煮を食べたかったので。

結婚してから、お総菜コーナーで買ったのって2回ぐらいなので、ちょっとウキウキ。
とりあえずお稲荷さんとトロタタキ巻きを買いました。

20060909-3.jpg
20060909-4.jpg
20060909-5.jpgあとは野菜…と思ったら、洞爺湖産のトマトをダンナさん発見!!!
小さめのが4つで580円くらいで、一瞬高いかな…と思ったけれど、ふつうのもちょっと大き目なだけで130円くらいしていたので、まぁいいっか。何しろ洞爺湖産だし(*'-')

帰ってから氷水で冷やしたところに、ピエトロのドレッシングかけ食べることにしました。

そしてメインは、前日コトコト3時間半かけて仕込んでおいた豚の角煮。今回はかなり簡単に作ったんだけど、黒糖使って美味しくできました。

↓食べかけの写真で見た目良くないけれど、お箸で簡単に切れます(*゜ω゜*)


・お稲荷さん&トロタタキ巻き。(市販)
・冷やしトマト。
・豚角煮。
・お味噌汁。(インスタントのあさげ)




ごちそうさまでした。
お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)
1/8 >>
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other