<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほっけ焼&ひじき煮。 : main : 王様カレー。(わたしコンニャク麺) >>

串かつ&お稲荷さん。

今回は取り合わせ無視の組み合わせ、食べたいもの作っちゃおうdayにしちゃいました(。→∀←。)

まずは、先週末に理香ちゃんとこでグッときた、串揚げ。大阪産の我がダンナさんに敬意を表して、我が家では『串かつ』と呼ぶことにします(笑)

目指すは、去年のお正月に初めて行った大阪は新世界の超人気店『天狗』の串かつ。鶏の玉子1個丸ごとが嬉しかったなぁ…と。
その他には、豚ヒレ・鶏むね梅じそ巻き・ちくわ・粗挽きウィンナー・海老・アスパラベーコンなど。衣は薄く付くよう&楽につけられるように玉子+水+小麦粉を混ぜたものをつけてから、フードプロセッサーで細かくひきなおしたパン粉をつけて、軽く揚げました。

20060531-1all.jpg20060531-3kushi.jpg(新入りの木の葉のお皿に盛りつけました)

海老はわたしのは尻尾つきで、フェイントで尻尾をのぞいたのをダンナさんのお皿にコッソリ。海老の下処理のときに脚と身のつなぎの部分・背わた&腹のわたなんかを丁寧に取り除き、海老特有の臭み(風味ともいう)の残る部分を排除。(尻尾の中の水分もくせ者なので、尻尾付きで揚げるときはここを、包丁の背でこそげて先を斜めにカットするといい)

いい作戦と思ったのですが、見ただけでバレました。それでも勧めると一口。二口目で
「ダメだ、このプリプリした食感(→へ←) 」
「一度挑戦してダメなら永遠にもう食べなくていいからね」
と言って食べて貰ったので、海老はもう封印してあげましょう(笑)よく頑張った!!!!

アスパラベーコンは、ススキノにある友達のお兄さんのお店が1本丸ごと揚げていた(揚げるとき、根もとを持ったまま揚げていた)のを思い出しました。が、これはちょっと失敗。我が家の天ぷら用のお鍋が小さすぎて、曲げて全部入れることになったため。

鶏ももの梅じそ巻きは、種から育てた我が家の紫蘇を、初めて収穫して使いました(嬉)。


20060531-4tare.jpgソース2種と抹茶塩。

ソースはいつものケチャップ+マヨ+ソースを混ぜたもの。
とんかつソース+おたふくソース+ケチャップ少々で甘くフルーティにしたもの。(『天狗』のソースがそんな感じだったので)
抹茶塩は、梅しそ巻きと玉子によく合いました。

20060531-2oinarisan.jpgそしてもう一品、やはりお友達のaiさんところで、食欲刺激されまくりのお稲荷さん。偶然我が家も、前日ひじき煮を作ったので、それを混ぜ込んで。揚げさんは黒糖とキビ砂糖(いつものデフォ砂糖はこっち)を使い、ひじきが入るのでいつもより少しだけ薄味に仕上げました。ただし胡麻を入れるのを忘れたので盛りつけてからパラパラふりました(笑)


残った分は今朝のわたしの朝ご飯に。



・串かつ。
・お稲荷さん。
・ワカメと葱のお味噌汁。


ごちそうさまでした。


おしっ!
今夜はコンニャク麺食べるとしよう…orz

お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  

Trackbacks

Trackback url :
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other