<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 牛丼とか小鉢いろいろ。 : main : ポトフとポークビーンズ。 >>

ポトフ。

20061004-1all.jpg20061004-2.jpg特にリクエストを聞き出せずにお見送り。
数日前に、そろそろポトフの季節だなぁ〜と買っておいた、コロンと太った粗挽きウインナーの出番となりました。

少し大きめの乱切りにした大根と人参をコトコトと茹で、あらかた火が通ったところで、おジャガとセロリ・キャベツ・玉ねぎ・ベーコン・粗挽きを入れて、味付け。コンソメキューブ1個とチキンスープの素(これは業務用ので、市販のガラスープの素の塩気の少ないタイプ)、塩胡椒。

【追記】
そういえば具材に、ブロッコリーの芯も入れました(笑)
皮を剥いて斜めにスライスして茹でたのを。


火が通ったら、一度冷まして(味を染みさせて)出来上がり。超カンタン!大好き(笑)

薄味だけど、出汁がたっぷり染みてしっかりした味になっています。でも、このまま食べると飽きちゃうから、わたしはいつも粗挽きマスタードとマヨネーズを混ぜたソースを添えて出します。粗挽きマスタードがソース全体量の1/3くらい入ってるので、マヨネーズの味はかなり薄れます。

20061004-3.jpg20061004-4.jpg冷凍室に中途半端にあった豚バラ肉をオリーブオイルで割いたシメジと炒めました。水菜を入れてざっくり混ぜて、ワインビネガーと塩胡椒で味を付けて出来上がり。


野菜嫌いのダンナさん、水菜の苦みに反応してました(汗)サラダで食べると、何も言わないんだけど…あ!わかった!サラダのときは茎部分、ちょっともったいないと思いつつ、下から1/3ぐらいは切り落として葉先だけ使ってるからかも…苦みは茎部分にあったのかぁ…(´д`)学習した!

小さめに割って塩茹でしたブロッコリーでココット。
ココット皿にバター塗って、生クリーム小1→ブロッコリー→生卵→軽く塩胡椒→半割にしたミディトマト→生クリーム小1でオーブンで焼くのですが、間違って上段で焼いちゃった…(汗)ほんとはあともうちょっとだけ火が通る予定でした。でも、これはこれで超半熟で美味しいけど。



20061004-5.jpg
久しぶりにキンピラゴボウも作りました。
我が家のは、斜め切りにして、かなり柔らかく煮てあります。仕上げの胡麻油と一味唐辛子で食欲増進(笑)
ダンナさんは、キンピラはもともとは好きじゃなかった見たいなんですが、これは柔らかいから好きと言って普通に食べられるようになりました。わたしも、市販のお総菜のキンピラとか、固くて好きじゃなかったり。


「ごはん、プレートがいいかなぁ…」
って聞いたら、メニューを見渡して
「お茶碗でいいんじゃないかなぁ」
とのことでお茶碗で。
なるほど、こうやって日記にすると、キンピラもあるから確かにお茶碗でOKだったね(笑)>ダンナさん



・ポトフ。
・豚バラとしめじのバルサミコソテー。
・野菜のココット。
・キンピラゴボウ。
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。

一緒に暮らしてから、この時期になるとポトフを何度か作っています。そのたびハフハフ言いながら、一口食べては
「うまいねーおいしいねー(=´∇`=)」
とダンナさんは言います。わたしとしては、そんなに手がかかってるわけでも、複雑な味付けをしてるわけでもないので、とても照れくさくなるのですが、きっとこういう素材の味が優しく味わえるお料理ってのが、男の人の好きな家庭料理なのかなぁ…と、肉ジャガが何かとランキング1位をとることを思い出してみたり(笑)
野菜メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  

Trackbacks

Trackback url :
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other