<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 簡単ラザニア&ビシソワーズ。 : main : 鮪のタタキ丼などで和食。 >>

今日もイタリアーンな夜。

昨日作ったビシソワーズ。朝と昼、ご飯代わりにゴクゴクと(*'-')
でも、夜ご飯用にふたり分の量はとっておきました^^

スープが決まっているので、他のメニューもイタリアンに。

ちなみに今日のスープはドライパセリを使いました。

20060621-2.jpg20060621-3.jpg鮪のカルパッチョは、香ばしく揚げたニンニクチップスをのせて。
スライスしたマグロをよく冷やしたお皿に並べ、なるべく食べる直前に、オリーブオイル+白ワインビネガー+塩胡椒+胡麻油少し+レモン汁少しで作ったドレッシングをティースプーンでまぶします。残ったドレッシングは水菜と和えて真ん中に。マヨ+粗挽きマスタードを混ぜたものをオーブン用ペーパー(この堅さが丁度良い)で絞り袋を作って入れ、かけてみました。

最後に白髪ネギをこんもりとのせ、ニンニクチップス散らして。



昨日使った生クリームが少しあり、使い切ってしまいたいので、生クリームを使ったキノコとアサリのパスタをメインにしました。


20060621-4.jpg砂出し済みのアサリを買ってきて、さらに3%程度の塩水で30分ほど砂出し。表面をキレイに洗っておきます。
カルパッチョ用の揚げニンニクを作ったオリーブオイルで、鷹の爪+みじんニンニクを焦げないように炒め、石突きをとって汚れをのぞいた舞茸を投入。(嫌いじゃなければ椎茸なんかも入れると良いです)さらにアサリ投入。白ワインを加え蓋を。強火ですぐにアサリが開きだしたら、蓋を取り生クリームを加えます。ここで少し煮詰めたところに、アルデンテの半歩手前に茹でたパスタを。加減を見てゆで汁も少し入れます。塩胡椒で味を調え、出来上がり。青ネギを散らして。

ニンニクが結構はいっていますが、生クリームが入っているので、それほど匂いは気になりません。小さめのアサリだったけれど、たくさん入れたのでいい風味が出てました。



20060621-1.all.jpg・キノコとアサリのパスタ。
・鮪のカルパッチョ。
・ビシソワーズ。
・冷たい煮出しウーロン茶。


ごちそうさまでした。


お給料まであと2日。予算を今日のアサリで使いきってしまったので、もう牛乳以外は買いません(笑)
あ!ダンナさんの買い置きビールが今日でなくなったんだった…(汗)

【追記】

我がダンナさん、実はアサリ料理はNGでした。理由は食べづらい&風味。
ボンゴレビアンコなんて、今まで仕方なく1度しか食べたことないとかなんとか。だからこの2年半封印した食材だったのですが、ニンニク・唐辛子・オリーブオイル・生クリームの組み合わせで、克服できた模様(*≧∇≦)/
でも、このあたりの嫌いポイント対策してもらえない外食では、絶対に食べなさそう(笑)

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  

Trackbacks

Trackback url :
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other