<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お好み焼き&オム焼きそば。 : main : 今日もイタリアーンな夜。 >>

簡単ラザニア&ビシソワーズ。

今日は『冷凍室にあるストックを使う』をコンセプトに、メニューを考えてみました。

20060620-2.jpg20060620-3.jpg作り置いて板状にしてあるミートソース。そしてかなり濃いめに作ってあるベシャメルソース(味はほとんどつけていない)。このふたつを使って、ラザニアに挑戦(*≧∇≦)市販の乾燥ラザニア(茹でて使うやつ)を使って作ったことはあるけれど、生地からは初めて。ただし他にもいろいろ作りたいので時間はない…で見つけたレシピが、クレープ状に焼いた生地を使う方法。

(以下、今後の自分のためメモ)

【簡単なラザニア生地】

* 材料 *
卵 1コ
サラダ油 大さじ1杯
水 大さじ3杯
生クリーム 大さじ2杯
塩 小さじ1/2杯
小麦粉 1/2カップ
バター 小さじ2杯

* 作り方 *
1. ボールに卵をときほぐし、サラダ油・水・生クリーム・塩・ふるった小麦粉を加えて混ぜ合わせ、冷暗所に30分ねかせます。
2. フライパンにバターをとかし、1.のたねで約4-5枚のクレープを焼いて、これをパスタがわりに使います。


-------
この生地>>ミートソース>>牛乳でのばし味を調えたベシャメルソースの順で4重ぐらいにし、最後をミートソースで終えてピザ用チーズをのせ、250度で15分ほど焼きました。


スープは、今日のような暑い日にピッタリ。理香ちゃんのレシピで作るビシソワーズ♪
作るのに全部で1時間ぐらいかかるけれど、それだけの価値あるスープです^^

20060620-4.jpg20060620-5.jpgたっぷり2リットル作りました。明日の朝や昼、ご飯代わりにしよう。暑いと日中何も食べたくなくなっちゃうので。
冷たくて口当たりも良く、オリーブオイルの香りや玉ねぎのほんのりした甘味がとても美味しいです。


メインに何がいいかなぁ…と、またまた初めてのメニュー。ネットで見つけてきたレシピを、自分流にちょっとアレンジしてみました。


【チキンのディアボラ風】

* 材料 *
鶏肉もも肉 1枚
おろしにんにく 1かけ
鷹の爪 1本
ローズマリー 適量
ブラックペパー 少々
塩 少々
オリーブオイル 大さじ4

* 作り方 *
1. 鶏肉の皮と脂を外し(皮の気にならない人はそのままで)、厚みを均等に切り開き筋切り。にんにくをすりこみ、塩・黒胡椒を強めにする。バットに鶏肉とオリーブオイル、たかのつめ、ローズマリーを入れて1時間ほど漬け込む。(たまに裏返してください)

2. フライパンを強火で熱し、1.の鶏肉をの片面にしっかり焼き目を付ける。(皮つきのときは皮がカリッとしたら)、弱火にして裏返す。鶏肉の上から落としぶた+重しをしてじっくり焼く。

3. 焼き上がった肉を取り出し、肉汁の入ったフライパンにトマトピューレ+生クリーム+塩で味を調え軽く煮詰める。

4. お皿に3.のソースをしき、切ったお肉をならべて出来上がり。

---------
これはふたつのお料理のレシピを合体させてアレンジした感じ。ちなみに『チキンのディアボラ風』の名前の由来は、悪魔がマントを広げているように見えるからと言われてるそうです(*'-')

ベランダのローズマリーがぐんぐん伸びているので使ったのですが、とっても美味しかったです^^

サラダは水菜とホウレン草をおろし野菜のドレッシングと混ぜ、マヨ醤油であえたアボカドを添えて。


どれも美味しくできたんだけど、この取り合わせはちょっとヘヴィだったかも。ラザニアの生地は正しい作り方でも何でもないけれど、手軽だし短時間で出来るので、家庭で思いついてすぐ作るのにいいかも (*◡‿◡ฺ)随分ダンナさんが「美味しい!」を連発していたので、また作ってあげよう〜。



20060620-1all.jpg・ラザニア。
・チキンのディアボラ風。
・アボカドと緑のサラダ。
・ビシソワーズ a la Rika-chan。
・冷たい煮出しウーロン茶。

ごちそうさまでした。

パスタ・麺。 : comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  

Trackbacks

Trackback url :
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other