<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ボロネーズ。 : main : ツナ蕎麦。 >>

焼売&焼豚高菜炒飯。

20050901-1.jpg20050901-2.jpg20050901-3.jpg今日は、パンク修理に出していたダンナさんの自転車を取りに行ったり、法務局へ行ったり、行政センターで印鑑証明とか取ったり、バタバタ移動していました。

帰りのスーパーで、ふと今まで一度もシューマイというものを手作りしたことないことに気がつきました。
「どうやって作るのかな?冷蔵庫の挽肉、使い切りたいな・・・」
お肉売り場の一番上の棚から、シューマイの皮の袋を手に取り、裏を見る。
レシピ、ちゃんと書いてありました。
餃子よりずっと手軽みたいなので、作ることに決めました。

あとは、常備菜として買ったものの、あまり売れ行きが良くない『からし高菜』をなんとかしなくては・・・。シューマイにあうもの・・中華・・・あ!炒飯にしちゃおう。野菜は適当にあるものを使って、お肉系のもの何か入れないと・・・。とお肉売り場に売っていた、焼き豚切り落とし(形が不揃いなのでお安いのです)をカゴに。

シューマイは、挽肉とミジン玉ねぎ・酒・砂糖・醤油・生姜・ゴマ油・片栗粉をこねて、皮で包むだけ。蒸し器の直径と、お皿の直径が少ししか変わらなかったので、蒸しあがりに取り出すとき、ちょっと大変でしたが『必殺!フライ返しの術』でクリア。ちなみに『フライ返し』は、棚の一番上のものを取るときにも活躍するスグレものです。

・焼豚とからし高菜の炒飯。
・自家製シューマイ。
・ビーフコンソメスープ。

実は、全部出来上がってからスープを作り忘れたのに気がつき、インスタントにしてみました^^;

シューマイ、こんなに手軽だし、何よりも市販のよりずっと美味しいので、また作ってみよう。
具材を変えても面白そう。
何よりも、親指と人差し指をくっつけて輪にし、そこに皮を乗せてまんなかをツンツン窪ませ、お肉(タネ)を入れて整形。この過程がかなり楽しくって好き。


ごちそうさまでした。
お肉メイン。 : comments (0) : trackbacks (0)

Comments

Comment Form

  

Trackbacks

Trackback url :
Categories
Latest Entries
Archives
Profile
My web site...
HOMEはコチラ
Recent Comments
Other