Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

彼の涙。

彼に悲しい出来事があって、そのことについて話していたとき何気なく

「泣いたりしちゃダメよ?」

って言ったら、彼がはじめて聞く声のトーンで

「泣いちゃったよ・・・」

と呟くので、彼のほうを見ると肩を落としてポロポロと涙をこぼしてきゅっと口を結んでいた。



大切な友達、彼をとても慕っていた人が突然いなくなってしまった。

その事実を知った夜。



初めて、あなたの涙を見た気がする。



たまらなくなって、あなたを抱きしめて髪を撫でていたら、わたしも涙が止まらなくなってしまった。

「ダメ・・・泣いちゃダメ」



本当は、泣きたい人には思い切り泣かせてあげたいといつも思う。

だけど今夜はダメ。

泣いたらまるでほんとうのお別れになるみたいじゃない?

「泣いちゃダメ、ダメなんだから・・・」

そう言うわたしも泣きじゃくりながら、いつまでも彼を抱きしめて髪を撫でていた。



気がつくと、彼の涙が引いて深く深く深呼吸しているのがわかった。



こんなにも暖かなココロを持つあなたの側にいてあげられて、わたしはほんとうに幸せだと思った。この先、一緒に生きていけるのなら、決して彼に涙させるようなことはしたくないと思った。



悲しみは新たな悲しみでしか消せない・・・そんなことをかつて歌ったあなた。そして、ほんとにそのとおりだと、あの頃のわたしも思っていたのだけれど。



あなたの悲しみは、全部わたしが噛み砕いてあげる。
日々。 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks