Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

あなたが・・・。

文章を書くあなたが、わたしのことを文字にしてくれると、とても嬉しい。



わたしが触れることもないだろうと、かつて遠くから見つめるだけだったあなたの世界に、今こうしているのだなぁ・・・と、なんだか少し夢を見ているような気になったりもする。



あなたがかつて描いた、女の子ならちょっと憧れちゃうロマンチックなシチュエーションの多くは、実はあなたの実体験ばかりじゃなく、むしろあなた自身も夢に見たスタイルだったと聞かされて、それをこうして実践する日々を「ちょっと出来すぎじゃない?」なんて照れながら、過ごしている。



(当初は一部の実体験にジェラシーを感じたものだけど、あなたのなかからそれがどんどん消えるのを感じて、今は落ち着いたように思う。)







笑いあいながら、オデコをコツンだとか。

ハグで目覚めた朝の、最初のキスだとか。

呼ばれて向くと、急に抱きしめられたりだとか。



ロマンチックな日々がこんなにあるから、たまに衝突してもわたしたちは、またより深く繋がってみたりして。傷つけあうときもあったけれど、その傷を甘い甘いキスとハグで癒しあえる。



言葉を綴るあなたが好き、あの何年も前から、そして今もこの先も。
想い。 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks