Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

HOT DOG SONG

Twitterで書いた件です。

ディズニーチャンネルでやっている「ミッキーマウスクラブハウス」のエンディングに流れる曲。これは公式サイトの映像で期間限定ですが。最初に30秒CMが流れてから本編が始まります。エンディング曲は21分50秒のあたりから。ミッキーとその仲間たちがクラブハウスに戻ってくるシーンです。冒頭で「やったー! やったー!」と言ってますね。



で、これが英語版の同じところ。その名も「HOT DOG SONG」。



娘はアルファベットは読めるけど単語としては認識していないので、やはり耳だけで「Hot dog」と聞きわけたようだ。


こちらが意味についての参考ページ。

http://ja.bab.la/%E8%BE%9E%E6%9B%B8/%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E/hot-dog
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

ピューロランド

マイミクさんから株主優待券をいただいたので、期限最後の今日に行ってきました。三回目なのでそれほど焦ることもなく。パレードを見て、ボートライドを二回、もちろんキティちゃんにも会ってきました。
娘は今回もお手紙を持って行きました。

バイキングレストランでは13時からキティのミニライブがあり、3曲歌ってました。そのうちの2曲は洋楽の懐メロ(笑)(ロコモーションと君の瞳に恋してる)英語で歌ってました。

外はうだるほど暑く、早めの撤収で外に出ても熱波が襲ってくるぐらいでしたが、背もたれにアイスノンを仕込んだベビーカーは快適のようで娘はすぐに眠ってしまいました。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

看護記2

本日も私が休むことにしました。
8時に奥さんが家を出、私も8時半には起動。
奥さんが夜にやっていた検温リストを見ると、夜中の3時13分に39.7で解熱剤投与しているのを確認、8時 37.0 9時 36.4 と順調に下がっているよう。

リビング片付けて家事。先に先日のミートソースを食べた。(娘はミートソースが嫌い)

9時45分頃にまたまた泣いて起床。
「ママー、ママー」とひとしきり泣いたあとはケロリとして自分の足でリビングに向かう娘。

10時 36.8

朝のこの時間帯はディズニーチャンネルで娘の好きな番組ばかりやってるので、それを見せておくことに。ご飯は子供用のお茶碗半分にしそ昆布をまぜて食べさせる。
しそ昆布ラブらしい。デザートはストロベリー味のゼリー。

12時のニュース権はなんとか確保。体温38.7 そろそろ薬が切れてきたようだが、本人はいたって元気。塗り絵を始めた。

おしっこをしたというのでお風呂で軽くシャワー。昨日はぬるま湯につけてからぐったりして焦ったので、今日は普通にシャワー。着替えは事前に奥さんの選んだ服があったのだけれど、それを拒否して自分でチョイス。しかも、上の服は(背中についている)ハートの柄をお腹につけたいと、裏表逆で着ると頑固に主張。まあ、外に出るわけでもないのでいいかと折れる。去痰と鼻水用のシロップ飲ませた。

13時 38.6 元気なままなので様子見。お腹が空いたというのでざるそば。娘にはそばの上につゆをかけるぶっかけスタイルで。結局ほとんど私が食べさせた。

14時 38.6 高いまま安定。娘はテレビ。ガリガリ君なしを二人で1つ。

15時 38.6 同じくテレビ。カルピス、ピルクル、ミロを飲むもののすべて飲み切らない。麦茶はゴクゴク飲む。

16時 39.2 ブレイクスルーしたと判断して解熱剤投入、夕方の教育テレビが始まるタイミングで寝室に移動、あわよくば寝かせるつもりだったが、塗り絵をしながらでまったく寝ない。しかも、「ママに会いたい」とゴネはじめる。昨日もこのくらいの時間。
奥さんが仕事する前の、保育園のお迎え時間に一致する。

しかも、「ママ」じゃなくて、奥さんの下の実名(呼び捨て)で「ももに会いたい、ももに会いたい」と言う。これは眠いからだなと抱っこ。

17時 38.4 結局も寝室では寝ないでリビングに戻ってきてしまった。私の眠気もこのあたりがマックス。ソファでうつらうつらしていると泣き声を出されて起こされてしまう。
仕事が終わった奥さんからメール、シロップ飲ませてくれとのことなので、17時25分に飲ませる。電話で娘と会話させるも、さっきまであれほど「ママー」と言ってたのに、そんなそぶりはおくびにも出さず「いい子ちゃん」で、少しだけ会話して自分から「バイバイ」と会話終了。

そのあと、急にカチューシャを取り出したり、「私、おしゃれしたいの」と、リボンを取り出して私に結べという。私はそんなことしたことがないので、「パパは男の子だからできないのよ」と何度も言うが聞かず、泣きながら強要。あげくには、使っていたPCの起動ボタンを押してPCを落としてしまう(そんなことはもう知っている恐ろしい娘)

しょうがないので、適当に結んだら「こんなのぜんぜんダメ」と切れられてしまいお手上げ。たぶん、眠いのだろうと抱っこしたら今度は数分で撃沈した。

寝室に寝かせても起きなかった。

18時 36.8 体温も順調に下がった。

18時10分 奥さん帰宅。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

看病記

日曜に帰宅後、ふつうに元気だった娘が21時ころ発熱。まだ、37度台前半だったので様子を見ていたが、23時に38度を超えたため、抗けいれん剤の坐薬を奥さんが使う。

私がF1を見終えて1時前に寝室へ。娘は眠っていたが、奥さんは30分ごとに体温チェック中。翌日どうするか相談。
奥さんはまだ試用期間中のため、あまり休むと試用期間が延びてしまう。
私は今の仕事の体系でいうと、一日二日休んでも他人に迷惑をかけることはないし、有給がたまりまくっているため私が月曜休むことに。

朝4時 解熱剤を飲ませると6時45分には体温が36.6度平熱に。
朝7時半 それでも薬が切れたら呼び出されるのもかなわないので、大事を取って私が休むこととし、奥さんは8時に家を出た。

体温も下がったし、家事をしつつ様子を見てればいいかと、実はちょっとお気楽な気分で朝の睡眠をむさぼり、9時起床。熱を測ってみて驚く。38.3度。
なんだこれは。とりあえずまだ眠っているので家事をしていると9時半に泣いて起床。

まずはママが今日はお仕事に行ってること、パパが一緒にいることを理解させる。抱っこすると抱き着いてきたので理解はしてくれたよう。リビングに寝かせてテレビを見せる。
マグでお茶。おしっこしたというので、体を濡れタオルで拭こうと思っていたけれど、この時期の追い炊きしていない風呂の水でちょうどいいかと思い、お風呂へ。
ぬるま湯程度だったが、珍しく自分から風呂の中に入り肩までつかる。
今考えればつめたくて気持ちよかったのかもしれない。

風呂から出て着替えさせる。しばらくしたら元気だったのにぐったりしてきたので、「やばい、風呂がまずかったのか」と焦る。
「11時になってもお熱が下がらなければ病院に行くよ」というと「ちっくん(注射)やだ」と泣くので、「ちっくんはないよー」といいつつ、10時になったので検温すると38.8度。これは11時まで待ってられない、とすぐにかかりつけにいくことに。

タクシーで行くことも考えたが「タクシーいや」というので、ベビーカーに乗せて爆走。これまでと違って「寒い」と悪寒を訴えるので、冬場に使う毛布を下半身にかける。

病院に到着10時半、待ち人3人。
ベンチに横にしようとすると「ママが靴を履いてたら椅子の上に乗ったらいけないと言ってたよ」と注意されたので(恥)、サンダルを脱がせてベンチに横にさせる。

まもなく呼ばれたので診察室へ。これまですべて奥さんが連れてきたので、話はいろいろ聞いていたけれど私は初めて会う初老の先生。

奥さんが書いていた体温の推移表を渡し、診察。7月初旬に発熱したときのことをカルテで見て聞かれ、そのときから鼻水だけは止まらないことを言うと中耳炎を疑われたので、耳の中をチェックされる。左は大丈夫、右は「大きな耳垢があって見えない」と言われてしまったけれど、「たぶん大丈夫」。

喉が赤くなっているので夏風邪だろうということで、坐薬を使うことを言われる。
坐薬は8時間の間隔をあけて2回。すでに12時間経過しているので「今ここで入れてもらえますか」と言いかけた。
私は坐薬など使ったこともなければ娘に使ったこともない。奥さんが入れるのに苦労してるのを見ているので「自分にできるのか」と煩悶し、医者にしてもらおうかとも考えたのだが、「それは親としての責任回避ではないか」とも考えて言い出すのはやめた。

診察後、スーパーで「食べたいもの買っていいよ」ということで、ゼリー、エクレア、チョココロネ、リンゴジュースを購入。リンゴジュースを飲ませながら帰宅。

家に着くころには寝ていたんだけど、そのまま寝かせておくわけにもいかないと、リビングの即席ベッドへ。すぐにシロップ薬と解熱剤を投与して、冷やす。

アイスノンや氷嚢などで冷やすものの検温すると39.7度。
やばい、俺対応できるのかと焦る。奥さんに状況報告をショートメールで送る。

テレビ見ておとなしいものの、「これ以上お熱か続くとおしりの薬を使うよ」と予告。
「泣いたり、いやいしたりすると熱が上がるから静かにテレビを見ていて」
「パパもお尻の薬は使いたくないのよ」と言ってなだめる。
解熱剤が聞いて37.5度を下回ってくれたら面倒な坐薬は使わなくて済む。

13時 37.9 効果が出てきたがまだ足りない。チョココロネとイチゴオレを食べさせる。私は塩ラーメン。そしたら「ごはん食べたい」と言い出したので、麦茶をかけたお茶漬けを食べさせようとしたものの、2.3口で「いらない」と言われる。

そのかわり私が食べていた「あんドーナツ」はたくさん食べた。

熱は下がらず坐薬を使う決意。無理やりしたくなかったため説得するものの「ママじゃないといや」「パパは男の子だから恥ずかしい」と言い募る。
14時38.3 リビングから寝室へ移動。嫌がるかと思ったが、もうその体力もないのか抱き着くのみ。布団に寝かせてアイスノンや氷嚢を所定の位置において、私がトイレ。
3分後に戻ってきたら、もう眠っていた。おしっこしたというので、おむつをかえる。
途中で目を覚ますものの、新しいオムツを見せて「おむつ替えだよー」と安心させて、坐薬投入。14時18分。少し泣くもののオムツとズボンをはかせたころにはもう寝ていた。

15時 39.1度 下がらない。実は一度 40.1度の数字を見て超焦った。とにかく冷やす。薬は入れたんだし。

15時半 38.9度 ここで私が睡魔に襲われる。ふと気づいて娘を見ると、もう目が覚めていて凝視されていた(笑)

16時半 39.9度 下がらない。

アイスノンと氷嚢だけではだめだと、昔ながらの方法。
ガーゼのハンカチを冷水で冷やしておでこへ。これか゜娘も気に入ったよう。
洗面器にアイスノンと水を入れて、わりと頻繁に取り換える。

17時 39.0度 「ママに会いたい ママに会いたい」としきりに言うので、「ママはもうお仕事終わっておうちへ向かってるよ」という。

そのころに奥さんからメールが来たので、電車降りたタイミングでメールしてと連絡。

17時半 39.9度

奥さんから着信したので娘と話をさせる。必要なものはないかと聞かれたので氷をリクエスト。昨夜から冷蔵庫で作ってるんだけど、氷嚢に使う分が間に合わないため。

18時ころ、奥さん帰宅。娘は喜んで起き上がるもののよろめく。

寝かせてから事情説明。メールでの説明は時間と体温+α程度だったため。

ママが戻ってきたので安心したせいか娘再び睡眠。しかし、相変わらず39度のあたりをうろうろしているので解熱剤投入。いまここ。

明日は奥さんが休みます。私が休んでもいいんだけど。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

送り届け。

今朝はいつもの時間に起きたはずなんですが、娘や私たちの一つ一つの行動が少しずつ時間がかかってしまい、いつのまにかあと5分でいつもの時間。

「間に合わないーーー」と焦りまくる奥さんに、「今日は俺が行こうか」と。
まあ私は30分程度遅れても今日は問題ないし。

奥さんは飛んで出ていったものの、娘は「みいつけた」を最後まで見ると言い張る。
最近はNHK教育テレビをつけると機嫌よく起きてくれるためにそうしているんですが、今度は出かけるタイミングが困りもの。
結局5分ほどテレビを見、そのあいだに私はコンタクトレンズをはめたりして、なんとか8時1分に出れました。

最近は保育園への道のりで疲れて泣くことがある、と聞いていたのですが、今日はそんなこともなかったです。道路にある進入禁止「標識」の意味を教えてあげると、「あれは?」「これは?」と聞いてくるので、「じゃあ、別の標識を探しにいこう」とどんどん歩いていきます。

奥さんから「日陰を選んでいくように」と言われていたので、「影遊び」もしました。日陰をずっと進んでいくだけの遊びですけど(笑)

で、保育園到着。親はなにをすればいいんだっけ……2回目だからさっぱり覚えてません(笑)

登園時間書いて、お迎え時間書いて……娘は靴下を脱いでお部屋へ行ってしまいました。
急行のタイミングを落としたので各駅停車に乗ったせいか、会社到着は35分遅れでした。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

悪影響

毎日元気に保育園に行ってる娘だが、懸念していたマイナス面が現れてきた。
まずは言葉遣い。これまで小さい頃から遊んでいた男の子は一人だけだったのだけど、集団生活の中で、荒っぽい言葉遣いをする子もおり、それに影響されて「〜するんだよぉー」なんていう言い方をすることも。
そのたびに「それは男の子の言い方。女の子がするとカッコ悪いよ」とたしなめる。
娘は「○○は男の子だから〜」「××は女の子だから〜」というように、男女の別で性格付けをしたり、推測するようなところがあり、また「かっこいい」「かっこわるい」という言葉に敏感に反応するので、このような対応にしている。

次に「泣くライン」が大幅に下がったこと。
登園前は、よほどじゃないかぎり泣くことはなかったのだけど、最近は本当に小さいことで泣いてしまう。しかも、「わざと泣いている」ような印象。これはたぶん、他のコの泣き方を真似しているんだろうと思う。これには、どう対処していいのか……考え中。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

娘、発熱

月曜に帰宅したところ、娘はぐっすりと寝ていました。
友達が騒いでお昼寝ができなかったらしいので、しばらく寝かせてたのですが、ご飯も食べさせないといけないというところで起こそうとしたところ。


「あれ、熱い」

計ってみると39.2度。抗けいれん剤の座薬をすぐに入れないといけません。
寝ぼけ眼の娘に奥さんが「おしりから薬入れないと病気になってしまう」と根気よく説明し続けてて使用。幸い食欲はあるようなのでご飯のあと、解熱剤。お風呂はシャワーのみ、ぬるめで。翌、火曜日。熱は38度。奥さんは仕事をお休みし、病院へ。しかし、あまり休みすぎると就職したばかりで試用期間なので、この期間が延びてしまうらしい。
試用期間が終わったら有給休暇ももらえるそうなのですが。

そんなわけで、万が一、水曜も熱がある場合は私が会社を休んで面倒を見るということになり、各方面調整。

水曜日。熱は下がり元気に保育園へ。

そして、今日。

「36.8度……微妙だけど大丈夫かな」
もし、熱を出したら私の方へ連絡が来るようになっています。トイレに行くにも携帯持ってます。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

お迎え。

昨日は朝の保育園への送り届けのあと、夕方のお迎えも私が行うことになりました。
園が16時30分までなので、15時過ぎには早退することに。
今はとくに立て込んでいる案件もないため、特に問題もなく。

天気は微妙な霧雨。大人だったら気にしない程度だけど、病み上がりの子供にはあまり遭わせたくはないかな。

保育園につくと、保育士さんが「パパが来たよ〜」と呼んでくれてる声が聞こえます。
朝でも感じたんだけど、私はあまり周りから「パパさん」とか「ハロちゃんのお父さん」という呼ばれ方をしたことがないんですよね。奥さんはママ友さんがいて、その子供たちからも「ハロちゃんのママ」と呼ばれてたりと、絶えず「ハロのママ」と呼ばれる機会があり、それが自覚を促しているんだろうけど、私が「アカの他人」からそう呼ばれることはこれまでほとんどなかったので、保育士さんたちから「ハロちゃんのお父さん」という呼ばれ方をするたびになんだか新鮮でした。
ハロのいる保育室へ行くと、同年代の子供たちが私の周りに。パパが迎えに来たのが初めてなので、私はパンダ状態になってしまいました。

帰りは土曜からハロが「いちごが食べたい」と連呼していたので、それだけ買って帰ります。途中、雨が少しだけ強くなり、傘をさしかけた感じで帰りました。

どうしても背の高さが違うため、私は微妙に体を横にして歩いています。すると、それがツラかったのか、右の背中がツッてしまいました(笑)
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

通常保育初日。

昨日から通常保育となりました。

8時30分〜16時30分までです。

しっかりと2時間、お昼寝もできたとのこと。

そのあいだ奥さんは「SPEC-天」を見に。

ハロと一緒にだと、どうしても途中で騒いでしまうので、奥さんがなだめるために中座……というのがずっと続いてました。今回は、別々に見に行くことに。私は週末に安くなる劇場に行きます。

会社帰りに渋谷あたりで見てもいいんだけど。

次回このパターンはおそらく「テルマエ・ロマエ」。あ、前売り買っておいたほうがいいかも。確かGWに公開だし。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

初給食。/ アップデート。

昨日は保育園での初給食。こんだてはドライカレーとあと2品くらい(忘れた)

私「なにを食べたの?」
娘「ドライカレー」
私「他には?」
娘「(2品くらい答えてた。失念)」
私「今日は誰と遊んだの?」
娘「んーと、М(初日に喧嘩した男の子)と、○と〜」
奥「これ、Мくんって呼びなさい」
娘「М〜」


呼び捨ててます(笑)

何人かの名前を紙に書きだしたりしていました。

-------------------

お風呂の最後はいつも肩までつかって「1から10」。
最初は日本語で、次に英語で。もう1年近くしている習慣。

最近は毎回、節廻しを変えて歌うように数えるようになりました。

数え終わると、「今日の、新しかった?」と聞きます。

「うん、新しかったよ」
「どうして新しいと思う?」
「うーん、わからない」
「それはね、○○○は、アップデートしたの!」

どこでそんな言葉を……。

そうだ、iPhoneのアプリがアップデートされたときの通知だな。説明したことがあった。アップデート=新しくなる、と思っているようで、どうも本人はお風呂に入ったらアップデートしたと思っているようだ。

3歳だったら、毎日毎日が経験で毎日がアップデート。
あながち間違いではないね。


子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax