Calendar
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日記才人終了。

※原文はmixiの日記からですが、修正なしで掲載。

この話題を書いてわかる人はマイミクにはかなり少ないと思うのですが、まだブログがない時代、レンタル日記とか、初期の頃は自分でhtml書いてサイトを作ってた人が書いてたのが「Web日記」。
でも、いつ更新したのかがわからない。今みたいにRSSもないし。
そういうときに産まれたのが「日記才人」というサイトだったのです。
自分の日記を登録して、日記を更新したら、才人のほうにも更新報告をする。
そうすると新着リストに載っていく。「読んだよ」ボタンもあり、そのボタンが押された回数で別の人気日記リストも生成される……、そういうサイトでした。

私はこのサイトの前身である「日記猿人」の時代から登録してて、言うなればすげー古参のWeb日記書きだったんですよね。年で言うと、1996年くらいかな。んで、いろんな人と知り合いました。

現・奥さんとも実は最初はここで知り合ったんですよね。

このサイトが7月で運営終了。
以前、オフ会に出たとき、「どのくらいお金かかるんですか?」ってオーナーに聞いたことあるんだけど、「軽自動車が一台買えるくらい」って答えでした。(1年で)そう、個人の持ち出しとボランティアによって成り立ってたサイトだったんですが、ブログやRSSの普及によって、その役割を終えたようです……。(オーナーはお医者さんでした)
とても濃くておもしろいコミュニティでした。ネット黎明期のごちゃごちゃしたところが……。
少なくとも一時代は私の大切なツールだった「日記才人」。運営してくれていたみなさんはお疲れ様でした。

6月23日記す。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (1)
忍者AdMax

悪いが菊池桃子なら負けない。

先日、きっかけは忘れたけれど、Youtubeで菊池桃子ちゃんを検索したら、まあ出てくる出てくる昔の映像。いい時代になったものです。

それにしてもかわいいな〜。もう20年以上前なのかー、などと遠い昔に視線をとばしつつ、流れてくる「Summer Eyes」(2枚めのシングル。1984年リリース)を熱唱していると。

http://www.youtube.com/watch?v=uBdRBSTlWK0


嫁「なんで全部歌えるの?」

なんで? なぜ、そんな愚問を!!

むろんファンだったからに決まっているではないか。この曲も入っている1stアルバム『Ocean Side』はアイドル歌手史上最強のアルバムだと思うよ、楽曲のクオリティ高すぎ(歌唱力でないところは目をつぶる)。ちなみに全曲、作曲編曲プロデュースは林哲司氏。

というわけで桃子ちゃんの曲を流していたら当然というか、ほとんど歌える自分に気付くわけである。当たり前か……。

中学以降、いわゆるロックバンド系な好みは歴代変遷していったけれど、女性アイドルはずっと菊池桃子で統一されていた青春時代。結婚会見や懐妊会見を徹夜明けの会社で見て発狂した私の醜態は以前書いた気がするので省略。

そんなことをしていたらいつのまにかモーニング娘のほうにまで手が出てしまった。
以前も書いたとおり、私の中のモーニング娘は中澤の姉さん卒業の時点で終了しているので楽曲で言うと「恋愛レボリューション21」まで、ということになる(実際、モー娘。って、この曲以降パッとしてないし)けど、個人的に一番好きな曲は「サマーナイトタウン」だったりする。「LOVEマシーン」もかなり好きだけど、この曲は仕事上での印象が強い(在庫切れ起こして職場がパニックになった)

さて、今日もいい曲載ってるかな……。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

3億円

どこの家庭でも一度はやっているだろう話題、


3億円が当たったら」。


・とりあえず家のローン全部返済。
→借金と言えるのはこれだけなので。今の家は売り払って引っ越すのは確定。ただし、A.多摩川越えて23区内突入、B.海沿いの町へ移住の二つが考えられます。Aはまだ働き続ける場合、Bはリタイアライフを送り毎日波乗り三昧をする場合。大卒サラリーマンの生涯賃金が3億と言われてるので、今会社辞めてリタイアライフ(悠々自適生活)に入っても、すごい贅沢しなければ死ぬまで食えるでしょう。

・車買う。
→マイカー所持歴なし。主に波乗り用。移動だけなら軽でいいんだけど、波乗り道具一式積み込むにはバンのほうがいいみたい。

・半年に一度はリゾートへ
→今までみたいなエコノミーな旅行に加えて、少しグレードアップしたところにも行きたい。距離的に遠いところなども。

大きなところはこんなもんだけど、ささいなこと出していったら、

・PC新調する
・コンポ買う(今はPS2で代用)
・銀河英雄伝説BOX全巻買う
・機動戦士ガンダムBOX全巻買う
・デンドロビウムのプラモ買う

だんだんウケ要素が大きくなってきましたが、こんなところで。

そうそう、波乗りのための移住先もいろいろ話は出てたりします。

・湘南(藤沢、茅ヶ崎あたり)
・南房総
・沖縄(ただし、沖縄はリーフがあるので波乗りには適していない)

まだ、都会を捨てて田舎暮らしっていうほど枯れてもいないので湘南になるのかなあ。


まあ、それもこれも3億当たってから悩みましょう、というオチもどこの家庭にもあるはず( ̄ー ̄)
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

春の定義

風呂からあがって
「寒い」じゃなく
「涼しい」と思ったら

きっと春です。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

光の圧力

ここ数日、4月なみの陽気。

本来なら2月では感じないような光の圧力を感じる

肌をじりじり焼くような。

暖かい空気が入って気温が上がるのは
空気の流れでわかるけれど

光の圧力は太陽の高度と関係するから
大気が暖かろうが冷たかろうが
関係ないと思っていた


2月の太陽は11月下旬の太陽と同じ高度と考えたら
圧力感じても不思議じゃないけど
きっとじりじりと焼ける前に北風で冷やされてるのだろう

今年の冬がこのままなくなれば
うれしいかぎり

例年よりも一ヶ月早く海へ出れるかも。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

冬至すぎて

昨日は冬至でした。一年で一番嫌な日が夏至で、一番うれしい日が冬至です。果てしなく昔の人みたいです。

さて、もうすぐクリスマス。
どこぞの国では男女がセックスするための、かっこうの言い訳にしている日ですが(リリーフランキーみたいな書き方だな)、正しい由来はキリストが生まれた日だということになっています。


ところが、最近の研究ではキリストが生まれたのはこの日ではない、というのが優勢だそうな。

キリスト教っていうのは布教のさい、従来の信仰も貪欲に取り込んで行ったみたいで、ローマ帝国時代、もともと冬至を祝うお祭りがあったのですが、その行事を取り込んでクリスマスが成立していったというのが本当のところだそうです。

まあ、私には「一年のうちケーキが食べられる2日のうちの1日」っていうのが子供の頃の意識でしたね(=´∇`=)
(もう1日はいうまでもなく誕生日)

そういうわけでクリスマスケーキ買ってきました。

小腹が空いたのでケンタッキーフライドチキンへ。
考えてみたら23年ぶりにケンタの店内で食べましたよ……。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

月曜朝、雨。

CMのようにふとんが私を呼んでいました。
雨の音を聞いてやる気がダウン。
重い体をひきずって出社。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

たとえばこんな、今年の夏

ゆるやかに朝日がさして きみのハグで目覚めた
「朝から何やってんの?」って言うと きみはちょっとおかんむり
うなじの後れ毛が誘う 「今日のデートはどこ?」
導いたのは透明な風 決めたよってハネ起きた

FMにチューン合わせて 去年の渚へ行こう
きっとあれから僕たちは たくさん仲良しになった
とびさる風も知ってる 二人が歩いた道は
こんなに長くそしてまばゆい 今年最初の夏の海へ

「去年の今日より好き」 真顔で言ってみたら
「何言ってんの」ときみは まんざらでもなさそう
透き通った空気の中 ずんずん進む車
あのトンネルを抜けたなら 思い出の海辺が見える

首筋からなだらかに 丸みを帯びたライン
「前見てよ」って言われても 気になって仕方ない
きみが笑うと僕も楽しい 高く甘えた声も
二人結んださだめに感謝 いつまでも一緒だよ
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

五月の風

五月が一番美しい季節だと思う。
湿度は低く、それでも肌を焼く日差しは透き通る。

空の青と木々の緑は鮮やかなコントラストを彩り
目を楽しませてくれる。

涼やかな風がほんのり焼けた肌をなでて
気分を穏やかにしてくれる。
おもうこと | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

圧力

昨日あたりから明らかに変わった。
肌にふりそそぐ光の圧力の
その強さが。

もうすぐ彼岸。春よ来い。
おもうこと | comments (3) | trackbacks (0)
忍者AdMax