Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ご当地チェック 大阪編

●  世界中のどこに行っても大阪弁を通す。
東京では標準語です。

●  近所に贔屓のお好み焼き屋が3軒以上ある。
ない。

● FM802のステッカーを車に貼っている、あるいは貼っていた過去がある。
私が大阪にいたころ、まだ開局してなかった。

● 「おもろないヤツ」といわれることが、最大の屈辱だ。
あー、これはそうかも。関西にいた頃は。

● モロゾフカップが使わないのに家にある。
あった(笑)

● エスカレーターで左に立っている奴を見ると、こいつよそ者やと思う。
思う。

● 会話中に『ウソやん、まぢで、そうなん』は必ずゆう。
そやね。

● ビートルズのハード・デイズ・ナイトを聴くと『突然ガバチョ』を思い出す。
むしろあれで「ハードデイズナイト」という曲を知った。

● 「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。時報CMといえばスジャータである。

当然です。

● のこぎりを見ると、ヒザにはさんで、刃をしならせながら、金属などの固いもので、たたいてみないと気が済まない。
気がすまないことはないがやったことはある(笑)

● お好み焼きをおかずにご飯を食べるのは当たり前だと思っている。
普通でしたがなにか。

● 論理的な説明が下手で「どばー」などの擬態語が入りまくる。
むしろそのほうがわかりやすいやん。

● 新聞などで「米朝対談」という見出しを見て、桂米朝師匠の対談だと勘違いしたことがある。
あるかも(´ー`)

● 深夜CMといえば「雁亭」と「ホテル新東洋」と「味園」と「グランシャトー」と「うめだの洞」と「ハナテン中古車センター」だ。
なつかしいね〜。

● 電話をかけるときに「あのぉ〜、もしもしぃぃぃ〜〜〜」と藤山寛美の物まねをしたことがある。
それはない。がオトンがしたことを聞いたことはある_| ̄|○

● かつらの『フォンテーヌ』の文字を見ると「ふぉんて〜ぬ♪」と節をつけてしまう。
脳内でしてるな……

● ドラマで街金やヤクザが出てくると、いつも大阪弁なのが腹が立つ。
そういうイメージなんだろうとあきらめてます。

● その発音がヘタだとさらにむかつく。
むかつく。きしょい。

● 人の話を聞いてるフリをしながら、常に自分のしゃべるネタを考えている。
昔はそうやったけど疲れた。

● 「バーン」と銃で撃つマネをされると「ううっ」っとやられたリアクションで返すのは礼儀だ。
当然やね。

● いまだにUSJとUFJを言い間違える。
関東在住でも間違えるよ(´д`)

● グループの中で大阪人が自分だけだと分かると、笑いに関してはプレッシャーを感じる。
あー、そういうふうに考えられてるんちゃうんと思うことはある。

● おかんは、毎朝、MBSの「ありがとう浜村淳です」と「ごめんやす馬場章夫です」を聞くヘビーリスナーだ。
いいえ。

● 大阪出身だというと必ず「家にたこ焼き器があるの?」と聞かれることにうんざりしているが、実は家のどこかに眠っている。
もちろんある。

● ダジャレを言いそうになって飲み込んだ事がある。
数限りなく。

● パルナスは全国展開の会社だったと信じてやまない。
え、そうちゃうん?

● 百貨店で値切ろうとした事がある。
さすがにそれはない。

● 昼ご飯は「きつねうどんと白飯」でもOK。
ごちそうやね(´∀`)

● 冷蔵庫に必ず塩昆布がある。
ある。

● ボケた後、頭をしばかれても腹が立たない、というよりしばかれるのを望んでいる。
なんでつっこまんのやーと逆つっこみする。

● 大阪をスタイリッシュに撮った映画「ブラックレイン」は、うれしいけど、どこかこそばい。
ブレードランナーみたいやった。

● 阪神百貨店の地下で立ち食いしたことがある。
ある。

● 「淡路」といえば、淡路島ではなく、阪急京都線の上新庄の手前の駅だ。
京都に住んでたころはそうやったかも。

● たかじんの番組はどれも似た内容だがつい見てしまう。
実はたかじんはあまり好きやない。でもガンダムの主題歌になったときは正直うれしかった。

● 朝は「おはよう朝日です」に、とりあえずチャンネルを合わすが、いまだに真剣に見たことはない。
朝はテレビをつけない家だった。

● キダ・タローがズラではないかという話は飽きた。
暗黙の了解やろ?

● 番組名を繰り返すだけのテーマ曲を聞くと「キダタローの作曲?」と思ってしまう。
あー、それはあるかも(´∀`)

● なので、キダ・タロー作曲の近鉄バッファローズの応援歌は、初めて聴いた瞬間からすぐに歌えた。
この歌って「バッファローズ バッファローズ つむじ風 バッファローズ」っていう歌?

● 共通語のことを東京弁と言う。
大阪いたころはそう言ってた。

● テレビ番組に向かって自然とツッコミを入れてしまう。
自動的に言う。

● タクシーは黒塗りにきまっている。
昔はそうやったみたいやけど。

● 大阪焼などという食べ物は大阪には無い!と声を大にして言いたい。
言いたいね。見てて恥ずかしい。

● カレーに生卵を入れるのはごく普通の食べ方だ。
いいや。しょうゆをかける。

● 夏の高校野球はNHKよりABCだ。
NHK派だった。

● 巨人ファンだと口外できない。
口外したので迫害をうけた。

● ヨドバシカメラは値引きをしないので説明を聞いて商品を見て、買うのはミドリデンキか日本橋である。
日本橋にはもう20年以上行ってない……

● 1〜10まで数えるのには音程が必要だ。
当然や。嫁に1〜10を音程つけて数えてあげたら、

なにそれ〜!!!111!!!

とものすごい驚かれたのが心外だった。

● 店では店員を「ねーちゃん!」「にーちゃん!」と親しみをこめて呼ぶ。
大阪行ったときはそうなる。

● 「モータープール」という言葉が他地域では通じないことに軽いカルチャーショックを受けた。
うんそうやね。大江千里の「Boys & Girls」って曲で、♪夕焼けのモータープールに〜 って歌詞があるんだけど、これの意味がわからない人がかなり多かったらしいという話を聞いて改めて思う。

● 東京へ行くと「〜でおま。」だとか「〜でっか?」など普段は絶対に使わないような大阪弁をついつい使ってしまう自分が嫌だ。
ナチュラルなディープ河内弁の場合、後者はデフォルト。

● 携帯メールはいつでも大阪弁だ。
んな面倒なことするか。

● 長話の最後にオチが無いと腹が立つ。
ちょっとあるかも。

● パソコンで「まっちゃまち」を「松屋町」に変換出来ないのが納得出来ない。
え、変換できへんの?

● なんばウォークのことを今でもたまに「虹のまち」といってしまう。
え、ちゃうのん???


● 同様に、ホワイティ梅田を、今でもつい「ウメチカ」 と呼んでしまう。
え。ちゃうのん???。

● いかついオッサンでも「飴」のことは「あめちゃん」とチャン付けして言うのはけっこう可愛いと思う。
かわいいかどうかはともかく、ちゃんづけは普通。

● 鶴橋駅が焼肉臭い事を大阪人以外に言われるまで気付かなかった。
あそこはああいう街やからなー。

● ボケられたら突っ込むことが礼儀だと思っている。
最近はそういう臨機応変さがなくなった。

● 会社の面接で慣れない標準語でかみまくったことがある。
それはない(´∀`)

● 「とれとれピチピチ〜♪」とふられると、自然に「カニ料理〜♪」と続けてしまう。
あたりまえやん(´∀`)


● ムービングウォークでは歩くのが常識だ。
うむ。

● 梅田で小腹が空いたら、阪神の地下へ直行する。
あんまりキタにはいかんかったからなあ。

● たよしの看板を見るとつい「♪た〜んた〜んた〜ぁよし」と歌ってしまう。
歌いはせんが、脳内で響いている。

● 関東の人に「儲かりまっか?」と大阪弁もどきで話しかけられると、仕方なく「ボチボチでんなぁ〜」と合わせるが非常に疲れる。
疲れるね……

● よく"さかいし"と、"たかいし"を聞き間違える。
それはない(´∀`)


● ♪腹減った〜めぇしくわせ〜♪と、お茶碗をお箸で叩きながら歌ったことがある。
今でも歌いますがなにか。

● 知りあいが大阪に来たら、とりあえずくいだおれ太郎と対面させる。
嫁にも対面させました。

● 東京でうどんを一口食べて「こんなもん、うどんやあらへん!」と叫んだことがある 。
最初のころはね……。今はもう慣れた。

● 安くていい買い物をしたときは「これ、なんぼやったと思う?」と、値段を自慢する。
むしろ当然のように。

● ウォークマン・携帯を学校もしくは会社で充電したことがある。
今もそうしてるがなにか。


● 6chの土曜の夜7時半は今でも「部長刑事」だと思っている。
懐かしいな……

● 夢路いとし・喜味こいしを「いとこい師匠」と呼ぶ。
マイミクにいます(´∀`)

● 映画・岸和田少年愚連隊シリーズのどれか1つは見た。ついでにロケ地も一発で分かる。
わからん。つか和泉みたいなコワイ場所は行ったことがない。


● 金龍ラーメンは立って食べる。
どっちかというとそうかも。

● 「さて皆さん」と言う時は浜村淳の口調になる。
脳内はいつもそう。

● 漫才のナンバーワンはやすきよではなく、初代Wヤングやと思う。
甲乙つけがたいね(´∀`)

● 家のどこかに大阪万博グッズがある。
ある。

● 「新婚さんいらっしゃい!」と「アタック25」は立て続けに見ている。
当然のように見ていた。


● 大和川以南では、同じ大阪府なのに、大阪市内のことを『大阪』と言い、そのことが全然不思議に感じない。
横浜でもそうやで。


● 桂南光のことを今でも親しみを込めて「べかこ」と呼んでいる。
べかこって名前かわったん?

● やしきたかじんの歌が少なくとも三曲はソラで唄える。
砂の十字架、やっぱ好きやねん……2曲だけ


● 泉の広場上がったところといえば、皮膚科歯科もある、はぎや整形だ。
まだあんのかな。

● 1327店というヒグチ薬局の目標は中途半端だなぁと思ったことがある。
ある(´∀`)

● 千房で、ぬかるみ焼きをオーダーしたことがある。
ない(´∀`) でもちょっと考えた

● 東京人に『マックどこですか?』と尋ねられて、日本橋の電気街のマッキントッシュPCコーナーを案内したことがある。
上京したときはちょっととまどったのは確か。

●「エーちゃん」といえば、矢沢永吉ではなく、中村鋭一だ。
昔はな。

● 節分の日は家族そろって太巻きを恵方に向かって食べる。
そういうのはせんかった。

● 小学校の遠足で大阪城に行った。
行った。

● 林間学校は三重か岡山に行く。
高野山やったけど。

● 山本さんの事は『やーもっさん』、プラスチックの事は『プラッチック』ってゆってしまう。 
ふつうやね。

● スーパー玉出の上についてる花火みたいな飾り、夜は迷惑と思う。
しらん。

● 大阪のタクシーは客を乗せてなくても,やたら飛ばしてる。
東京のタクシーも飛ばす。

● 根拠なく東京が嫌い。
住めば都。

● ほら貝の音色を聴くと「三枝の国盗りゲーム」を真っ先に思い出す。
うはははは なつかしい

● 「551の豚まんが…ある時」と振られると笑わずにはいられない。
ごめ、わからん。

● 角淳一と聞いて「夜クネ」が思い浮かぶ自分はもう年だと思う。
ダメなんか(´д`)?

● 電車の接近表示は二駅手前から表示してあるのが当たり前だ。
わかりやすいね(´∀`)

● 電車の中で知らないオバちゃんに親しげに話かけられたことがある。
ある(´∀`)

● 野球の解説は福本豊が一番好き。
しぶいな。

● "大津"とは、滋賀県大津市ではなく大阪府泉大津市のことだと思っている。
そんなことはない(´∀`)

● 秋の風物詩といえば御堂筋の銀杏を拾うオバちゃんだ。
へー はじめてしった

● 「夜はクネクネ」「なにわ友あれ」のロケを見に行ったことがある。
ロケはないなあ。

● 梅田の地下街を完璧に使いこなせる。
昔はまよわんかったけど。

● だけど、知らない間に西梅田の高層ビルの数が増えていてビックリした。
ふえたん?

● 色あせた「やぐら茶屋」のCMには哀愁を感じてしまう。
しらん。

● 「8710」の読み方が分かる。
しらん。

● 関西以外の県人が大阪弁を真似ても、全然らしく聞こえないところに少し優越感を覚える。
優越感よりきしょい。

● キタ・ミナミは方角ではなく地名である。
当然。

● 551という数字を見ると、豚まんかアイスキャンデーを連想する。
普通やと思うが。

● 食べ放題は味わうよりモトを取ることが大切。
大切やね。

● アヒルの飼育数が日本一と言う事を知ってる府民は少ない。
そうなん???

● 東京に行って外食すると腹いっぱいにならない。
そんなことはない。

● JR阪和線と南海電車、上手く使い分けることができる。
ほとんど乗ったことなし。

● 今だから言えるが、実は横山ノックに投票した。
神奈川在住。

● 堺以北の人は、ガラ悪く思っている『**するけ』は泉州では普通の言葉である。
そうやときいたけど河内でも使う。

● おつり300円を受け取るとき「はい、お釣り300万円〜」と言われたことがある。
今でも言う。

設問多すぎ & かぶりすぎ。
まあ20年近く離れてたらわからん話もあって当然やね。
雑記 | comments (2) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

正規品と同等品質のコピー品 | 2020/03/27 11:08 AM
コピーモンクレール専門店
当サイトはモンクレール全品(新品/スーパーコピー品)を
販売しているの専業通販店舗です。
主にモンクレールダウン、モンクレール ダウンジャケット、
ダウンコート、ダウンベスト、モンクレールメンズ、
モンクレールレディースを取り扱っています。
正規品と同等品質のコピー品 https://www.watcher007.com/watch/menu-pid-28.html
偽物ブランド | 2020/03/26 09:30 AM
スーパーコピー時計ブランドコピー財布専門店

ルイ・ヴィトン | エルメス | グッチ |
プラダ| セリーヌ | ゴヤール|エルメス特集 | ブランド館(拜?)
ルイ・ヴィトン | エルメス | ゴヤール|ジュエリー・アクセサリー | 靴
主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!
プロのブランドコピーの専門家,スーパーコピーの先駆者、国内で最高に成熟したブランドコピー専門店。
スイスのチップ適用、実物写真、実物が写真および描写と一致、公式サイトの外観、規格、機能と一致。
偽物ブランド https://www.yutee007.com/protype/list-190.html

Comment Form

icons:

Trackbacks