Calendar
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ベトナム・ニャチャン旅行記4日め

朝8時起床。朝ごはんへ。

100201.JPG100202.JPG100203.JPG






















今日は軽めにしてみた。玉子はスクランブルエッグに持参の醤油をかける。ああ、懐かしい味。米粒の食べ物がないと不安になる。

100204.JPG

















ご飯の後は鯉のエサやり。ここのいる鯉は人に慣れていて、近づくとあちらからも近づいてきて口をパクパクさせる。まるで「エサよこせー」と言ってるみたいに。
そこでパンをレストランから拝借して(これは認められてる)、細かくちぎって撒くとものすごい勢いで鯉がエサの争奪戦。エサ巻きしていたら、他の宿泊客たちが微笑ましくみていったりして。

100205.JPG

















近くにある図書室。けっこうな数の本がある。

100206.JPG














今朝は快晴。陽射しも照りつけプール日和。

100207.JPG












サービスショット!!


まだ、それほど埋まっていないプールサイドのベッドへ行き、たくさん遊ぶ。

途中、プールサイドでアイスクリーム。

100208.JPG














このときけっこうガッツリと泳いだのであとで寝てしまうことに。
2時間ばかりプールサイドで遊んでから一旦部屋へ。
温かいシャワーを浴びる。

ここ、Evason Ana Mandaraは4つ星半、ベトナム政府観光局の認定は5つ星のリゾートなんだけど、あえて苦言があるとすれば、お風呂のお湯の問題。実は、このリゾート、お湯を太陽光で温めて作っているので、お湯の容量が少ない。
シャワーだけならば問題ないのだけど、大きなバスタブに貯めると、お湯がなくなってしまい、あとは冷たい水だけ、ということになってしまう。(初日そうなってしまった)
滞在初日から数日は曇りがちということもあり、朝一だとお湯が出ないということもあった。
コンセプトとして「自然と街の共生」を謳っており、それはわかるのだけれど、やりすぎてゲストに不便をかけるのはどうかと思う。

さて、涼しくした部屋で少し休憩してから、一昨日昼ごはんを食べた店へ突入。

100209.JPG100210.JPG100211.JPG




























13時頃だとまだ、ほかのお客さんもいたけれど、ガーリック炒飯と、牛肉の焼きそば。
これがみての通り、麺がどう見てもインスタント麺(笑)
でも、ベトナムの食堂はこういうのが多いとのこと。
娘は米粒が懐かしかったのか、ガッツリと炒飯を食べてくれた。
炒飯が4万ドン(149円)、焼きそばは7万ドン(261円)、計410円なり。
焼きそばのほうか高いのはきっと牛肉のせい。。。

帰りにおじさんがのんべんたらりと店番をしていたよろず屋にてビール購入。例の333ビールを6缶。値段を聞いてもよくわからない。
こちらの人は10万ドン(100,000ドン)のことを省略してワンハンドレッドと言ったりするので困る。
思わず、iPhoneの計算機を起動しておじさんに値段を打ち込ませてみた(笑)
きっと、生まれて初めてスマホを触った体験になったであろう。
値段は75,000ドンだった。280円ほどなので、1本46円。
75,000ドンだと6で割り切れないので、いくらか価格操作疑惑(上乗せ)があるが、それでもこの程度なのでいいや。

ホテルに戻ってから、昨日発見したキッズルームに、今度は奥さんも含めて3人で。ここで不覚にも私は寝てしまった。90分くらいで切り上げ、部屋に戻って午睡タイム。私は寝てしまったので、日記を書いたり、ヴィラの前にあるデッキチェアに座って、潮騒を聞きながら読書。
17時を回って暗くなってきた。

部屋に入って読書しながら二人が起きるのを待ったがなかなか起きない(笑)

結局、起きたのは20時。
夕食はルームサービスで。

100212.JPG














あんなにたくさん寝たから娘が寝付くか心配だったけれど、22時には寝てくれた。
旅行 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks