Calendar
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ベトナムへ行ってきます。

明日からベトナムへ行ってきます。
といっても南北に長い国。ハノイやホーチミンと行った都会や古都のフエは知名度がありますが、今回私たちが滞在するのはニャチャンという街です。
もちろん私が行くわけですから、ビーチリゾートがあります。

もともとフランス領だったときにフランス人用のリゾートとして開発されました。
ベトナム戦争のときには米軍の港があったため激戦地となりました。
アメリカ人からはニャチャン(綴りはNha Trang)の発音が難しかったのか、ナトラングと呼ばれていました。南北ベトナム統一後は政府高官のリゾートとなり、近年は外国企業の観光開発が進んでいます。

さて、ニャチャンの位置ですが、地図のAのところです。

NhaTrang.jpg
















日本からの直行便はないため、ハノイもしくはホーチミンでの乗り換えとなります。
今回の旅では行きはハノイで、帰りはホーチミンでの乗り換えということになりました。

今回の旅行、行き先については様々に検討した結果、当初はフィリピンのボラカイ島にしていたのですが、泊まりたいホテルだとどうしても予算オーバーとなってしまうため、断念しました。タイやマレーシアはもう2回行っていることもあるし、今回は初めての国で、ということに。

そして、韓国人や中国人の観光客が少ない国というのも考えた結果、フィリピンかベトナムということになり、ベトナムのビーチリゾートだとほぼニャチャン一拓ということで確定しました。

私たちが申し込んだ春先は、南沙諸島の領有権を巡って、フィリピンやベトナムでは抗中デモが頻発しており、とくにフィリピンは中国政府が渡航制限をしたせいで中国人観光客が少なくなっており、とても都合がよかったのですが、半年経って現在は落ち着いている模様。

ベトナム人の対中国意識はとても複雑なようで、昔から侵略されてきたこともあればベトナム戦争時に支援してもらった恩義もあり、またカンボジアに介入したせいで中越戦争もあったりして、一概に好き/嫌いとはいえないようです。
日本人に対しては「悪くはない」という程度。

そして、今回の旅行なんですが……来週の中国の国慶節連休ともろかぶりしてしまいました。中国人があまりベトナムに観光(ビーチリゾート)で来るとは思えないのですが……、脅威です。みなさん、これからは海外に行く際は春節と国慶節の連休時期はチェックしたほうがいいですよ……。

宿泊するホテルが4つ星半なので、ヨーロッパ人が多いという話なんですが、中国人が占拠してたらどうしようという懸念もありつつ行ってきます。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks