Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

週末いろいろ。

この週末はイレギュラーなことばかりでした。
給料日前なのでつつましやかな生活を、と思ってたら、土曜日にオカンと妹が会津旅行の帰りに横浜に寄ったので、ラーメン博物館に連れていきました(すでに日記済み)
大して散財はしなかったけれど、でもキツイ(笑)

土曜は妹夫婦がマチュピチュとナスカを巡る旅行に出発。世界遺産ばかりを巡っていて、東南アジアや欧州に行ってましたが、ついに地球の裏側まで。

そしたら、娘が土曜の夜からまさかの発熱。
ラーメン博物館はいろんな場所から人が集まってくるので、病気をもらわなければいいのになあと思っていた矢先。

これは私の空想なのですが、普段出歩いている範囲にもむろん病原菌はいますが、生活範囲の中なのでかなり初期に耐性はついてしまいます。しかし、他の場所に行ったとき、あるいは他の場所から来た人がいるときは、耐性がまだついていない病原菌に会うためすぐに発熱するんじゃないかな……と。素人考えですが。

いきなり38.4度となりぐったりしていたので、もう夜だということもあり、すぐに座薬を投与。ふだんは猛烈に抵抗するのですが、眠さが大きかったせいかすぐに寝てしまいました。

----------------------------------------------------------------
時系列にそってここで別の話。

麦茶パックや牛乳が切れたため買い物に出たところ、交通事故に遭遇。幹線道路沿いのコンビニに向かっていたら、不自然に止まった車。その少し先に腕組みしながら突っ立っている10人ほどの人々。なんだ? と思いながらその人たちの前を通り過ぎようとしてわかりました。

400CCくらいのバイクがガードレールによっかかっていたのです。カウルは砕け散り、前輪部分は完全にタンクより後方と分かれた状態。オイルかガソリンかわからない液体が流れ出しています。警察も救急もまだ来ていないところを見ると、事故は起こったばかりと見ていいでしょう。しかし、ぐるりとまわりを見ても、ライダーの姿がないのです。
バイクが大破しているので、ちょっとこれヤバいんじゃないの、と思ったのですが、店へ。事故現場から店はほど近かったので、やがてサイレンの音が聞こえてきて事故処理が始まったのはわかりました。

帰りも同じ道を通りました。オイルには砂がまかれていましたが、バイクはそのまま。警察は道路の反対側に陣どり、事情を聞いている状態。私が現場を歩いていると、救急車が一台出発していきました。
----------------------------------------------------------------
さて、話を戻します。

今回は奥さんがある考えを実証しようと、方策を建てました。

前回までは高熱でのけいれんが怖いというのと、QOLが下がるためにすぐに解熱剤で下げていたのですが、僕らが小さい頃は「熱を上げて汗をかかせるほうがいい」と言われてました。んで、奥さんの考えは「ある程度熱を出しきらないと逆に下がらないのではないか」。

すぐに寝付き、夜ということもあって解熱剤は投与せず、アイスノンや冷えピタ、氷嚢での冷却に留めました。

朝6時に39.5度になったので、ここで解熱剤を投入、2時間後には37度代まで下がりました。その状態でご飯を食べさせ栄養と水分補給。解熱剤は8時間が効用のメドだとされていましたが、11時ころには再び熱が出てきました。外は大雨で、奥さんもほとんど寝ていないので、12時から16時くらいまで家族3人で寝ました。先に起きた私は娘が欲しがっているアイスクリームやゼリーなどの買い出しへ。前夜と同じルートで行ったので、事故現場も通りましたが、きれいになっていました。

熱は39度近くまで上がっているので、2つめの抗けいれん剤を入れないといけません。座薬嫌いの娘にこんこんと説得し続けたのですが、30分の説得も「痛いの嫌い」で終了してしまうので、結局実力行使。

でも、がんばった娘に買っておいたドキンちゃんのペロペロチョコをあげました。

さて、ここから娘は驚異の復活を遂げます。

月曜まではかかるだろうと私が有給を取って、医者へ連れて行く準備もしていたのですが、体温は解熱剤なしで下がり始めました。私がF1を見終えて寝室へ行った午前1時には37度を切る平熱に。

今日は何事もなかったかのように保育園に行ってます。土曜夜に発熱してから丸1日。
抗けいれん剤と解熱剤は使いましたが、抗生物質などは使っていません。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks