Calendar
<< February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

保育園内定。

ハロはもう3歳6か月。4月から幼稚園か保育園に行くことになります。


ちなみに私自身は5歳から1年だけ市立幼稚園に行っただけなので、横浜の現在の場所にマンションを買うときは、将来の育児についてなんにも考えていませんでした。

ハロが生まれてから、最近は3年保育や2年保育がほとんどであることや、横浜には市立保育園はあるものの、市立幼稚園はないことなどを知りました。

将来の貯金のことも考えて、保育園に行かせることにし、奥さんは仕事に復帰することとしました。

しかし、横浜は全国一、待機児童の多いところ。思うようなところに入れるとは限りません。

希望は第8希望まで書くことができます。何回か園開放でハロを連れて行って、気に入ったところもあったのですが、少し遠いのと、人気がものすごく高いというので、あきらめていました。


保育園に入るにはポイント制というものがあり、優先して入れる人たちが決まっています。もっとも優先されるのは母子(父子)家庭。そう考えると、うちは奥さんがこれから就職を決める「求職中」での応募になるため、ポイントが低いのです。

だから、もし受からなければ、未認可保育園へ預けて、高い保育料を払いつつ、就職を決めなければなりません。そうすると、「求職中」ではなくて、「仕事あり」となるため、ポイントが上がるわけで、認可保育園に入りやすくなるからです。

そんななか、4月から新しい保育園ができる情報を奥さんがキャッチ。
昨年11月にくまなく保育園情報を検索していて見つけ、すぐに区役所で説明会があり出席。駅からの距離や新設という点で第一希望に定めて願書提出。

果たして受かるかどうか、内定しても第一じゃなかったら遠くなるし……などと、奥さんは心労をためていたようです。

その内定結果が昨日、役所から一斉に発送されたので、今日届くはず。
休日の朝はだらだらしているのがいつもなんですが、起きてポストへ。
10時50分だとまだ届いていませんでした。土曜なので昼過ぎかなあと、昼ごはんのあとに見に行くと、郵便物が!

震える手で開けながら、部屋に戻ります。「内定」という文字を見て、部屋に飛び込み、「どうせだめだったんでしょ……」という奥さんに握手を求めると、「?」という顔する奥さんに、郵便を差し出します。

「やった〜!!」

肩の荷が下りて、奥さん泣いてました。

とりあえず、私もホッとしました。
ハロも最近、たて続けてにおまるでうんち・おしっこを成功させているし、着々と進んでいるようで本当によかった。

日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks