Calendar
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「最高の人生の終わり方」酷評。

第2回めを見て、見るのを辞めることにした。

第1点 何でもかんでも盛り込みすぎ
・葬儀屋のホームドラマなのか、事件探求型なのか、恋愛ドラマなのかわからない。もりこみすぎ。たとえば「家政婦のミタ」も「家族に問題がある」という点では同じだが、毎回毎回解決が与えられることによるカタルシスがあったが、このドラマにはそれがない。よって、気持ち悪くて後味が悪い。

第2点 カタルシスのなさ
・犯罪現場の描写がじっとり克明なのに比べて、犯人逮捕の描写があっさりしすぎており、あれだけのことをやった犯人に対しての復讐素因が少なすぎる。よって、これも欲求不満のままでまるでスッキリしない。

第3点 進行の遅さ
・全体的にもっさりしすぎ。



私はホームドラマなら見るつもりないし、いまさら「次女の女子高生は教師と寝てるは、三男の大学生は水商売女に金を貢いでるはもう大変」みたいなドラマなんぞ見たくもない。

あとはAKBの前田敦子は滑舌が悪い。せりふが聞き取りづらい。


以上
映画・映像 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks