Calendar
<< February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

日本人てすごいよなあ。

NHK-BSの「Cool Japan」、今回の話題は「ことば」。

日本語を学ぶ外国人に、日本語が難しいところを聞くと、次の3点だという。

・文字の種類が多い(ひらがな、カタカナ、漢字)

・数の数え方(ひとつ、一頭、一匹、一羽、一艘、一隻、などなど)

・人称代名詞が多い(英語のIに対して、私、俺、ワシ、わい、小生、僕、など)

テレビに出てインタビューを受けていた人たちは十分話せていると思ったんだけどね。



でも、ハロがまさに今その時期。

カタカナってそんなに使う機会がないんじゃないか、なんて思ってたんだけど、街の中だと、意外にたくさん使われていて、ハロが読めないことのほうが多い。

日本人は、ひらがな、カタカナ、漢字、そして、ラテン文字を普通に使っているけれど、こんなにたくさんの種類の文字を覚えて使いこなしてるなんて。

ラテン文字圏やキリル文字圏、漢字圏、いろんな文字圏があるけど、こういう複数の文字を使っているのって日本語だけじゃなかろうか。

発音や文法に関してはそれほど難しくないけれど(活用が5つ、複数形の区別があいまい、男性・中性・女性名詞の区別がない)、書き言葉が大変なんだよねえ。

そんなハロ、昨日のお風呂で五十音すべて読めるかチェックしてみました。

エ段がまだ弱いみたいだけど、40字は読めてた。あと、ら行は発音しにくいみたいで、教えてもちゃんと言えてなかった(笑)

「なんかいゆ」も、「いる」の「る」がちゃんと言えないので、「いゆ」になっちゃうんだろうなあ。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks