Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

襲来/新聞の読み方

昨日、大阪から私の両親が来ました。
特に問題もなかったようですが、ハロにはストレスになったようで、いつもの昼寝もなかったようです。

母親のほうは問題なくなついたようですが、父親のほうは姿を見るなり泣いたようで、同じ部屋にいたら様子を伺っている始末。おじーちゃん凹んでいます……。

これはたぶん、年配女性は慣れているせいでしょう。先月、義母が来たばかりですし。
しかし、年配の男性となると、予防注射のお医者さんくらいしか接触がないため、トラウマ? で怖がっているようです。


今朝も、ご機嫌でお話していたのに、横におじいちゃんが立っているのを見たとたん「うぇ〜〜ん」と泣くしまつ。これは私でもやられたら凹みます……。


指をつかんで、いろんなものを指差してはその名前を言わせる、というのがハロの好きな遊びですが、昨日はおばあちゃんがやられたようで、いったいその「指をつかむ」という行為がなにを意味するのかわからなかったおばあちゃんは「なに、これいったいどうすればええの〜?」と舞い上がる始末(´д`)

指差したものの名前を言ってあげればいいんだよというものの、雑誌「おかあさんといっしょ」に載っているキャラクターはよくわからず、掲載されている名前の文字は小さくて見えず、苦労していたようです。


昨日は22時ころにママとハロは就寝、私はイヤホンでこっそりテレビを見ながらビール。いやー、久しぶりのビールはうまい。

で、25時ころ寝たのですが、朝4時半ころ(時計を見たときは4時45分だった)から、ハロが泣きぐずりはじめ、抱っこすることに。奥さんは頭痛発生ということで、薬と水を運んできたり、抱っこ役を変わってみたりしたけれど、やっぱりママがよいらしく……。

それでもまたなんとか6時半ころには寝てくれたようです。今日が遅番でよかった。

8時ころにじいちゃんばあちゃんたちが朝食を取っていたみたいですが、声がでかいので、私が注意。まあ、私も寝てたしハロもまだ寝てましたからね。

んで。

「パパ、×○△※ネー」といきなりはっきりとしたハロの声が聞こえて、ぎょっとして目を開けるとすでにすっくりと立ちあがったハロがそばにいました。そろそろ起きる時間でもあったので起床、食事ののち出社。


--------------------------------------------------

これは質問なので、できれば読んだ方には答えてほしいなと思います。

新聞の読み方です。

読み方といっても、「行間を読む」とか「消息筋ってなに」とか、そういうテクニックなどの抽象的な「読み方」ではなくて、新聞のどの面からどういう順番に読んでいくか、という話なのです。

ここに朝刊があります。さて、あなたはどういう順番で読みますか?


私の場合、まず一面に目を通したあと、ひっくり返して、ラテ欄を見ます。そして、ページをめくり、社会面。ここからはそのままページを左にめくっていきます。読売新聞での順番だと、地方面→スポーツ面→家庭面→政治面とめくっていきます。
つまり裏から読んでいることになります。

この読み方はたぶん父親譲りです。それを見ていて、同じように読んでいたのですけど、よく考えれば、それは特異な読み方ではないのか、なんて思ったりしたので、他の人はどういう読み方をしているのか知りたい次第です。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks