Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

次回の旅行は。

グアムの余韻……なんてものはとっくに消え去り、海成分が切れて枯れているうちの家族。


次回をどこにするか、という話が何度となく出てきています。

私はセブを考えているのですが、奥さんはどうもプー○ットに行きたいもよう(なぜ伏字

マイミクちーぽんが初海外にしてハマり、その後リピートしているのを見て、奥さんが「ぜったいなにかあるんだー」と疑念……じゃなくて、期待を膨らませているようなのです。


私は○ーケットという選択肢もなくはないけれど、タイには一度行ってるし、今度は違う国に行きたいということでセブを考えているのです。フィリピンはこれまで一度も行ったことがありませんし。マレーシアはランカウイとペナンで2度行ってますから、インドシナ半島から離れてみるという点もあります。

そしたら、奥さんは「コタキナバルは?」なんて言ってきました。そこはマレーシアやろ……。

まあ、マレーシアっていうのも妙な国で、マレー半島にある西マレーシアと、ボルネオ島北部にある東マレーシアの間の渡航は、自国民でもパスポートがいるとのこと。日本でいえば、本州から北海道へ行くのにパスポートが必要みたいなもんです。冗談ではよく言われますが、本当にそういう仕組みがあるとのこと。

で、コタキナバルはボルネオにあるのです。
しかし、ここはビーチリゾートというより熱帯雨林ジャングル系なんじゃないか……。

「セブは物価がハワイなみ」(だからどーした)とか、「セブセブっていうけど、実はマクタン島」(そんなことは知っとるわい)とか、必死のパッチで(大阪弁スラングでしかも死語)プーケッ○を押してくるのですよもう。

とにかくグアムはライトテイストだったらしく二度目はあまり考えていないよう。


まあ、サムイに行ったときは奥さんは妊娠中でタイマッサージを1度しか受けていないので、もう一度タイっていう考えはあるのですけど。

でもでも、そろそろタイはやばいような気もするんですよ。国王がついに入院してしまい、株価が落ちているし、積年のタクシンvs反タクシンの争いはまだまだ決着がついていません。そもそも、あの争いでプーケットやらスワンナプームの国際空港が閉鎖されてしまい、観光客がエラい目にあっているのですよ。国王が亡くなったら、ちょっとキビしいかなあ……。



とはいえ、セブが子連れにどうか!? という点は確かにあるんですよね。
だったら2度目のはハワイっていう選択肢もあってもいいような気がしたり。天下一品の場所が移転したらしいし(結局そこか

あと考えられるのは海南島(中国)、ニャチャン(ベトナム)、ゴールドコースト(豪州)あたり?

とはいっても海南島は中国だし、ニャチャンはとにかく高い。ゴールドコーストはもうちょっと子供が大きくなったらいいかもしれないけれど、今はまだ厳しいかなあ。



まあ、そんなこんなを考えていても結局、春の特別ボーナスが出ないことにはすべてが砂上の楼閣なわけで。年俸制っていうのも面倒だよなあ。

しかも、業績しだいで額がかなり変動するこの特別ボーナス、あまりあてにしないほうがいいかもしれないし。

それに、お金ためてマンションの繰上げ返済につかったほうがいいんじゃないか、みたいな考えにまで収斂していくと、ニッチモサッチもいかないのよねえ。そんなの、それが一番いいに決まってるんだから。

でもでも、年に一度のバケイションは取りたいんだよお〜〜〜。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks