Calendar
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ハイビジョンブルーレイへの道。

現在使っているビデオカメラはフルハイビジョン画質でAVCHDフォーマットでの保存が可能になっているけれど、再生側(自宅や両親宅)にDVDプレイヤーしかないため、やむを得ずAVCHD→MPEG2の変換を行い、DVDを作成している。(両親宅のDVDプレイヤーはこちらで安価な中国製のものを購入した)

*AVCHDというのは、ハイビジョン相当の画質で映像データを安価なDVDディスクに記録するために作られたフォーマット。DVDに記録されるが、記録形式がDVD-Videoでないため、DVDプレイヤーでは再生できず、ブルーレイプレイヤーでのみ再生可能。


しかし、変換で当然画質は劣化するため、フルハイビジョンで撮った意味がない。
フルハイビジョン画質を堪能するためにはビデオカメラをブラビアに接続して再生するしかない。

将来、ブルーレイつきハードディスクレコーダーを購入したら、AVCHDフォーマットのディスクが作成できるようだが、編集がイマイチの可能性が濃厚である。

そこで、PCでAVCHDディスクを作れるかどうか調べてみたらけっこう簡単だった。

・ブルーレイ外付けマルチドライブ
・Ulead DVD MovieWriter 7
→このソフトは現在使っているソフトの上位版。使い勝手もわかっているので気楽。値段はメーカーのショップで14000円くらいなので、楽天あたりで10000円で売られてないだろうか。

ところが、このソフトの必要要件が……

OS:WinXP,WinVista
HD:BD作成には30GB以上の空き領域
CPU:IntelR PentiumR 4 3.0 GHz, AMD Athlon? 64 3800+以上のCPU

ここで挫折orz

HDはどうにでもなる。近い将来1TBの外付けを買おうと思っていたから。

メモリ:1GB(2GB以上を推奨) ハイビジョン編集時は1.5GB以上
サウンドカード: DirectXR 9 またはそれ以上と互換性のあるサウンドカードおよびグラフィックカード


ハイビジョン画質のディスクを作りたい場合はPCそのものをアップグレードしないといけないことが判明( ̄ー ̄)

CPUもそうだが、今私が使っているPCはメモリがDIMMではなく、RIMMという形式のもので、こいつはもう市場にないらしい。そんなわけでもしかして私の秘密貯金は、現PCがお逝きになったらパソコンに変身する可能性がヽ(;´Д`)ノ


……価格.comを見てみたら、「使えないソフト」で確定してるみたいですwww

とくにうちと同じハンディカムの人が「取り込もうとするとフリーズ」なんていう症状が出てるらしく、こりゃダメですなあ。

他のオーサリングソフト買うしかないのかな。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks