Calendar
<< February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

20年前。

昨日、ハロが成人する2028年の世界はどうなっているのだろうと何の気なしに書いたんだけど、ほんとにどうなっているのだろうか。先のことを考えるには過去からということで20年前、1988年はどんな生活だったのか調べてみました。ちなみに私は京都で学生やってました。


出来事

・昭和63年

・六本木のディスコ「トゥーリア」で照明装置落下。
・カルガリー冬季五輪。
・青函トンネル、瀬戸大橋開通、東京ドーム完成。
・ソ連軍、アフガニスタンから撤退開始。
・リクルート事件発覚
・なだしお事件
・イラン・イラク戦争停戦
・ジョージ・ブッシュ当選(今の大統領の父親)
・札幌地下鉄東豊線開通(奥さん向け)
・十勝岳噴火

・大河ドラマは「武田信玄」(信玄は中井貴一)
・月9は「教師びんびん物語」
・昭和天皇喀血



その当時のライフスタイルを思いつくまま書き出すと……

・輸送機関に大差はない。
・パソコンを持っている人はかなり少ない。ワープロが普及。私もシャープの「書院」を購入して就職用に「かな入力」を覚えた。
・留守番電話は普及しはじめたころ。一人暮らしの大学4年生は必須と言われていた。(就職活動のため。ちなみに当時は「就活」なる略語はなかった)
・携帯電話はない。
・ワンセグ携帯なんてドラえもんの道具に思えただろう。
・衛星放送もまだない(翌年、1989年の開局)
・インターネットはない。
・音楽はCDが普及してきたが、ディスクマンがないので、CDからカセットに録音して、既存のウォークマンで聞くというスタイル。

・Macintoshはまだ日本語が扱えなかった。
・Windowsは2.0
どちらもパソコンマニアの玩具の域か?
・家庭用ゲーム機はファミコンのみ(スーファミ発売は2年後)


こう見ると、この20年はハードというか輸送機関や箱物系の技術というのは大して変わっていないと思うのだけど、通信系がものすごく発達しているように思います。双方向通信化と個別通信化ですね。


20年後はどうなっているか。キーボードなんて必要なくなっているかもしれない。
バイオテクノロジーが発展してエイズは治療可能になり、人の臓器が人工的に作られ、義手や義足は高性能化、もしくは神経接続が可能になったりできるのかもしれない。


ちなみに攻殻機動隊2ndGIGの舞台は2028年になっております。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks