Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

自転車が見つかった。

朝8時前、出社直前のバタバタしているときに電話が。
こんな時間の電話なんてまったくないので、一瞬悪い知らせなのかと思った。

奥さんが応答、そのそぶりから知り合いではないようだ。で、「主人に代わりますね」と受話器を渡しながら、「自転車が見つかったって」。

へ?


驚きながら電話を代わると、警察官というよりはコールセンターのオペレーターのような感じの方が、いつどこで盗まれたのか、自転車の形状、色、カギの種類の確認をしてくる。どうして私のかとわかったかというと、もちろん防犯登録。

盗まれた日の深夜、自宅からそう遠くない路上で警官が職質したところ、「私の自転車じゃありません」とあっさりゲロったそうだ。ただし、本人は盗んだのではなく、乗り捨ててあったものを乗ったと言っているそうな(それが本当かどうかはわからんが)

返還には被害届の作成が必要とのことで口頭で質問に答えた。


盗まれた一昨日の夜、すぐに交番にはいったのだけどパトロール中で不在。「御用の方はこの電話で」と内線電話があり、それを使ってかけてみた。しかし、応対した警官は「防犯登録の番号がないとどうしようもないよ」と言うので一旦帰宅。

しかし、10年近く経っていたせいもあり、防犯登録の番号はもうわからなくなっていたのでした。そのため、もう古いし新しいのにしようかということで週末に買いに行こうと決めていたところにこの電話が!!


盗まれた自転車が出てきた経験は3回目。
一回目はまだ実家にいた頃で、盗まれて3年くらいたっていたと思う。
二回目は今の家に超してきてからだけど、運ばれてきた自転車はあきらかに自分のものとは違った。その旨言うと警官は「受け取ったことにしといて。この自転車はこっちで処分しちゃうから」と言うので、そのとおりにした。すでに新しい自転車があったし、自分のじゃないから受け取り拒否しちゃったのよね。あの自転車がどうなったのかは知らない。



んで、これから仕事だし、奥さんは生後2か月の赤ちゃんがいるので取りに行くのは無理と言ったところ、わざわざ軽トラックに載せて運んできてくれたそうだ。
日本の警察はいつからサービス業になったのだろう(゜▽゜)

無傷でチャリは戻ってきました。今度からちゃんとカギかけます。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks