Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

USB2.0インターフェイスボード追加

昨日、面会終わってからセンター北へ出動。

・傾斜つき枕
→いつも同じ方向へ寝ていると頭の形がゆがんでしまう。ハロはいまのところお腹にいたときと同じ左向きばかりで寝ているのでこれを矯正するためのもの。

・ホットプレート
→あさって大阪から私の親が産後扱いで上京、奥さんは「お好み焼き」をリクエストしたようだが、なんと我が家のホットプレートは故障していたので急いで買出し。


ところが結局、枕は見つけられず、ホットプレートはいいのがあったけど売り切れ。

そんな私の目に入ったUSB2.0インターフェイスボード。

私のPCは5年前にFF11専用機として購入したもの。当時としてはかなりのハイスペックで、今でもそれなりに高いと思う(IEEEボード入れただけで動画編集、DVD作成が可能なくらい)

スペック見つけきた↓

■Dell Dimension 4500 FF XIパッケージモデル標準構成概要(17万9,800円)

インテルPentium 4/2.40GHz
インテル845Eチップセット
512M DDR-SDRAM
80GB Ultra ATA-100 HDD→外付けHDD350GBでバックアップ中
CD-RW/DVD-ROM コンボドライブ→作動不良、外付けドライブ使用中
NVIDIA GeForce4 Ti 4200 128MB ビデオカード TV-out(S-Video 出力端子付)
Sound Blaster Live!/Value 512 ボイス PCIサウンドカード
10/100 FastEthernetネットワークカード


ところがやはり5年前の製品。USBポートは背面6つ前面2つあるんだけど、そのうち2.0なのは背面の4つのみ。あとは1.0なのです。
今まで何度「2.0のポートにつないだらもっと速く使えるんやで〜(意訳)」という表示を見たことか。

そんなわけで1,680円だったインターフェイスボードをゲッツ、帰宅して早速組み込んで、今まで1.0に突き刺していたUSB機器を全部2.0に。

ポートはあと1つ開いてるけれど、これ以上拡張することはないだろう。あるとすれば無線LAN化くらいか。

メモリも1Gに増やしたらかなりサクサク動くんだろうけど、このマシンのメモリってRIMMっていう今はほとんど使われていない種類だそうで(´д`)
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks