Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ああ、そうか、もういないんだった……

毎月、楽天レンタルでDVDを4枚借りています。
最初の頃は奥さんが映画を借りてたのだけど、今は私が延々と銀英伝のDVDを借りています。なんせフルセットを買うと25万!! とても買えるもんではありません。

本編はビデオレンタルやWOWWOWからの録画で一部欠けているところがあるにしろ、ほぼすべてそろっているのですが、そのあと外伝までOVA化されているとは知りませんでした。

そんなわけで主に外伝を借りています。これまでは帝国側のエピソードばかりを借りていました。具体的に言うと、

・白銀の谷(ラインハルトが少尉時代)
・決闘者(ラインハルトが大尉時代)
・奪還者(ラインハルトが中佐時代)
・朝の夢、夜の歌(ラインハルトが大佐時代、幼年学校で起きた殺人事件の解決を描いたもの)
・汚名(キルヒアイス単独のエピソード)

これだけ見たのですが、今回はじめて同盟側のエピソード「螺旋迷宮」を借りたのです。原作は読んでいたのでストーリーは知っているのですが、冒頭で違和感が。


声が違う。

そう、ヤン・ウェンリーの声は本編はずっと富山敬さんがあてていました。そして、周知のとおりお亡くなりになっています。奇しくも、ヤンが死ぬ第3期の収録後に……。

そして、外伝であてていたのは「郷田ほずみ」という人でした。
早い時期に制作された外伝「黄金の翼」(この作品だけキャラクターデザインや声優が違う)でも違っていたのですが、この作品はあくまでマンガ用に書かれた原作とい
う立場で、他の作品とはちょっと違う扱いだったので、考慮外。(ちなみにVCは原康義という舞台俳優)

んで、この郷田ほずみさん。名前は聞いたことあるようなないような。
ずっと富山さんの声で見てたので、やはり違和感があるのはしょうがないところです。

ちょっと調べてみるとこの人、ボトムズのキリコ役だったのですね。私はボトムズは「ザ・ラスト・レッドショルダー」しか見ていないので、あまりなじみがありませんでした。




日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks