Calendar
<< March 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DHMO

・DHMOは水酸の一種で、ほぼ無色(ごく薄い青色)、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。
・常温では液体だが揮発性があり、密閉しなければ大気中へ拡散してしまう。
・DHMOは酸性雨の主成分であり、温室効果にも大きな効果を持つ物質である。
・DHMOは「オキシダン」「酸化水素」とも呼ばれる。窒素酸化物 (NOx) や硫黄酸化物 (SOx) などと同様、酸化物の一種である。
・化学反応において、酸とアルカリを中和した際などに生じる副産物にも大量に含まれており、化学工場の排水中に大量に含まれている。
・DHMOの分解には大量のエネルギーが必要で、分解後には高濃度の水素ガスが残留する。
・加熱により反応性を大きく高め、白煙を上げる。この白煙は無臭であるため、飛散に気付きにくい。

・DHMOは金属の腐食プロセスを加速する。特に鉄には顕著な錆を生じさせ、工業製品などに多大な悪影響を及ぼす。また、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。
・アンモニアと反応して、揮発性の高い水酸化アンモニウムを生じる。
・三酸化硫黄と反応して硫酸を、また二酸化硫黄と反応して亜硫酸を生じる。
・DHMOは都市部や森林などに、高濃度に集中することがある。


これだけ読むと「DHMO」って怖い、なんだこれはと思う人がほとんどだと思いますが、これって













のことなんですよね。

DHMOという呼び方はDihydrogen Monoxideの略語なんですが、日本語に直すと、一酸化二水素。すなわちH20のこと。

ある大学で水のことだというのを伏せて、上記のような水の解説を行い、「この物質を規制すべきか?」とアンケートを取ったら100%賛同されたそうですwwwww
雑記 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks