Calendar
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ランカウイ旅行記(5)

7時起床。身支度をしてフロントにてガイドのナナチャンから預けられていたクラッカーをピックアップ、昨日借りた車のキーを返しておいてくれるようにフロントに頼んで食事へ。
おかゆ、シリアル、サラダと軽めに。今日は少し長い時間船に乗る予定なのです。

centaurus.jugem(23).jpg

8時20分に迎えが来る予定でしたが10分遅れ。
バンに11人が乗り込み、クアタウンにある桟橋へ。
たぶんアメリカ人のソロ女性、ロシア人カップル、日本人のオバ3人、日本人老夫妻、そして我々だったのですが、日本人のオバたちがうるさいのなんの。
奥さんが抗議の意志を込めて両手で耳をふさいでたら静かになりましたが(笑)
まったく日本人のオバは恥さらしですね。海外にこないでほしい。声がでかい、早口、しかも内容は自慢話。
まったくうっとうしいかぎりでした。私は確認してないのですが、「新婚旅行に来るところじゃないよねぇ」などと言ってたらしいです。

死ね。

ロシア人に申し訳ない限りでしたよ、同じ日本人としては。

そうそう、そろそろ到着というころになって、車のラジオから聞き覚えるある声が。
なぜか爆風スランプの曲が流れてきました。その次は佐野元春。地元のラジオなのは確認していたのですが、いったいなんなんだったのでしょうか……。

バンはクアタウンのヨットハーバーに着き、紅茶をいただきながら準備待ち。

centaurus.jugem(24).jpg

出航の準備が出来たので乗船しました。60人乗りくらいの中型の船です。

外洋に出たらけっこう揺れたのですが、中では爆睡してました。船に弱い人は酔っちゃうと思います。
50分ほどで目的地のパヤ島に到着。(ガイドブックによってはパヤール島と表記されていることも)

centaurus.jugem(25).jpg

パヤ島はランカウイ諸島の中ではもっとも水質がきれいなところとしてダイビングスポットにもなっています。
さっきのうるさいオバはダイビングらしい。

我々はシュノーケリング組みなので島へ上陸しました。
浜はきれいな白砂の浜でほんの10m奥にいくともう水深は2mもあります。沖にはフローティングベースがあり、そこは水深10mあるとのこと。
魚がとても多いです。しばし泳いでから昼食のお弁当。
サラダ、チキンソーセージ、チキンのカレー味の揚げ物、サンドイッチ、水。味はまあまあ。

centaurus.jugem(26).jpg

ナナちゃんからもらったクラッカーを砕いて水面へ投げると、魚が山ほど寄ってきます。砕かずにそのまま海水に入れたら、手に持ってるクラッカーを魚がついばんでいきます。こんなん初めて。
まるで生け簀の中にいるような感じでした。

centaurus.jugem(27).jpg
centaurus.jugem(28).jpg
centaurus.jugem(29).jpg

14時30分に着替えをして15時に出発。柵のない艀のようなもので沖に停泊している船へ乗り移って帰りの船に乗ります。
帰りはまたもや爆睡。
気づいたらもう到着してました。再びバンに乗換。同乗者は行きと同じですが、さすがにオバも疲れたのか静かでした。
しかし、奥さんによれば、私の横に座ったオバその1が私の横顔をビデオカメラでずっと撮影していたそうです。実は島の桟橋で私が景色を撮影していたら、このオバは執拗に私を撮ってました。その前は奥さんも撮っていたらしい。
頭おかしいみたいです。カニみたいな顔したオバでした。

ホテルへ戻って休憩。お風呂に入ります。窓を開け放つとアンダマン海に落ちつつある夕日がバスタブにつかりながら眺められます。
最高のロケーションと言えるでしょう(●´―`●)

この日は金曜日。イスラム教国であるマレーシアはこの日がお休みです。クア・タウンの商店もすべて閉まっていました。
7時20分に部屋を出てホテルの近くにある吉打(キッタ)レストランへ行こうとしたらスコールが降り始めました。
急いで部屋に戻ります。本を読みながら待機。雷も鳴っていて相当降ってます。なかなかやまないので、緊急用に買ったカップ麺にしようか・・などと言ってたら、やみました。
一時間くらいかな、降ってたのは。
徒歩でホテルから500mほど歩いたところにあるキッタレストランに。
オープンカフェなところは雨のため閉鎖されてたので、店内へ。といっても壁があるわけではないのですが。
フカヒレスープ、チャーハン、白身魚のあんかけで55リンギット(うちフカヒレで30リンギット)

centaurus.jugem(30).jpg
centaurus.jugem(31).jpg
centaurus.jugem(32).jpg
centaurus.jugem(33).jpg

昨日の撤を踏むことなく完食。徒歩でホテルに戻りました。

余談ですが、このホテルのベッドは特別製でとても眠りやすいです。

宿泊 Sheraton Langkawi Beach Resort
旅行 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks