Calendar
<< January 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

リューイチがヤンねえ……

前にも書いたと思うけど、銀英伝の第2幕は同盟側のストーリー。

河村隆一がヤン・ウェンリーを演じる。

う〜〜〜む。

で、電波ではずっと干されていた「羞恥心」の野久保がジャン・ロベール・ラップ役。これは可もなく不可もなく。馬渕英理可はジェシカ。これはまあいいんじゃないか。というか、彼女、まだ仕事してたのね(これ!) 舞台にほうに行っちゃうとわかんなくなるからねえ。

ムライが大澄賢也。イメージ的にはもう少し年配なんだけど、このお話はどうもヤンたちが士官学校にいた時代を舞台にするようなので、これはこれでいいのかも。
雨宮良のキャゼルヌ、中川晃教のポプラン、松井誠のシェーンコップはピンとこなかった。

さて、西岡徳馬の名前があって、この人がいったい誰の役をするのかまったくわからなかった。ようやくつながった公式サイトで調べてみたら……


シドニー・シトレ



おいおい、顔を黒塗りするのか(笑)

それにしてもさっき「士官学校時代」とかいたけど、それだとポプランやシェーンコップが出てくるのはおかしくなる。いったいどんな話になるのか。ヤンがポプランと会うのは第2艦隊勤務時、ラップが生きてるのもそう(ラップは第6艦隊配属)。アスターテ星域会戦でラップは戦死するから、その前ということになる。するとシェーンコップとヤンがからめなくなるし(ヤンがシェーンコップと会うのはアスターテ会戦以後、第13艦隊が結成されたとき)

士官学校時代を回想シーンにしてアスターテ会戦前の話に集約するのかな?


時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

宇宙の地図。

土曜の夜に「回転ずしのネタをどのように作っているのか」というテーマでテレビをやっていたため、奥さんが燃え上ってしまい、日曜の午後3時にくら寿司の予約をいれてしまった。

そんなわけでたまプラーザへ散歩。30分くらい早く到着してしまったので、本屋で時間を潰しているときに魅力的な本を見つけてしまった。立ち読みしているときに「そろそろ時間」と呼ばれたので、その時には買わず、くら寿司へ。

40分待ちの中、予約特権で席へ。それほどお腹はすいてなかったけれど、結局いつも通りに食べてしまった。

そして、帰りにやっぱり買うことに。
「宇宙の地図」


http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3-%E8%A6%B3%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E8%A6%8B/dp/4023309931#_


1m四方から始まり、10倍ずつ空間が広がっていく手法で、宇宙の広大さを見せる。
「Powers Of Ten」と似ているのだが、最新科学の成果が取り入れられており、とても鮮やかだ。2000円という価格も妥当と思う。

帰宅後、「平清盛」→「シルシルミシル」→「運命の人」

賞味期限を8日過ぎていたつけめんを「冷蔵庫に入ってたから大丈夫だろう」と食べたら、お腹壊したorz

時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

運命の人、その後。

西山記者の側に立って、いかにも女性事務官側が自発的に情報提供をしたというストーリーになっている「運命の人」だが、モデルとなった「西山事件」ではどうだったか。



女性事務官役を真木よう子のような美人巨乳女優が演じているため、惑わされてしまうところだが、実際の事務官は当時41歳。蓮見喜久子さんという。写真も出てきた。

hasumi.jpg












このように、言ってはなんだが女性としての魅力にはやや欠けるというか、少なくとも男性受けはしない女性だと思う。現代の感覚で言えば、美魔女という言葉もあるとおり41歳という年齢はまだまだ現役で魅力的なのであるが、この事件は今から40年前の事件だ。結婚適齢期は20代前半、25歳を越したら「行き遅れ」と認識されていた時代なのである。

さらに、釈放後、蓮見さんは週刊誌に告白文を書いている。そこでは、西山氏が、生理中だった蓮見さんを半ば無理矢理関係した、とまで書かれている。酒を飲んで泥酔させたということでもあり、これはもう十分に準強姦犯罪ではないか。

西山.jpg

















西山氏は、当時一戦の記者だったナベツネとも懇意で、周りからは「少なくとも、編集局長。社長もいける」と言われていたほどの人材だったが、一審判決後に毎日新聞を退社した。実家の青果販売業を継いでいる。まあ、この「青果販売」というのも町の八百屋というレベルではなくて、当時は正式に国交があった台湾からバナナを輸入して巨万の富を築いた会社だった。今とは感覚が違い、40年前はバナナはかなり高級な果物だったからだ。
西山氏は35年間、青果販売会社の役員を務めたあと、マンション賃貸業で生計を立てている。


さて、毎日新聞のほうはこの事件で世論から大バッシングを受け、部数はへり、その後のオイルショックによる広告減で一度倒産している。

蓮見さんは、事件後に夫と離婚。ある時期までは週刊誌などに告白文を出していたが、その後完全に沈黙しているようだ。まだ存命だという。

映画・映像 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

美人天気 紺野あおい

誕生日 1983/10/30
出身地 茨城県
血液型 A型
身長 171cm
3サイズ B:85cm(Dcup),W:58cm,H:88cm
職業 -
チャームポイント 下のまつげがとっても長い♪
一言コメント ブログを書いてるので、よかったら、見に来てね!
ブログ 紺野あおい ブログ


1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg5.jpg
美人天気 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax