Calendar
<< November 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

パパ業務報告。

今日は、ハロと一緒に午後デートしました。ママはお家です。

なぜなら、ママは定例の親に送るDVDのデザインをしなければならないからです。
DVDの編集は私がすでに済ませていましたが、奥さんはDVDに貼るラベルと、トールケースに入れるラベルのデザインをしなければならず、そのための写真セレクトを考えると、かなり時間のかかる作業になります。

今回は義母が来ているときの特集編と、定例のものの2つを作らなければならず時間は倍かかります。

午後1時過ぎに出発。

ハロも靴を履かせて歩かせましたが、わりとすぐに抱っこ要請があり、抱っこ紐で駅まで。

電車は座れました。父と娘の二人連れだと心なしか、周りの視線が優しく感じます。

今日、ママにも内緒で行こうと思っていたのは「電車とバスの博物館」。

田園都市線の宮崎台駅に併設されています。

ところが、久しぶりだったこともあり、一つ手前の宮前平で降りてしまいました。

急行の通過待ちののちに再び乗り込んで到着。

01.jpg02.jpg












父の私をついで立派な鉄ヲタに養成すべく、連れて行きます。大人100円、子供(6歳以上)50円。お手軽な施設です。

目ざとくアンパンマン系商品を見つけたハロ。


03.jpg









マニアックな検車区の展示に見入るハロ。


04.jpg05.jpg













昔の電車の展示内で休憩。

06.jpg










さて、そのあとはたまプラーザに移動。まだまだ人の多いゲートプラザですが、サーティーワンてベリーベリーストロベリーを購入して、ハロと食べました。


07.jpg









このあと、少しハロを放流しようと、施設内の子供を遊ばせる場所にて放流。


最初は機嫌よく遊んでいました。ところが、ハロが転んだときに、推定3歳くらいの女の子が、「大丈夫?」と顔を覗き込んで、声をかけてくれたのです。床は柔らかいマットなので転んだくらいでは痛くもないのですが、ハロはびっくりしたのか、その子の顔をひっかいてしまいました。

私も驚き、「ごめんね」と声をかけて、ハロに「ごめんなさいは、このおねえちゃんは、『大丈夫?』と言ってくれたんだよ?」と言うと、「しゃい」と顔を伏せていいます。

とりあえず、その場から抱き上げて離し、様子を見ていると、声をかけてくれた女の子も父親の元にいき、泣いてる様子。びっくりしたんでしょう。そりゃ、様子を聞きに言って顔を引っかかれたらびっくりします。

私はハロに「これからごめんなさいしにいくよ」と言って、抱きながら、その子と父親のところに行き、「すみません、うちの娘がやりました」と謝りに行きました。その方は「いやー、大丈夫、気にしないでください」と言ってくださいましたが、改めてハロに「ごめんなさいは?」と言うと、顔を伏せて「しゃい」と言ったので、まあここまでかと判断して撤収。

「○んちゃんが悪いことをしたから、今日はもうおしまい」と泣くのを無視して抱き上げ移動。ジュースをえさにして、ベビーカーに座らせていたら、眠ってしまいました。そのあとは買い物をして帰宅。17時30分。


これからはこんなこともたくさん出てくるんだろうなと思うと、自分が「親」である実感が今更ながらわいて来る私でした。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax