Calendar
<< May 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

イギリス総選挙。

イギリスの総選挙は昨日投開票が行われ、野党第一党の保守党が勝利したが、単独過半数には届かなかった。これは36年ぶりのことだそうな。
あちらでは「ハング・パーラメント」(宙ぶらりんの議会)というそう。イギリス議会は二大政党制が続いており、どちらも過半数にいかない、というのはとても珍しいこと。
さて、じゃあ、その36年前はどうしたのかというと。

36年前……1974年2月の総選挙で労働党が第一党にはなったけれど、過半数にはいかず、第2党の保守党と第3党の自由党の連立交渉が決裂し、少数与党のまま内閣を組閣したけれど、結局この年の10月にもう一度選挙をやって、労働党が過半数を押さえた。

イギリスというと二大政党制発祥の国だけど、確か学校の授業では「トーリー党」と「ホイッグ党」という名前だったと記憶している。この党はいったいどうなったのか調べてみると、

まず、「保守党」は正式名称を「Conservative and Unionist Party」(保守統一党)といい、「トーリー党」はこの党の前身に当たる。今でも俗称として「トーリー」と呼ばれている。Toryとは「ならず者」とか「盗賊」という意味。なんでそんな名前なのかは、後述。

次に労働党。こちらは名前の通り、労働組合を基盤とした政党で1900年に結党。政権を取ったのは第二次大戦後。マルクス主義は薄いけれど、「ゆりかごから墓場まで」を謳った手厚い社会福祉政策にお金を使いすぎて、イギリスは深刻な不況に陥ってしまった(英国病という)。しかも、その改善のための施策を労組がストで妨害したために、イギリス国民が大憤激して選挙に大敗北、出てきたのが保守党の「鉄の女」サッチャーであった。サッチャーは鉄の意志で、民営化などの施策を断行、人気急落のときにはフォークランド戦争が勃発したため機動艦隊を派遣して、アルゼンチン軍を撃破して人気を回復させた。

話がそれた。

さて、二大政党のかげに隠れているもう1つの党が自由民主党。この党の前身が「ホイッグ党」である。Whigとは「馬泥棒」とか「謀反人」とかいう意味とのこと。

かつては、保守党と自由民主党が二大政党だったけれど、労働運動の伸長とともに、労働党が自民党を蹴落として、二大政党の片方の座に座るようになった。
イデオロギー的には中道左派なので、




左  労働党        自由民主党         保守党   右


という感じか。

さて、まず最初にホイッグとトーリーはなぜ生まれたかというと、1678年に遡る。日本だと江戸時代前期のこと。

イギリス国王はイギリス国教会という宗教組織の管主としての役割もあるのだけれど、時の国王チャールズ2世には子供がなかった(妾に産ませた子は14人もいたが、庶子には王位継承権はなかった)ため、後継は王の弟、ジェームズになるのが最も妥当だと思われたのだが、問題は、この弟がカトリックだったこと。

国王になれば、イギリス国教会のトップになるのに、それがカトリックの王でいいのか、という問題が勃発した。これについて、

べつにいいんじゃね? という人々がトーリー党(後の保守党)、

絶対アカン!! という人々がホイッグ党(後の自由民主党)

と呼ばれるようになった。

結局、弟は即位を果たし、ジェームズ2世となったけれど、親カトリックの宗教政策は国民や貴族たちの怒りを買い、王の甥であるオラニエ公を担いで、軍隊を上陸させ、王を追放した。これが名誉革命。追放された王はアイルランドに渡り、捲土重来を喫したが果たせずに67歳で死んだ。


今、調べるとするりと頭に入ってくるなあ。
授業のときはどうして左から右へ流れていったのだろう( ̄ー ̄)
時事 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

断乳5日め〜映画のだめ最終〜断乳6日め

一昨日夜から昨日の朝にかけてが断乳5日めになります。

この日は以前と同じように、川の字に寝て寝かせようとしましたが失敗しました。
やっぱりおっぱいを飲んでいるときと同じような行動をすると、「おっぱいがもらえる」と思うらしく、何度も「おっぱいないの」と言っても激しく泣くだけ。

再び奥さんが抱っこ紐で寝かせることとなりました。


しかし、私がいびきでハロを起こしてしまったらしく、「あーあ、もっかいやりなおし」と言われ、とぼとぼと私は別室へ……。私の中では記憶がつながっているのですが、蹴っても起きなかったらしく、相当深い眠りに入っていたようです。すいません。

朝9時に起きるとすでに奥さんもハロも起きていました。あのあとは順調に寝たようです。

--------------------------------------------------

9-14時の間に、IKEAで買ったダイニングテーブルが届くはずだったのですが、朝にかかってきた電話でその時間は12-14時になることがわかりました。

この日も夏日。しかも世の中ではGWが終わり平日になっていますから、海に行けばよかったかなーなどと思い。テーブルを前日届くようにして、この日に海に行ったらベストだったかな、などと思いましたが、「じゃあ、『のだめ』はいつ見るの?」と言われ、まあよいかと。


少し前までは冬の装いだったのが、今は25度を超え、Tシャツに短パン、サンダルで外出している不思議さ。

12時頃にダイニングテーブルが到着し、さっそくテーブルを組み立て。といっても天板に脚4本をボルトで組み付けるだけ。すぐに終わりました。
イスに取り掛かろうとしましたが、「のだめ」の時間がせまってきたので、途中でやめて、港北ノースポートへ。
2つの映画館で時間差上映していたのですが、当初予定していた回だとご飯を食べる時間がなくて、次の回に。15時半からになったので、3Fのフードコートでご飯。

以前、つけめん屋がから揚げ屋に変わった場所が、再び元のつけめん屋に戻っていました。私はけっこうこの店が好きだったので、さっそく注文。

http://kunigamiya333.com/index.shtml


ちゃんとした店はラーメンも出しているみたいだけど、ここは他にラーメン屋が出店しているのでつけめんのみやっているようです。

ご飯を食べたあと、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」。

全編・パリとプラハのロケ、と思っていたら、部屋の中のシーンはわりと日本のセットで撮られていたみたいです(パンフレットより)。

しかし、それでも大きなスクリーンで見るヨーロッパの町並みは、南国リゾート命の私でさえも、「ちょっと行ってみたいな」と思わせるほどでした。


ストーリーは王道的でしたが、ややギャグ要素が少なく、のだめの成長をシリアスな感じで描いていました。これまでは、千秋が新しいことに挑戦したり、人と出会うことで、のだめがとまどい振り回されるということが定番でしたが、今回は初めて立場が逆になる感じです。

たっぷり2時間見ごたえがありました。

ハロは最初の30分はぐずっていて、奥さんは出入り口近くの通路で見ていたようですが、やがて寝てくれ、最後のほうまで眠ってくれました。

お客さんはGW明けということで、我々を入れても10人程度しかいなかったんですけどね。5/1が映画の日だったことも影響あると思います。


のだめのクレジット見ていたら、同期の名前があった。
パンフレットにも文章を書いていた。

いやー、うらやましいなあ。


しかし、会社に入ったころは編集として月刊誌に名前がクレジットされていた私のことをうらやましがっていた人もいたから、こういう気持ちだったんだねえ。

しかし、所詮は捨てられる月刊誌。今やまるで残っていないでしょう。
のだめほどの映画になると、ずっと残るわけでその点うらやましい。
しかも、彼は仕事でイタリアとかドイツに行ってたようだから、さらにうらやましい。
まあ、遊びに行ってるわけじゃないし、クラシックなんて私にはまるでわからないから、うらやましさも30%程度だけど。


私の名前が残っているのなんて……何冊か作った書籍の編集者としてのものと、Webプロデューサーをやっていたときにリリースされた某昔のアイドル歌手の大全集と、某ロックアーティストのライブビデオに、やはりwebプロデューサーとしてクレジットされたものくらいか。


まあ、これだけあればもういいか……。

仕事で海外出張経験はなく、最も遠いのは沖縄県の宮古島。それでなくても私は出張体験が割りと少ないほうだと思う。めぐり合わせが悪かったといえばそうかも。
あとは、
札幌、仙台、郡山、富山、新潟、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡。
たったこれだけしかない。ううむ。


さて、映画のあとは、ホームセンターにて買い物。

・ハロ用色鉛筆に使う鉛筆削り
・玄関ドアに設置してドアを開けっ放しにするためにドアストッパー(14年前に設置したものが錆びてボロボロになってきたため)
・ズボンのゴム


そのほかもろもろ。

帰宅後、椅子を4脚作ります。

簡単そうに見えて部品が微妙に違ったりしてなかなか大変。説明書は万国共通で使えるようにと、文字がまったくなく、絵だけで、それが逆に間違えやすさを助長しているような気が……。

それでもなんとか4脚完成。うち2脚を設置し、残り2脚は予備として別室へ。

ハロの手が届かない台というのは重宝します。さっそくなんだか椅子に座ってビールを飲みたくなったり。

お風呂のあとご飯食べました。ハロは抱っこじゃなくてお布団の上で寝てくれました。

万が一ということもあるので、私はこの日も別室で就寝。

-----------------------------------------------------------

今朝の話です。

この日から出勤ですが、夜番のため朝はゆっくりめ。
しかし、奥さんが発熱中、薬で無理やり押さえ込んでいる状態。

帰ってきてからのご飯のことは考えなくていいよ、と言うとまったく頭になかったとのこと(´д`)


ハロは昨日から、「ない」という言葉を覚えたようで、空っぽになったお菓子の袋を持ってきて「ないない」を連呼……。

さて、出勤しようと玄関先に見送りに来たハロに「仕事行ってくるねーばいばいー」と言うと、なんだか泣きじゃくります。

あれ。これまではこういう反応はなかったのですが。

後ろ髪を引かれつつ出勤で今に至ります。
子供。 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax