Calendar
<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

グアム子連れ旅行記(3)

晴れ

8時半起床。朝食後プールへ。

滝のあるプール。滝の奥は卓球やビリアードができるゲームコーナーになっています。
仰向けで浮いてるのは私。

0609-01.JPG0609-02.JPG











このときは、隣にいた韓国人カップルの女性がハロに声をかけました。
「かわいい、かわいい」と日本語で言いながら。一応、私もハロの手を取って振りながら「アンニョンハセヨ〜」と言っておきました。朝食時には中国人の老婆3人組に囲まれてあやされたり。

そういえば食事のときに日本人と韓国人の見分け方。

日本人はお椀を手に持って食べますが、韓国人はテーブルに置いてスプーンですくって食べます。
韓国ではお椀を手に持ってたべるのはマナー違反とされています。日本と逆なんですね。
日本だとテーブルに置いたまま食べていたら「犬食い」と称して怒られますし。

さて、プールは11時半にいったん撤収してでかけることにしました。

「赤いシャトルバス」というのが10分ごとに各ホテルを巡回しています。片道3ドルですが、1日パスだと10ドル、1週間パスだと20ドルで乗り放題になります。今回は乗るこどに払いましたが、乗り放題パスを買っておいたほうがよかったと後悔しました。
ホテルの前だと逆方向へ行ってしまうので、向かいのロイヤル・オーキッド・ホテルの前に移動して待ちます。

0609-03.JPG0609-04.JPG0609-05.JPG0609-06.JPG





















バスはこんな感じ。

0609-07.JPG











さて、バスで30分ほどいくと「マイクロネシアモール」というショッピングモールへ。
奥さんがレスポのバックを物色するものの、買いませんでした。ほかにもあるだろうと甘く見ていたのですが、他の支店にはなく、結局ここにしかないということがわかりました。わかったときはもう出国したあとでしたが。

昼食はマイクロネシアモール内のフィエスタ・フードコートにて。
台湾ラーメンをチョイスしました。奥さんは焼きそば+1品というセット。

0609-08.JPG0609-09.JPG









謎の物体が出てきました。お腹は壊さなかったけれど、なんというか、味が薄い。
敗北感でいっぱいになったまま、次へ。


旅行前から奥さんが「Kマートへ行きたい」と言ってたのですが、マイクロネシアモールからKマートへ行くバスが出ていたので行ってみることにしました。ホテル巡回のバスだとKマートへは行かないのです。

Kマートは地元住民が利用する超巨大スーパー。ここでハロの水着購入。お土産のハガキも。お土産ものはイマイチでした。

0609-10.JPG0609-11.JPG0609-12.JPG






















KマートからP.I.C.までは坂道を下って10分ほど。途中、少し迂回して「大阪」という名前のコンビニへ。
ここは日本人経営のお店。日本のビールが1ドルだというので黒ラベルを購入したのだけど、持って帰って見てみたらカナダ製だった(笑)

さて、ホテルに戻って問題発覚……。


カードキーがない。

短パンのポケットに入れておいたのだけどどこにもない。部屋へは奥さんのカードキーで入れたのですが、問題はカードキーが朝食券と兼用になっているため、これがないと明日から朝食が食べられません。
ホテルの案内書によると、再発行手数料25ドルと残り朝食代が徴収されると書かれていました。
とは言っても、この日はあまりにもあちこちに移動していたので、どこかで落としたとしてもまるで場所の見当がつきません。
フロントへ電話し、日本人スタッフに変わってもらって事情を説明すると「奥さんのカードを持って、フロントへ来て下さい」とのこと。急いで向かうと5分ほどで新しいカードが出来ました。
渡されるときに何も言われなかったので恐る恐る聞いてみるとまさかの無料!!
スキップしながら部屋に戻り、急いで支度して再びプールへ。

ハロはまたまたプールに入れたりしていたのだけど、またまた私に災厄が。


ケガしました。

テレビ番組で水面に浮かべた板の上を走り抜けるというゲームを芸人がやってたりしますが、あれと同じような設備があったのでチャレンジしてみたのです。

ところが、一歩目でバランスを崩して、斜め後ろに倒れ込んでしまい、右腕の肘をプールサイドに痛打。流血の惨事となってしまいました……。インフォメーションセンターで治療。

肘を曲げて上につき出すようにさせられていたのですが、次の瞬間、治療していたスタッフが空のほうに指さしてなにやら言ったのでそちらを見た瞬間に肘に消毒液かけられました(笑)

大きなバンドエイドを貼られて治療終了。治療中に何人ものスタッフがやってきては傷を見て顔をしかめていきました……。そのあとはおとなしく読書。18時10分、部屋へ戻ってお風呂。

P.I.C.はプールなどのアトラクション設備はすばらしいけれど、回りにほとんど食事できるところがないのがマイナス点。ホテル内ですべてすませるという人だったら問題ないと思うけれど、街中でご飯を食べることをモットーとしている我々にはかなり厳しい環境でした。

ちなみに部屋の設備はやや古い感じ。開設が30年前で、リフォームされているとはいえ、基本的な設備が最近オープンしたホテルとはやはり違います。

さて、昼と夜、今後どこで食べようかと相談してあらかじめ決めておくことにしました。
カップラーメンがあと4つ残っているので、荷物を減らすためにも昼ご飯として活用することに。

この日の晩御飯はホテル向かいにある「ジャマイカングリル」というバーベキュー料理のお店。
シーズニングスパイスをジャマイカから直輸入しているのでこの名前だそうです。

さて、量が多そうだったのでプレートにしてみたのですが……。

0609-13.JPG0609-14.JPG















ものすごい量。そして、私はあまり好きじゃないんですよねえ……。

まあ、それでもリブステーキは食べ、ご飯もケチャップライスのほうは食べましたが限界ギブアップ。

この日はカードキーを無くし、肘をケガし、ご飯で敗北し、厄日確定でした。

21時に帰還。ホテル内、オセアナBタワーの222号室がコインランドリーなので、こちらで洗濯。

旅の荷物を減らすコツは旅先での洗濯です。
このコインランドリー、コンシェルジュに聞くまではさっぱり場所がわかりませんでした。
表だったところにはまったく表示がありませんし、この場所自体、既存の客室2部屋をぶち抜いて作られたものだったからです。

0609-15.JPG0609-16.JPG0609-17.JPG0609-18.JPG0609-19.JPG0609-20.JPG
旅行 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax