Calendar
<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

グアム子連れ旅行記(1)

グアムに行ってきました。
9ヶ月の子供を連れていくということで、飛行機の時間を考えるとグアムかサイパンしかなかったのですが、サイパンは私が4度渡航しているのでグアムに行くことにしました。サイパンよりも都会で病気になってしまったときでも充分な医療体制があるということも選んだ理由の一つです。

今回のツアーは7日間なのですが、1日めと7日めは飛行機に乗っているだけなので実質上5日間です。

ツアーはHoliday Tour。Webで見つけたプランに2日延泊をつけました。大人2人+乳児1人で13万3000円です。

グアムは6月から雨期なのですが、まあ太平洋の島は雨期といっても一日何度かスコールが降る程度なのであんまり気にしてません(ダイビングをする人は海が濁るのでチェックが必要)

グアムは周りをリーフが囲んでいるため波はありません。南部に一箇所だけ波乗りポイントがあるらしいのですが、完全ローカルポイントのため、グアムでの波乗りは諦めたほうがいいでしょう。
ただし、波が穏やかなので逆にウィンドサーフィンにはいい環境です。

これまでの旅はたいてい成田前乗りで朝出発のパターンだったのですが、今回は夕方出発ということになりました。


6/7 1日め 晴れ(日本)

15時30分にタクシーを呼び、たまプラーザ到着、東急SCのMacにて軽く食べ、16:35発の成田空港行きリムジンバスに乗車。このバスは新百合ヶ丘始発、たまプラーザ経由で成田へ向かいます。
川崎ICから東名高速にのり、そのまま首都高3号線、中央環状線なのどを経由して成田へ。
乗車客は20人程度。はじめの1時間はハロがおしゃべりしていたのであやしつつ。ただ、バスがガラガラだったため回りに他の客がおらず、あまり迷惑はかけなかったと思います。後の1時間は親子とも爆睡。

18時20分 成田空港第2ターミナルに到着。

前日に宅配でトランクを1つだけ送っていたので、それを受け取りにターミナルの端まで行ったのだけど、日曜の夜ということを考えても空港はガラガラ。不況とインフルのせいなのでしょう。

IMG_0001.JPGIMG_0002.JPG














トイレ・授乳のあと、4階のレストランで軽くごはん。いなり寿司とざるそばを二人でシェアしたのは、このあと22時ころに機内食が出るのを見計らって。


20時15分 出国、20時30分、62ゲート到着、21時10分 登場開始。
今回はハロがいるので優先搭乗です。

乗る飛行機はJALwaysとAmerican航空のコードシェア便。ボーイング767です。

IMG_0004.JPGIMG_0005.JPG
IMG_0006.JPG















21時30分 定刻通り離陸。

巡行に入ってすぐにビールを頼みましたが、20分程度で機内食です。今は「花包み」なる企画をやっているらしく、こういう形で出てきました。メキシカンライスだそうです。キンキンに冷えてました。味はまあまあだけど、これは冷えすぎ。

IMG_0010.JPGIMG_0011.JPG
















ハロがいるため、ベビー食がつきます。
このような入れ物にしっかり2つの離乳食が入っていました。
特製のスタイや柄が飛行機になったスプーンつき。

ベビー食は自己申告しないと出てきませんので、乳児と搭乗する際は利用してみてはいかが。

IMG_0007.JPGIMG_0008.JPG














さて、今回の旅で初めて耳にした言葉が「バシネット」。
乳児用ベッドのことです。

巡行に入ってからCAが組み立ててくれました。

IMG_0009.JPGIMG_0012.JPG










人形の形をしたものはパペットになっていて、これもプレゼントされたものです。

さて、ハロは元気いっぱいで寝る気配がありません。飛行機はガラガラで搭乗率10%くらいしかなかったかもです。ハロは泣きはしないけれど、なにやらずっとお話しています。寝てくれないとゆっくり本も読めません。
エンジン音とガラガラの客席のため、やはり回りにはほとんど聞こえていなかったのがラッキーでした。

ハロはCAのみなさんにも大人気で、わざわざ見に来たり。「ずっとかわいいと思ってたんですよー」と話しかけられたり。こういう体験をこの旅で毎日味わうことになります。

2時間後、ようやくハロが寝たのでバシネットに寝かせて読書。

IMG_0014.JPG











20分で起床orz

スープを飲んで体を温め(日航のコンソメスープ。市販されてます)、ハロを奥さんと交代であやし続けているとそろそろ着陸。

これまでの旅は6時間くらい乗っているのが普通だったのだけど、今回は3時間半。短い、という感覚でした。
飛行機は定刻通り到着。日本時間だと25時だけど、時差が+1時間で現地時間2時到着。

(日付は飛行機に乗っている間に変わっていますが、キリのいいところまで書きます)

グアムはアメリカ合衆国の準州。本国なみのセキュリティ体制になっています。入国審査もかなり厳しい感じでした。

迎えのバスに乗りホテルに到着。


今回の宿はPacific Island Hotel Guamです。

メインロビーがある「ロイヤルタワー」と「オセアナAタワー」「オセアナBタワー」の3棟からなっており、我々の部屋はメインロビーから最も遠いオセアナBタワーの7階でした。

ホテルの構造がどうも崖に立っているらしく、入り口からメインロビーに入り、まず1つ下に降ります。ここはLowerLobbyと呼ばれておりました。この階層がこのホテルのメイン動線になっているらしく、ここを西へ歩いていくと600人収容の大食堂があり、さらにオセアナAタワーの5階に到達します。さらにつきすすむと、オセアナBタワーの6階に到着。ずっと水平に歩いているはずなのに、ところどころで階数が違うという体験は梅田地下街でもありますが、こういうホテルでは珍しいです。
ちなみに各タワーの1階から外へ行くとそこにはウォーターパークと称するたくさんのプールがあります。

さて、オセアナBタワーの7階、732号室が我々の部屋でした。バルコニーは西向きですが、窓から見えるのは草ぼーぼーの空き地。その向こうにイパオ公園、さらに向こうにシェラトンが見える、という感じです。
やや右手のほうに海が見えます。

部屋に到着したのが3時半。すぐに寝ればいいものを旅装をとき、翌朝すぐに稼働できる体制に1時間をかけたため、寝たのは4時半でした。

(続く)
旅行 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax

行ってきます

日曜の夕方とはいえ、成田空港は恐ろしくガラガラにすいています。
これから出国します。

日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax