Calendar
<< October 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カフカのような。

夢を見た。
夢の中で私は「携帯電話用の充電器」になっていた。

昨日、スペアの充電器を買っていた。
ワンセグ携帯だと電池がすぐになくなるかもしれない。会社でも充電できるよう買っていたのだ。

ふと、「この充電器は俺が会社でもやめないかぎり、ウチには帰れないし、奥さんにも会えないのだな」と思い、不憫になった。
たかが充電器に対して何故こんな不可解な気持ちが浮かんだのかはわからない。


そしたら、その夜、私は充電器になってしまった。
その「私充電器」を誰が使っているのか。


視界に見慣れたリングが見えた。
大きく開いた襟ぐりから、胸の谷間が見えた。

顔が見える瞬間に起きた。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax