Calendar
<< October 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ムエタイ→ケイタイ。

01.jpg02.jpg

ムエタイのエキシビジョンマッチは2分1ラウンドで2Rでしたが、それで勝負がつかない場合は延長1Rというルールでした。2Rして判定は2-1でドローだったため、追加の1R。

途中でレフリーが試合を止めて終了となりました。
けっこう本気で蹴り合いしてましたよ。

すべてのブースを巡って次に行ったのは横浜駅前のヨドバシカメラ。
ここで携帯用の新ストラップを物色。あとはのぞき見防止の透明シールを購入して帰宅しました。
やはりずっと歩きっぱなしだと足がつらい。今日の天気だと海に行けたなあと照りつける日差しを恨めしく思っていました。

今日はこのあと早めに寝ようかな。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

金曜夜。

渋谷で奥さんと待ち合わせして行ったところは芸能人がよく来る店らしい「GOLD RUSH」というハンバーグ屋さん。東急ハンズの向かいにあります。至近に先頃閉鎖された渋谷ビデオスタジオがあったため、いろんな芸能人が食事で来ていたとか。Smapのアルバム「Wool」のインナーには、この店で撮られた木村拓哉の写真があると、店内に掲示されてました。

で、味はまあまあ。量がやや多いかな。

で、レイトショーでシネ・アミューズへ出陣。

この日見た映画は「London Calling」。UKパンクの雄、The Clashの中心メンバー、ジョー・ストラマーの一生を追った伝記映画です。ま、私も音楽業界のはじっこで働いてますので、名前くらいは知ってましたが、パンク自体は1ミリの興味もないので、ほとんど聞いたことがありませんでした。

しかし、奥さんは超がつくThe Clashのファン。典型的な「産まれてきたのが遅かったコ」ってヤツです。(歳が若いのになぜか一昔前のアーティストに詳しい人っていますよね。そういう人のコトをこう称します)

このあいだ「エクスマキナ」を見に来たとき、会場に貼られてたポスターを見て過激に反応、「一人でも見に来るかも……」などと行ってたのですが、金曜の夜に一人で渋谷を歩かせるわけにもいかないのでついていきました)


映画自体はオーソドックスな作り。この時代のミュージシャンのほとんどが労働者階級の出身だったのに比べ、ジョー・ストラマーの父は外交官で、彼は寄宿舎のある学校……パブリックスクールに通っていました。反体制を歌うパンクロッカーがパブリックスクールに行ってたなんて格好悪いよっていう本人のインタビューがなんだか面白かったな。

奥さんは途中で歌ってたらしいです。集中してたせいか聞こえなかったんだけど(実は最前列だったので音が爆音だった(笑))

終電近くの電車で帰宅。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

土曜。

タイフェスに行く予定だったけど、台風のため翌日に延期。

機種変で購入した携帯端末が届いたので、他のデータ移行のため、豪雨の中、auショップへ。

髪を切って戻ってきたあとは酒飲みながらだらだらしてました。
日常 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax