Calendar
<< March 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

パフューム

少し遅めに出掛けて、映画「パフューム」の初日。
エグゼクティブシートに座って鑑賞。

18世紀のフランスで実際に起こった殺人事件をドイツ人小説家が1985年に小説家したら大ヒット。本国で400万部、全世界では1500万部も売れたお話。

嗅覚が異常に発達した男が、さまざまな曲折を経て、香水調合師の元へ。あらゆる臭いほかぎ分けられる能力を持つ彼は、ある日、すばらしい体臭を持つ女性を見つけるものの、誤って殺してしまう。その日から、その体臭を保存し、作り出すことにすべての情熱を注ぎ込み、技術を習得していく。

そして、美少女を殺し、その体臭を油脂に吸着させて抽出していく……。完成したその香りに世界はひれ伏していく。

ま、そんな話です。

人の体臭を抽出するということで、けっこうえぐいシーンもあります。本来、花を煮てエッセンスを取り出す円筒形の水槽に、人間がまるごと入ってたり。スプラッタなシーンはないものの、美少女の死体に油脂を塗り、全身に布を巻き付け、そのあと油脂をアルコールで溶かし、蒸留して臭いの元を濃縮する……そういう過程が描かれます。

匂いというのは映像表現がなかなか難しいものだと思いますが、監督は写実的表現を元にしてむせかえるような匂いのする映像にしたてあげています。9年前に『ラン、ローラ、ラン』を撮った監督なので、なるほどなあと思いました。

牛角で腹一杯になったあと駅からぷらぷら歩いて帰宅。

風の中に冷たさを感じなくて、柔らかい。暖かいというわけではないけれど、冷気が入っていないというだけでこれほどまでに大気は変わるもんなんだなあと思いながら、夜空を見上げると満月が。
傘をかぶっているので、「明日は天気悪いのかな」と思う。
映画・映像 | comments (91) | trackbacks (0)
忍者AdMax