Calendar
<< January 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ペナン旅行記(1)

年に一度の海外旅行、今年はマレーシア・ペナン島です。

ペナン島とは……

マレーシア西海岸にある、淡路島くらいの大きさの島。
1786年にイギリスの直轄植民地となり、アジア貿易の中心となって栄え、「東洋の真珠」とまで呼ばれるようになっていた島。マレーシア独立後も、欧米人が訪れるリゾートとして栄え。最近はリタイアした中高年齢の人が、第二の人生を送るための大規模なリゾートマンションの建設があちこちで進んでいる。

というような島です。

朝はいつもとおり7:30起床。8:40に出発。
成田行き直行バスに乗って11:30に成田空港・第二ターミナルに到着。
チケットをもらって手荷物をあずけ、うどん屋で玉子とじを食べました。

0114-01.JPG

13:30の搭乗開始まで本を読んで時間をつぶします。

0114-02.JPG

0114-03.JPG

13:50 定刻で離陸、JL723便、クアラルンプール行き。

霞ヶ浦
0114-04.JPG

鹿島港
0114-05.JPG

銚子
0114-06.JPG

よく見えました。デジカメで窓から撮ったんですが、けっこうキレイに撮れてます。
容量の都合でここにアップしてる写真はこれでもサイズ縮小しているので、元のはもっと大きいです。



14:50 ビール(アサヒ、キリン、エビスの3種あり)

0114-07.JPG

15:10 白ワイン

0114-08.JPG

15:40 食事。

・牛肉とジャガイモの旨煮、山菜ご飯添え
・スモークサーモン
・シーフードマリネ
・ポテトサラダ
・フレッシュサラダ
・オニオンドレッシング
・マロンのプロティトロール
・ロールパン
・バター
・緑茶

0114-09.JPG

メインディッシュの下には保温プレートまでしつらえてありました。さすがJAL。

ここで本1冊め「韓国徴兵、オレの912日」読了。

ふだんはあまりみないけど、今回は映画を2本。

「地下鉄(メトロ)に乗って」と「ブレイブストーリー」を鑑賞。
ここでビール1本追加。

さらにアイスクリームが出る。
機内アナウンスが流ちょうな日本語というのは安心するなあ。ちなみに他は英語と中国語。

0114-10.JPG

ここからマレーシア時間に切り替え。

20:35(21:35 JST) KLIA到着。ランカウイに来たとき以来。エアロトレインに乗ってメインビルへ。ランカウイのときはここで迷ってしまったけれど、今回は無事に乗り継ぎ。とりあえず1万円分だけリンギットに両替。
RM 283。

21:35 ペナン島行きゲートがオープン
22:10 マレーシア航空1168便離陸
22:30 ペナン空港到着。クアラルンプール-ペナン間は約400kmしか離れていない。だいたい羽田-名古屋くらいの距離。

空港到着、めちゃくちゃ日本語の流ちょうな中国人女性がガイドさんでした。最初日本人かと思ったほど。
同乗者はカップル1組。ジョージタウンのEastern & Oriental Hotelで降りていきました。
ここはどんなガイドブックにも出ている老舗ホテル。全室スイートルームだそうです。

夜のペナン

0114-11.JPG

24:30 コプトンオーキッドホテルペナン到着。部屋は15階。
というか、このホテルは崖のふちに建設されているようで、ロビーが8Fにあるのです。

0114-16.JPG0114-17.JPG

0114-19.JPG0114-18.JPG

右側の高層建築は隣に建設中のリゾートマンション。



事前にホテルの前に屋台があるのは知っていたのですが、24時には閉店するとのこと。とりあえず屋台(というより屋台村)の近くにあるセブンイレブンでビール、水、カップラーメンを購入。
戻ったら26時。ルームサービスでサテ(マレーシア風串焼き)とフィッシュ&チップスを頼む(RM45--1575円)

0114-20.JPG0114-21.JPG0114-22.JPG

部屋の模様

0114-12.JPG0114-13.JPG

0114-14.JPG0114-15.JPG

新しいわけではないけれど、ミレニアムホテルグループの一つということで老舗です。
ただし、シーズンオフ(ようやく乾期に入ったところ)のせいか、サービスを中止しているのが多くありました。
満腹になったので睡眠。長時間座っていたせいかお尻が痛い。今までこんなことはなかったんだけど。
旅行 | comments (105) | trackbacks (0)
忍者AdMax