Calendar
<< April 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

1石

時代劇などによく出てくる「石」という単位。百万石大名とか、領地は五万石、というように使われるものですが、そもそもこの「石」というのはなんだろう、というので調べてみました>>主に自分の理解のため。

1石=10斗=100升=1000合

という感じ。

1合とは一食分の量と昔から言われているので、一人が一日3合食べるとなると、これに日数をかけて3合×365日=だいたい1000合と計算できるので、

ひと一人が一年に食べる米の量=1石

となります。

これを現在の貨幣価値に換算するのは難しいのですが、大河ドラマ「功名ケ辻」において、50石=500万円という説明がなされていました。1石=10万円ですね。

ちなみに1石の米を生産するための田んぼの広さが1反ということになっています。
1反は991.736平方メートルなので大体31メートル×31メートルの広さの田んぼで取れる米でひと一人が一年食っていけることになります。

ただし、昔は米を売って家財雑貨を買いますので、普通に生活するだけでもさらに多くの米が必要でした。

ドラマでは「50石では我らが郎党と殿と千代様の4人でギリギリ」というような表現が出てきました。4人が一年食っていくには4石で十分なはずですが、家や家財、おかず、さらには戦に必要な馬、武具、武器なども調達しなければいけないのでギリギリだったのだと思います。

ドラマの現在の山内家は400石。4000万円の収入です。

さらに最終的には土佐25万石の領主になるわけですがそうすると土佐国の収入は25億円ということになります。


他によく使われるのが「1俵」ですが、1俵=4斗だそうです。
つまり1石=2.5俵。

1石の重さは150kg=10万円ですから、15kg=1万円。5kg=3300円。

だいたい今と同じくらいなんですかね(´_ゝ`)
雑記 | comments (43) | trackbacks (0)
忍者AdMax