Calendar
<< March 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プレッシャーと戦いつつ〜WhiteDay戦記

ホワイトデーのお返しになにをしようかと考えておりました。
特別ディナーには私の料理、というのは決まってたんだけど、なにか別のもの……ということで昨日寝入りばなに話をしてました。

装飾品は誕生日とか、二人のオリジナル記念日にとっておきたいしなあと。
それで奥さん、ウチに来てから安い化粧品しか買ってないので、こっそりと買うことを決意。

この日は打ち合わせで夕方に出かけて直帰予定。
打ち合わせも早めに終わり渋谷で降りました。目指すは西武百貨店。化粧品売ってるところで頭に浮かんだのはココしかなかったもんで(´∀`)

さて、いつもは素通りする一階フロアですが、まずはゆっくりと巡ってみます。
いろんな化粧品メーカーのブース。知ってるところ、まるで知らないところ。
口紅を買うというのは決めていたのですが、どのブランドにするのか、とか色とか、まるでわかりません。
奥さんは化粧や化粧品には昔凝ったことがあるそうで、下手な色を選ぶと怒られそうです(;´д⊂)

ぐるりと一周していろいろ考えました。

・外国ブランドにしよう。(国内ものならコンビニでも買えるし)

・知ってるブランドは、ディオール、シャネル、ランコム、クリニーク

・クリニークは基礎化粧品だから外す。

・シャネルとディオールならディオールだな。

と、決めてディオールのブースへ。

ところが口紅がドコに置いてあるのかわかりません。

というか、化粧品買うのなんて初めてですよ。

初めてレンタルビデオ屋でAV借りたときよりも何千倍ものプレッシャーがのしかかります。
どうやって伝えたらいいんだろう、ていうか口紅どこだ? 俺以外このフロアには女ばかりじゃないのか。なんか違和感が(・ω・)

と、歩きながら、あ、あそこにあったと思ったらもう通過してしまいました。
引き返すと恥ずかしいのでさらにもう一周(笑)

お客さんはどのようにして店員さんにオーダーするのか、他のブースを観察しながらディオールブースへ。幸い口紅の前には誰もいません。私が目の前で立ち止まったので美容部員のお姉さんが話しかけてきました。

「ホワイトデーのお返しなんですが……」
「今日はそういう方、多いですよ」

ということでちょっとホッとしつつ、

「明るいピンクを」と言ってみました。四の五の言っても基本的知識がないので、具体的に伝えてみます。

すると3つ選んで親指の根本あたりに塗ってみせて色味を比べてくれました。

私は2つめに塗ったものをチョイス。

こういうのは本当に初めてなので直感を信じるしかありません(´д`)
プレゼント包装をしてもらって帰宅の路へ。

ディオールの袋がくしゃくしゃにならないように満員電車の中、考えて位置取り。

駅前のスーパーでカレーの材料を買っていて思いつきました。
「なんかデザートもつけよう」
最初は作られたものを買おうかと思いましたがふと思いつきプリンミックスを買ってみました。
小学校のころ、オカンが作ってくれてたものですが自分で作ったことは一度もありません。
箱の裏を見て「これなら作れるだろう」と。

話題になっているFFのポーションも売っていたのでネタとして仕入れ、最後にお花を買って帰宅。

扉をあけてお花をあげてすっかり明るくなった部屋を見回してからおごそかに「今からキッチンに入っちゃだめ」と宣言。

まず、プリンを作ります。鍋にミックス(粉)を開け牛乳400mlを投入してかき混ぜて中火で煮立たせます。
ダマになってるのは一生懸命つぶしました。煮立ったら弱火にして一分。
大きめのカップに開けて冷蔵庫で冷やします。説明書には一時間で固まると書いてあるのでカレーの調理時間+食事時間で大丈夫なはず。

カレーは何度も作ってるので問題なく作っていきます。しかし、いつもベースにするコンソメスープの元が見あたりません。聞いてもよかったのですが、隠し味がバレるのもいやだったので今日は別のものに。
目についたのは「ほんだし」。立ち食いそば屋のカレーがおいしいのは、うどんやそばのだしをベースにしているからと聞いたことがあったので、これを小さじ一杯ほど投入。

さらに今日のカレールーはバーモントの辛口オンリーだったので、その辛さを弱めるために牛乳50mlを入れてみました。
カット野菜をサラダ代わりとして出来上がり。調理時間45分でした。

私は作りながら片づけていく癖があるので、シンクもキレイにできました。

さて食べてみます。今日はイマイチ自信がなかったのですが意外にイケました。

特大プリンは直前に粉末カラメルを大さじ一杯の水を溶かしてカップに入れて頂きました。

懐かしい甘い味です。

食べ終わったあと、重大なプレッシャーと戦って買ってきた口紅をプレゼント。

色味など心配だったのですが気に入ってもらえたようでホッとしました。

これで八月の誕生日に何を贈ればいいのか、まるでわからなくなってしまいました(´∀`)
日常 | comments (53) | trackbacks (0)
忍者AdMax