Calendar
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

自民党「橋本派」の大罪

橋本派と銘打ってはいるが、田中角栄が作った田中派からの系譜はどのようにして政権を金にまみれさせ、そのために国益を損なってきたのかを抉り出している本。
「保守本流」という言葉が聞かれなくなって久しいが、税金を湯水のように公共事業に突っ込んでも景気が回復できなかった「失われた10年」の原因を探り、小泉首相が推進している郵政民営化を肯定している。私も賛成。
郵政民営化といえば、目が郵便のほうに向いてるように見えるが、本丸は莫大な資産がたまっている郵便貯金のほうだ。郵便貯金を民営化し、政府が使えなくすることが、政権腐敗の元凶だとして改革をすすめていることがよくわかる。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax