Calendar
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

月に繭 地には果実

アニメ「ターンエーガンダム」の原作。文庫出版の際にこのタイトルに改題。

「終戦のローレライ」「亡国のイージス」で有名な著者はガンダム好きということで、福井タッチの描写にガンダム世界がすんなりと溶け込んでいる。

これまでの著作に出てくる毒ガスの名前や爆弾の名前がちらちらと出てくるところはお遊びかな。

このガンダムはいわゆる「宇宙世紀」ものではないように見えて、その最終を飾るような仕掛けが施されている。

まさに唖然呆然愕然の展開でした。
登場人物の愛憎が激しく入り乱れ、ガンダム原作者の富野監督がよく言われた「皆殺しのトミノ」を彷彿とさせる終盤の破壊描写。どっちかというとイデオンみたいな感じに思えるくらい。

これで、これからいくつガンダムが出てこようとすべてがここに含まれてしまうことになる。それが「ターンエー」という意味だったのでした。
読書 | comments (56) | trackbacks (0)
忍者AdMax