Calendar
<< March 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

戦国の山城をゆく―信長や秀吉に滅ぼされた世界

戦国時代に数限りなくあった「山城」。多くは鉄砲などの火器と、信長・秀吉などによる大規模軍勢による包囲戦によって、その価値を失わしめられたのだが、戦跡としてたくさんあるこれら山城の跡を著者自ら歩き、感じる企画。
体裁としてはその城の由来と攻防を軽く説明したあと、旅行記のような感じで現在地へのアクセスがあり、現況の説明という感じ。
ややマニアックな世界かもしれないけれど、好きな人は好きだと思う。
図版数が少ないのが残念。
読書 | comments (0) | trackbacks (0)
忍者AdMax