Calendar
<< November 2004 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ランカウイ旅行記(3)

快晴(雲量0)

7時30分起床。
シャワーを浴びようとしたら湯が出ない!!
なんでもこのホテルはエコロジー重視でお湯はソーラーシステムで温めてるから、こういうことも起こるらしい。
この日はアイランド・ホッピングで海に入る予定なので、まあいいかとそのまま身支度して部屋を出る。
出てすぐにカードキーを中に忘れたことに気づき凹む。
フロントに行き、「hi,...card key...」と言うと、
「Inside?」
「yes」

すぐにスペアキーを作ってくれました。同じことする人が多いんでしょう・・・
朝食はバイキングスタイル。オムレツを焼いてもらい、パンとサラダとハム。もちろんみそ汁などは当然ありません。

centaurus.jugem(22).jpg

食後の紅茶のあと、ロビーへ。5分前に来たけれどもう迎えの人が来てました。
島の南端にある桟橋までバンで移動して小型ボートに乗る。

ガイドは日本語ができるブンさん(おそらく中華系)

見た目怖そうな感じだけれど、15年前に池袋に住んでいて1年半、日本語学校に行ってたそう。出身地はペナン(マレーシアで一番有名なリゾート地。メジャーなので今回の対象から外してた)には、日本人がたくさん住んでいて、耳に入ってくる日本語の響きに興味を持って日本語を勉強したそう。
ご飯に納豆と生卵をかけて食べるのが超スキと言ってました。ごめん、俺日本人だけど納豆食えないヽ(;´д`)ノ
マレーシア人は生モノはまったく食べないらしくて、ブンさんがそれを食ってたら
友人は見るのもいやだと言ってたとのこと。
「村さ来大好き」とか言ってた(笑)

小さな無人島にてシュノーケリング。水はあまり透明度がない。とはいえ、日本本土に比べたらきれいです。

ウニがたくさん。ライフジャケットをしているので安心して泳いでいられるけど、脚がつかないほど深いです。
島からわずか10m離れたくらいでそんな感じ。

そのあとは釣り糸にオモリと釣り針、魚の切り身をエサにしての釣り。
同行者は日本人の老夫婦で合計4人だったのだけど、俺だけ釣れなくて凹む。

奥さんがいぢめます(´・ω・`)
凹む。

30分ほど釣りのあとはダヤン・プンティン島へ。
マレー語で「妊婦の島」という意味を持つこの島には伝説があります。
ここにある淡水湖の伝説。それは、19年ものあいだ子供が授からなかった人が、ここの水を飲んだら、子宝に恵まれたというもの。そこからその御利益を求めて、各地からやってくる人が多いとのこと。雨がたまってできた湖で水はとてもきれい。この島に限らず、ランカウイ諸島は大理石でできていて、見事な節理が見られます。
ガイドのブンさんによると、マレーシアには火山も地震もないので温泉もないとのこと。
奥さんが、「ここはアルコールが安い」と言ったら、ランカウイには税金がないとのこと。(関税と間接税)
自由貿易地域だというのは知っていたけれど、その理由を聞いてびっくり。

「マハティール前首相の出身地だから」

湖には浮き橋があり、地元の学生がたくさん来てました。マレーシアの学校は11月と12月は休みだそう。年中夏なので「夏休み」というのはないけれど。

水は冷たくない。ぶかぶかライフジャケットで浮いてたけれど、ここの水深は20mから40mもあるそうな。

centaurus.jugem(23).jpg

そのあとに鷲がみれるポイントへ。鶏の皮を水面にまくと、上空を滑空していた鷲が急降下してきます。とても美しい。

ちなみにランカウイとは、ラン=鷲、カウイ=大理石の意味。

このあとブラス・ベザール島へ。
バーベキュー料理。ピラフ、牛と鳥の串焼き、春巻、エビ、カニ、釣った魚を焼いたものなどなど。魚は海水の塩だけの味付けだけど、驚くほどおいしい。

ゆみも.jpg

白砂のビーチはきれいで遠浅。透明度は今ひとつだけど、日本よりははるかにきれい。

centaurus.jugem(24).jpg

ホテルに戻ってから荷物を整理したあとにホテル前のビーチへ。
水はおせじにもきれいではないけれど、泳ぐのに支障があるわけではない。

ビーチ前のチェアで読書。ちなみに今回の滞在で新潮文庫「ローマ人の物語」3巻〜7巻まで完読しました。

一時間後にプールに移動。ビーチのすぐ後ろにプールがあって、プールに入ったまま海が眺められます。

17時に部屋へ戻りシャワー。お湯、出てくれた・・・。

腹が減ったのでご飯を食べることに。ホテル内をうろうろしていたら土産物店があったので、耳かき、キーホルダー、絵はがき購入。
朝食を取ったレストランでビュッヘスタイルの夕食。
ビーフカレースープ、バーベキュー料理、パン、サラダ、ラーメン(卵でできた麺に野菜、チキンスープ)

centaurus.jugem(25).jpg
centaurus.jugem(26).jpg
centaurus.jugem(27).jpgcentaurus.jugem(51).jpg

20時部屋に戻って、双方の実家に電話を入れる。

宿泊 Sheraton Langkawi Beach Resort
旅行 | comments (59) | trackbacks (0)
忍者AdMax